脱毛サロンSTLASSHの美ブログ | 光脱毛とは?レーザー脱毛との共通点と違いを解説

光脱毛とは?レーザー脱毛との共通点と違いを解説

Body Care. Underarm Laser Hair Removal. Beautician Removing Hair Of Young Woman's Armpit. Laser Epilation Treatment In Cosmetic Beauty Clinic. Hairless Smooth And Soft Skin. Health And Beauty Concept.

暑い季節が近づいてくると、露出の多い服装をする機会が多くなってきます。

また、プールのある施設や、リゾート地へのお出かけを検討している人の中には、薄手の服や水着の着用を予定している人もいることでしょう。

そのような中で、ムダ毛のない美しい肌を手に入れて、人目を気にせずにさまざまなファッションを楽しみたい、と願う人も少なくありません。

ムダ毛は自己処理をすることもできます。

しかし、自己脱毛には留意しておきたいデメリットもあるのです。
そこで、デメリットのリスクを減らすことが可能なプロによる脱毛の中でも、主流となっている脱毛方法である「光脱毛」と「レーザー脱毛」について、2つの共通点と相違点という視点からご紹介します。

 

自己脱毛をすることのデメリットは大きい

ムダ毛を自己処理するための方法には、大きく分けて除毛、抑毛、脱毛の3つがあります。
除毛とは皮膚の外に出ている部分のムダ毛を処理する方法です。

手軽にできて、コストが比較的かかりにくい手段として知られているカミソリや電気シェーバーがその一例です。

一度に広範囲の処理を行うことができる除毛剤を使用した方法も、これにあたります。

それに対して抑毛とは、字の通り、毛の成長を抑えることによりムダ毛のケアを行う方法です。

抑毛効果のある薬剤が使用されたローションやジェル、クリームなどを使った処理方法がこれにあたり、うぶ毛のような細い毛の処理に適した方法です。

そして、ムダ毛を根本から対処する方法に脱毛があります。

これは、毛穴から生えている毛を毛根から丸ごと抜いてしまう方法です。

脱毛の方法には毛抜きやピンセット、ワックス、家庭用脱毛器を使用した方法があります。
美しい肌を維持するためにはこまめなケアが必要となりますが、ムダ毛の成長に追われて処理し続けることが、忙しい毎日の中で負担となるケースもあるでしょう。

その点、脱毛は毛の途中を切るだけの除毛や、毛を目立たなくさせる抑毛とは異なり、毛根から処理するため再び生えてくるまでの時間が長く、ケアする回数を減らすことが可能となるのです。
ただし、自己脱毛には留意すべきリスクやデメリットもあります。

毛抜きやピンセットを使用する処理は、自己脱毛のさまざまな方法の中でも最もコストがかからない方法です。

しかし、毛の一本一本をつまんでは引き抜くという作業を生えている毛の数だけ行わなければならないため、多くの時間と労力が必要となってしまいます。

さらに、皮膚にしっかりと根付いている毛を無理やり引き抜くことで、毛穴が炎症をおこしやすくなります。

そして、肌が赤く腫れたり、ただれてしまったりするなど、さまざまな肌トラブルの原因ともなるのです。

また、毛を抜くために引っ張ったものの、毛の途中で切れてしまうと残った毛が皮膚の中で育ち、肌の中で埋没毛となってしまうリスクもあります。
毛抜きやピンセットを使用した方法とは別に、ケアする負担を減らして短時間で脱毛することができる方法にワックスがあります。

脱毛ワックスは脱毛したい部分にワックスを塗り、ムダ毛の生えている肌に密着させた後、毛とともに一気に引きはがすことで毛を取り除く方法です。

広範囲のムダ毛を一度に処理することが可能であるため、忙しい人にとって便利な自己脱毛方法ではあります。

しかし、ムダ毛を引きはがす際の痛みが強いのはもちろんのこと、痛みに比例して肌への負担も大きく、こちらもかぶれや腫れ、内出血などが生じてしまうケースも少なくありません。

さらに無理やり引き抜くことで、1本ずつ抜く処理よりもさらに毛が途中で切れやすいため、埋没毛がもっともできやすい方法ともいわれています。
自己脱毛の方法には自宅で利用できる脱毛器を使った処理方法もあります。

