脱毛サロンSTLASSHの美ブログ | 産毛脱毛に回数がかかる理由とは??

産毛脱毛に回数がかかる理由とは??

ubuge

産毛(うぶ毛)に脱毛は効果あるの?

まず一般的に産毛といっても毛の太さや濃さは個人差が非常に高いのが特徴です。

脱毛するとなると、「医療クリニックのレーザー脱毛」、「脱毛サロンの光脱毛」のいずれかとなります。

どちらも毛の黒い色素に反応させて生えている毛を熱処理するという原理となります。違いとしては医療のレーザーのほうが高出力だということです。

医師の資格を持っている者が取り扱うので万が一のことがあっても素早く正確に対処できるというのが、高出力を取り扱える理由となります。

出力が高い分効果は出やすいのですが、施術中に「痛み」を感じることになります。あとは値段も脱毛サロンと比べて2倍以上となります。

 

脱毛サロンの場合は正反対で、効果はゆっくりとなりますが、痛みがなくリーズナブルな値段で行うことができます。

どちらの方法で脱毛したとしても、通常の毛と比べて産毛には反応しにくいのが現状です。産毛は色素が薄いので色素の濃さによって効果が変わってくるレーザー脱毛や光脱毛は効果が弱まってしまいます。

 

これに対してまったく新しい脱毛方法が登場しています

それが「shr式脱毛」という脱毛方法です。

こちらの脱毛方式は黒い色素とは関係なく毛根にダメージを与えることができます。かつ、通常の脱毛方法では避けては通れない「毛周期(毛のサイクル)」も関係ありません。2ヵ月~3ヵ月に一度しか今までは施術できませんでしたが、shr脱毛であれば毎月施術を行うことができます。

つまり「産毛」に対して大きな脱毛効果を発揮できるうえに短期間で脱毛を完了することのできる方法となっています。

今後は間違いなくshr式脱毛が中心となってくるでしょう。とはいえまだ取り扱っている店舗は少ないというのが現状です。

 

脱毛サロンの「STLASSH(ストラッシュ)」はそんなshr式脱毛を採用しています。

「産毛」を脱毛したいのであれば是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。

ubuge

 

うぶ毛を自己処理すると濃くなる?

「産毛を自己処理すると毛が濃くなっていく」ということを聞いたことある人は多いと思います。こちらは本当なのでしょうか。

確かにそういった効果もあるかもしれませんが、基本的にはそれは毛が途中でカットされたために断面が広くなってそう見えるようになるのが原因です。

しかしこれは部位にもよるので断言できるわけではありません。

とはいえ自己処理は繰り返すほどに肌が傷ついていきます。そして産毛は体中のニキビや肌荒れに大きく関係しています。

できることなら脱毛してしまうことでそういったリスクから解放され、かつ清潔感のある肌を保つことができるようになります。

 

脱毛器によって効果が変わる

脱毛サロンで産毛脱毛をする際に、脱毛方法がいろいろあってどれにしたらよいかわからなくなると思います。有名どころを紹介しておきたいと思います。

IPL脱毛:

こちらは毛のメラニン色素(黒い色)に反応する脱毛方法となります。毛の色に反応するので、色の薄い産毛に対しての効果は若干低めとなります。

SSC脱毛:

光による脱毛に加え、ジェルに含まれた抑毛成分が光に当たることによって肌に浸透して

光とジェルの相乗効果で脱毛と抑毛を行う脱毛方法となっています。ただしジェルの抑毛

効果に根拠はなく、実質IPL脱毛に近い方法といえるでしょう。

SHR脱毛:

毛のメラニン色素(黒い色)に関係なく脱毛できる方法となっています。

これは毛根にダメージを与えるわけでなく毛包という部分に働きかけて脱毛を行うからです。産毛はもちろん、金色の毛にも反応し、日焼けしている肌にも問題なく照射することができます。

「産毛」に対しては最も有効な脱毛方法と言えます。

 

