脱毛サロンSTLASSHの美ブログ | 世界のVIO脱毛事情について

世界のVIO脱毛事情について

beautiful-skin1-300x291

すっかりVIO脱毛という言葉が定着してきましたね。

デリケートゾーンの脱毛は浸透しつつはあるものの、皆どこまで処理しているのか?

聞きたくても聞きにくいですよね。

そしてVIO脱毛について、世界ではどのような文化が定着しているのか?

今回お話させていただきます!

 

海外の女性はVIO脱毛の意識が高い!?

 

世界の脱毛事情を少し調べてみると、日本との脱毛意識の差にカルチャーショックを受けることになります。

 

日本ではワキや腕のムダ毛を剃るのは当たり前ですが、例えば欧米などでは何とワキのムダ毛よりもVIOを優先して脱毛している女性が多いのです。

 

海外ではデリケートゾーンの脱毛であるハイジニーナ脱毛をしなければ清潔感に欠けるとされていて、VIO脱毛をすることがエチケットとなっています。

 

アメリカではVIO脱毛をすることは当たり前ですし、脱毛を意識している人が全体の約半数であるヨーロッパでもVIOは脱毛しなければ、と考えられて優先して脱毛されている部位となっているのです。

 

これらの国ではアジア圏とは異なり、髪の毛だけでなくムダ毛の色も元々薄く、目立たないためにあまり気にしていない人が多い傾向にあります。

 

また、イスラム諸国ではVIO脱毛は大人の女性の身だしなみとされ、VIO脱毛をすることが常識のようなものだと言われています。

 

逆に、日本と近い韓国や中国ではVIO脱毛を後回しにしている人が多くいます。

 

人間の体の中でムダ毛が生える部位はとても多いので、どこを優先して脱毛をするかということもポイントになるのではないでしょうか。

 

女性だけでなく男性もアンダーヘアの処理を当たり前にするという国も…

 

最近では女性だけでなく脱毛の男性専門店も増えてきましたが、それでも脱毛サロンに通ったり自己処理をしようと思わない男性が大多数なのではないでしょうか。

 

その中でも、日本人では女性でも優先順位が低いVIO脱毛は日本の男性にとってはかなり優先順位が低い部位となっていること間違いありません。

 

海外では女性だけではなく多くの男性がVIO脱毛をしている国があるという事実は、日本人にとっては衝撃的なことであるかもしれません。

 

逆に、ハイジニーナ処理をしている海外の男性にとっては、日本人の女性でVIO脱毛をしていない人が多くいるということが驚きの事実であるかもしれませんよね。

 

日本人の男性スポーツ選手で海外に移籍して活躍をしている人もたくさんいますが、VIO脱毛は決して自己満足のためだけでなく、移籍先でハイジニーナ脱毛を求められることもあるのです。

 

日本の女性はVIOを気にしなさすぎ?

 

意識をする部位が国ごとで違うからこそ海外では脱毛の優先順位が高いVIOの脱毛を優先的にしていて、VIOは後回しにしてしまいがちな日本人の女性と交際した外国人を幻滅させてしまうことにも繋がってしまうということがわかりますよね。

 

もしかしたら、日本人の女性はVIOを気にしなさすぎなのかもしれません。

 

海外でVIO脱毛が常識的なこととなっている背景には、デリケートゾーンを指す言葉である「ハイジニーナ」が清潔を意味する言葉であるという事実を知ったら納得できますよね。

 

優先的にVIO脱毛をすれば、清潔なイメージをパートナーに与えることができるなど女性にとっても良いことがあります。

 

今までVIO脱毛は後回しにしていたという方も、ちょっと海外の女性の視点に近付いて脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

 

きっとお手入れが楽になって不潔な印象もなくなり、脱毛して良かったと思えるはずです。