家庭用脱毛器は、より専門性の高い機械を使用してムダ毛の処理を行うことができる方法です。

自己処理の方法としては比較的、本格的な脱毛処理を行うことが可能となります。しかし、専門的な機械を安全に使用するためには正しい使い方についての深い知識が求められますが、十分に危険性を理解していない状態で使用する人も少なくありません。

家庭用脱毛器は誤った方法で使用してしまうと、火傷などを生じてしまう可能性があります。

また、場合によってはレーザーを誤って目に当ててしまい、失明してしまうリスクもあるのです。
いつでも手軽にできる自己脱毛ですが、美しい肌を目指したケアが逆にトラブル肌を作り出してしまう行為となってしまう可能性も少なくないため、行う際には注意が必要となるのです。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

肌トラブルのリスクを少しでも抑えて、ムダ毛のない美しい肌作りを目指したいと考える場合、サロンやクリニックなどで専門の知識を持った人に脱毛処理をしてもらうという方法があります。

中でも主流となっている脱毛方法が光脱毛とレーザー脱毛です。
光脱毛もレーザー脱毛も、ともに処理したい毛に特殊な光やレーザーをあてることで毛を根元から破壊し処理します。

しかし方法は同じであっても、毛にあてる光とレーザーとの間には波長の違いがあるのです。

波長とは光やレーザーを一定の波の周期として見た場合のその波の長さを表します。

光脱毛では、光に複数の波長を含んでいるため、広い範囲に対して照射を行うことができます。

一方、レーザーにはさまざまな種類があり、どの波長も単一の波長となっていて、それぞれ異なった特徴を持っているのです。

波長の中には、メラニンの黒い色素に反応する波長もあれば、毛細血管の赤い色素に反応する波長もあります。

単一的な波長であるため、シミ消しや毛穴の改善、脱毛処理などの目的ごとに、それぞれの特徴に合った波長を使い分けて使用されます。
また、波長は長さが長いほどエネルギーが弱く、短いほど強くなる特徴があります。

そのため、波長が長い光脱毛と波長が短いレーザー脱毛とでは照射のパワーにも違いが生じるのです。

光脱毛による照射は弱く、出力に制限がありますが、レーザーは照射が強く、高い出力が可能となっています。
照射のパワーの違いから、施術を受けることができる場所も光とレーザーとでは異なります。

強い照射を行うレーザーは使用についての厳しい制限があるため、既定の医療機器を扱うことができる医療機関のみでの使用が定められていますが、光脱毛ではレーザーに比べて照射の威力が弱く、比較的安心して使用することができるため、サロンなどでも手軽に受けることができる脱毛方法となっています。

光脱毛とレーザー脱毛の共通点

光脱毛とレーザー脱毛の共通点は毛の処理を行う際のメカニズムです。

光脱毛もレーザー脱毛も、メラニン色素の黒い色への反応を活かして処理を行います。
毛を処理したい箇所の皮膚に、外部から光やレーザーをあてると、毛のメラニン色素が光やレーザーに反応を起こし、熱を生じます。生じた熱が毛根や毛乳頭にダメージを与え、毛を根元から破壊させることにより脱毛処理が可能となるのです。
また、光脱毛もレーザー脱毛も一度で脱毛が完了する処理ではなく、ある程度の期間を要する方法であるという共通点もあります。

毛は通常、一定の周期をもって生え変わっていて、この周期を「毛周期」といいます。毛周期とは、毛が生えて伸び育つ「成長期」、毛が抜け落ちる「退行期」、次の成長期まで休んで準備をする期間である「休止期」という3つの期間を指し、このサイクルが何度も繰り返されているのです。

そして光脱毛でもレーザー脱毛でも、毛周期のうち、最も脱毛の効果が高いとされている成長期に合わせて、毛の破壊処理を行っていきます。

一度の脱毛では、現在生えている毛を処理するだけで次の周期に生えてくる毛の処理まではできません。

このため、再び訪れる成長期に再度生えてきた毛の処理を行わなければならず、脱毛処理を数回繰り返すために、ある程度の期間が必要となるのです。

そもそも光脱毛とは?

