脱毛サロンSTLASSHの美ブログ | 自宅脱毛は注意が必要。脱毛器で気をつけるべき3点

自宅脱毛は注意が必要。脱毛器で気をつけるべき3点

脱毛器を利用する上での注意点を紹介する女性

 

最近は家庭で使える脱毛器も流行っていますね。家電量販店ではいろいろな家庭用脱毛器が販売されていますし、インターネット通販でも購入できます。コスパが良いと考えて購入される方が多いようですが、一外に家庭用脱毛器のコスパが良いと言いきれない部分があるのです。脱毛器を利用するにあたっていくつか知っておくべきこと、注意すべきことをこちらではご紹介します。

実は高い!?家庭用脱毛器のコスパ

脱毛がブームになりつつある昨今では家庭用脱毛器商戦も激しくなっています。様々なメーカーからいろいろなタイプの家庭用脱毛器がリリースされていますし、既に購入して自宅で使っているという女性も少なくはないのではないでしょうか。家庭用脱毛器の購入を検討する方の多くは「脱毛サロンで施術を受けるよりも安い」と考える方が多いですが、実は家庭用脱毛器を使って脱毛するほうがコスパが高くつくこともあります。

 

ここではそんな脱毛器の注意すべきこと3点ををご紹介していきます。

脱毛器で注意すべき3点

脱毛器について学ぶ女性

 ①脱毛器の使用には時間と根気と注意が必要

家庭用脱毛器を適切に利用するには、部位に対して適切な数・強さの照射を行っていかなければなりません。例えば、全身脱毛で言えば、行うべき箇所は全61箇所その61箇所に適切な処理を自分で行わなければならないので、時間と労力がどうしてもかかってきます。ただ気になる箇所に、気になる分だけ照射したのでは、肌荒れ・中途半端な脱毛効果により一層の処理時間が必要になる場合もありますので注意が必要です。

 

また安全を考慮して製造されている脱毛器ですが、人気の顔脱毛を行う際には、非常に注意が必要です。基本的には脱毛器の光は、黒色のメラニンに反応して照射されているので、誤って目のメラニンに反応させてしまうと目の中で熱が発生する危険もあります。そのため手軽に使用できる脱毛器ではありますが、実際に使用する際には、しっかりとした知識と注意を持って利用されることをオススメします。

②脱毛器の衛生管理は気をつけて!

脱毛では自身の肌や皮膚といった繊細な部分に使用しますので、使用後は必ず消毒を心がけてください。VIOや足先などの蒸れやすい場所には細菌が発生しやすいので、肌へ余計な付加をかけないためにも、使用後の消毒は必ず行い、汚れを落とす際にも除光液やシンナーなどの脱毛器自体へ不可をかけてしまう薬品の使用は絶対に行わないでください科学変化による機器の不具合を招く元になってしまいます。

 ③お肌のケアを忘れずに!

家庭用脱毛器で脱毛したあとはしっかりとお肌のケアを忘れずに行いましょう。脱毛効果を気にして、過度に照射してしまう方も少なくないので、照射後はいつもより肌が乾燥しやすくなっている事をご認識ください。そのため自分の肌にあった化粧水などの保湿ケアをきちんとし、オフロもなるべくぬるま湯で済ませることをオススメします。ここを怠ってしまうと、肌へのダメージが目立ってしまい、結果満足する脱毛につながらない場合が生まれます。

その他

・脱毛器は基本的に18歳以上の方が使用する機器になっており、18歳以下の使用では親御様と一緒に使用することが求められます。

・脱毛器の光は目に大きな負担をかけてしまいますので、使用中はサングラスの着用を心がけてください!

脱毛器で起こるトラブル例

家庭用脱毛器はホクロやしみへの照射はNGです。基本的には黒色に反応して、照射されるのでホクロやシミに照射してしまうと、毛穴だけではなく、肌の表面でも熱が発生し、強い痛みや火傷をしてしまう場合があります。

 

また的確な威力で脱毛器を使用できなかった場合、埋没毛や毛穴の炎症を起こしてしまうケースも存在しているので、心配な方は威力を弱めに設定して施術を行われても有用です。

 

もし、使用中に埋没毛になってしまったなら、皮膚のターンオーバーにより表面に現れてくるまで待って、そのタイミングで処理してしまうことがオススメです。以上のことからも、脱毛器を使用される際は、使用上の注意を良く確認して、適切なご利用を心がけてください。

気になる方は脱毛サロンへ

脱毛器の使用が不安な方は脱毛サロンへ

 

忙しい方や、脱毛の知識や手順、全身への照射に不安を感じる方はお気軽に脱毛サロンにご相談ください。ストラッシュでは最新のSHR脱毛を採用しているので、日焼け肌の方でも、ムダ毛が薄い方でも安心して脱毛を行うことが出来ます。気になる箇所から脱毛を行うことが出来ますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

お得な脱毛キャンペーン情報はこちら!