産毛脱毛に必要な回数

産毛は個人差が大きく関係する種類ですが、脱毛サロンの場合は基本的に3回目から効果を少し実感してくるかと思います。

6回通い終わるころには自己処理が楽になってくるかと思います。そして12回通い終わるころにはほとんど完了しているでしょう。

ただし脱毛完了するまでの期間としては2年くらいを想定しておきましょう。

毛周期の関係で一度脱毛をした後は2か月~3か月は期間を開けなければなりません。

※shr脱毛は毛周期が関係ないので毎月の施術が可能となります。大体1年間あれば脱毛が終わります)

ubuge2

 

産毛脱毛 メリット

産毛脱毛を検討する理由としてはやはりすべすべな肌になりたいという人が多いのではな

いでしょうか。

そんな産毛脱毛においてのメリットをいくつか紹介したいと思います。

① 化粧のノリと持ちが良くなる:

産毛をすることによってファンデーションと肌の密着度が格段に上がります。

そうなることで驚くほど化粧のノリと持ちが良くなります。産毛の自己処理が終わった後に実感できる効果と同じなのでイメージが付きやすいのではないでしょうか。

化粧水や美容液の浸透も良くなります。その状態がずっと続くので、とても便利になります。

② 肌が綺麗に見えます:

産毛がなくなることによって見た目の印象が大きく変わります。

体全体に生えている細くて黒い毛がなくなるので、当然といえば当然でしょう。全体的に肌の色がワントーン明るくなるイメージが近いでしょう。

自己処理の際に起こり得る肌を傷つけてしまうなどのリスクがなくなるのも大きなメリットです。綺麗でツヤのある肌を手に入れることができるでしょう。

③ 毛穴が小さくなります:

産毛がなくなると毛穴は自然と小さくなります。

もちろん完全に毛穴がなくなるということはありません。

しかし毛穴がなくなるということは汚れが入りにくくなるということなので大きなメリットといえます。

産毛の埋もれ毛による肌の汚れのようなものも脱毛することで解消することができます。

④ ニキビや肌のぶつぶつが出来にくくなる

このようなものは大抵の場合、毛穴から汚れが入ってできるケースが非常に多いです。

皮脂や汗が産毛と絡まることによってできるのですが、産毛がなくなることで毛にそういったものが付着しなくなります。肌を清潔に保つことができるのでニキビや吹き出物が今までよりも格段に減ります

 

産毛脱毛 デメリット

さて、産毛を脱毛することによってデメリットも実は存在するのです。一体どういったデメリットがあるのでしょうか。

① 紫外線を受けやすくなる:

産毛脱毛のデメリットとして真っ先に挙げられるのがこちらです。もともと産毛は色が薄いですが、紫外線から肌を守ってくれるという働きがあります。

紫外線は肌のシミや老化の原因ともなりやすいので、産毛の脱毛をした後は紫外線対策を今までよりも意識するようにしたほうが良いでしょう。

② 外気の影響を受けやすくなる:

こちらはそこまで気にならないかもしれませんが、産毛は本来急激な気温の変化やほこりなどから体を守ってくれるという働きがあります。

とはいえ、それは過酷な環境下であればの働きといえます。現代であれば、最低限の肌のケアができていれば全く問題ないでしょう。

さて、いかがでしたでしょうか。産毛脱毛はメリットこそ多いですが、だからと言ってデメリットも存在します。とはいえ、日常生活において支障をきたすようなデメリットではないということもわかると思います。

そもそも産毛の脱毛を考えているという方は美意識の高い女性です。最低限の肌へのケアや、保湿、日焼け対策をしていると思います。そうであればメリットの方が圧倒的に多いでしょう。

そして先ほども紹介したとおり、産毛脱毛に関しては「shr式脱毛」が最も適している脱毛方法となっています。

 

とはいえ脱毛方法だけでなく、施術の技術やノウハウのあるサロンを選ぶことをお勧めいたします。

脱毛サロン「STLASSH(ストラッシュ)」であれば必ずや満足のいく仕上がりを約束いたします。