光脱毛はレーザー脱毛と比較されやすい脱毛方法で、専門性の高い機械とスタッフによる施術を受けることができる脱毛の主流といえます。

光脱毛ならではの特徴である3つのポイントを知っておくことで、脱毛方法へのより深い理解を得ることが可能となります。

光脱毛は痛みが伴わないといったメリットがある

 

光脱毛は施術の際に皮膚に照射する光の波長が長く、出力が弱いことから、レーザーに比べて肌への刺激が強くないという特徴があります。

そのため、光を当てた際に感じる痛みも弱いといわれているのです。

個人差はあるものの、照射の瞬間に一瞬の熱さを感じるだけで、ゴムをパチンとあてたような痛みを感じる程度なので、痛みに対して苦手意識がある人でも無理なく施術を受けられます。

脱毛の施術は何度も繰り返し行い、一般的には施術の回数が増えるごとに毛の量が少なくなっていきます。

つまり、施術の回数が増えれば増えるほど刺激を受ける箇所が減っていくため、脱毛効果が表れていくほど刺激が軽減していくという期待も持てるのです。

光脱毛は料金も安く済む

背中などの広い部位のムダ毛を処理したいと考えている場合や、一カ所だけではなく複数の部位の脱毛を行いたいと考えている人にとっては特に施術にかかる費用は気になる点となります。
光脱毛は他の方法に比べて比較的料金を抑えて施術を受けることが可能となる方法です。

1回に照射することができる範囲を広くとることができるという点は、光脱毛のメリットとしてあげられる特徴の1つとなっています。

この特徴により、光脱毛による施術では一度に広い範囲の毛を処理することが可能となり、1回の施術時間を短くすることができるようになるのです。

施術時間が短いことは、脱毛のために通う際の負担が減るだけではなく、施術時間に比例して料金も安く済ませることが可能となります。

光脱毛は少し時間がかかってしまう

より高い効果を出すために、毛周期のうち、成長期に合わせて繰り返し施術を受けるという点は、レーザーを使用して行う場合でも、光の照射による脱毛を行う場合でも同じです。

しかし、光脱毛では皮膚への負担が少ない光の照射による施術であるため、出力のパワーの低さに比例して、毛に対するダメージも弱くなってしまいます。

このため、1回の施術で毛に与える破壊力が弱い分、効果が出るまでに時間がかかってしまう傾向があるのです。

一回の施術によって出る効果が低いため、毛に刺激を与える照射の回数を増やさなければならなくなります。

回数の多さに、成長期を待って行うという理由も重なって、脱毛を修了させるまでの施術期間が長くなってしまう傾向があるのです。

光脱毛とレーザー脱毛の違いと共通点まとめ

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、施術の際に使用される光やレーザーの波長です。

光脱毛には波長が長くエネルギーが弱いという特徴があり、レーザーは波長が短くエネルギーが強い性質があります。

エネルギーの強弱の違いによって施術の際の肌への刺激にも違いが生じ、それが結果的に脱毛期間の差となって表れるのです。

つまり、照射の強いレーザーに比べて、1回の照射で与えるダメージが弱い光脱毛では、その分、脱毛の施術期間が長くなってしまう傾向があるということです。

また、照射出力の差にともない、施術を受けることができる場所にも違いが出ます。

強い照射を行うレーザーは、安全を考慮した使用についての厳しい制限により、医療機関でしか受けることができない脱毛方法となっていますが、光脱毛はレーザー脱毛に比べて照射の威力が弱く、比較的安心して使用することができるため、サロンなどでも受けることが可能です。

また、照射威力の違いにより、光の方がレーザーよりも痛みを感じにくく、1回の照射範囲の差により、光脱毛の方が脱毛にかかる費用を安く済ませることが可能であるという違いもあります。
このようにいろいろな違いのある光脱毛とレーザー脱毛ですが、基本的なメカニズムは同じです。

メラニン色素という黒い色素に反応する特性を活かして行う脱毛処理であるということや、脱毛処理に高い効果が期待できる成長期に合わせて施術を行うという点も共通する点です。

毛周期の中の一定の期間にだけ施術を行うことにより、ある程度の期間を要するという点も共通するポイントとして挙げられます。

【脱毛サロンの新常識STLASSH(ストラッシュ)】今だけ月額制全身脱毛が初月無料で体験可能♪

2016年 楽天リサーチランキングにて12部門制覇!!

医療関係者が選ぶ「この脱毛サロンがすごい」第1位!!

最新理論のスピード脱毛で最短6ヶ月で脱毛が完了!安心の無痛!

最新SHR脱毛で産毛から日焼け肌まで効果バツグン!

ぜひ気軽に無料カウンセリングまでお越しください♪

 

高品質なサービスを最低価格でご案内させていただきます。

さらに詳しく!