Vライン (ビキニライン)
脱毛とは

Vラインとは、両足の付け根あたりとなる、デリケートゾーンの両サイドを指します。脱毛する方が多い部位ですが、実はVラインだけ処理される方は少なく、IラインやOラインと一緒に施術される方がほとんどです。

両足の付け根部分にムダ毛があり、水着や下着を身につけた際に、「はみ出てしまうのではないか」と気になる方には、プロによるムダ毛処理をおすすめします。

Vラインでは、施術前にムダ毛を短くカットするという自己処理が必要になります。Vラインの特徴として、毛が太く肌が柔らかいという点が挙げられます。痛みに弱い箇所なので、施術をする前と後にしっかり冷やすことが大切です。

Vライン ビキニライン イラストイメージ

メリット

自己処理の手間が省け、さらに肌を痛めない安全な処理ができる

Vラインのムダ毛が下着や水着からはみ出てしまうことは、女性にとって大変に恥ずかしいものです。そのため多くの方が、ムダ毛を毛抜きで抜いたりカミソリで処置したりしています。しかし自己処理をすると、毛穴が余計に開いてしまい、ムダ毛や毛穴がさらに目立ってしまいます。それに対して、サロンに通えば自己処理の手間は省ける上に、安全な処理でツルツルのお肌にすることができます。


水着を着る時にもアンダーヘアが気にならない

アンダーヘアが気になると、海やプールを思い切り楽しむことができません。水着のスキマからアンダーヘアが出てしまうという心配がなければ、人前で堂々と水着を着ることができ、面積の小さい大胆な水着にも挑戦することができます。

女性水着イメージ

デメリット

Vラインをしっかりと見せるのがちょっと恥ずかしい

施術の際にサロンのスタッフにVラインをしっかりと見せる必要があるため、それを恥ずかしいと感じる方がいらっしゃいます。恥ずかしい施術が嫌で、自己処理を続ける方も少なくありません。お客様の目線を大切にするSTLASSHでは、最大限にプライバシーに配慮して施術を致しますのでご安心くださいませ。

注意点

Vラインに限らず、VIO全ての部位に共通する注意点ですが、生理中は施術することができません。衛生的な観点だけでなく、生理中は肌が敏感になっているため、施術で肌がかぶれたり痛みを生じたりすることがあるため、施術をお断りしています。

またVラインの施術には、事前にカミソリで剃っておくなどの自己処理が必要になります。もしも、これを忘れてしまうと、思ったような効果を得られない場合もあります。施術前の自己処理は忘れずに行いましょう。

痛みや術後の経過

施術イメージ

Vラインはデリケートな部位ということもあり、一般的なサロンやクリニックで採用されている脱毛方法では、痛みを感じてしまう人も少なくありません。それでも自分で毛を抜くよりは、だいぶ痛みは少ないと言えます。施術回数を重ねていくごとにムダ毛も生えにくくなっているので、段々と痛みは軽減されていくでしょう。

一方、STLASSHが導入している「SHR」という方法であれば、デリケートなVラインであっても、ほとんど痛みを感じることはありません。痛みがネックになっていたお客様からも「これなら通える!」とのお声を多数いただいております。施術後すぐは毛穴にムダ毛が残ることもあり、すぐにキレイなVラインにならないこともあります。そのため、デートなどの計画は施術後の経過を見ながらにすることをオススメします。

効果や必要な施術回数

Vラインに生えている毛は太くて毛量も多いため、たった1度の施術では効果が現れにくいものです。少なくとも2~3回程度の施術を行わないと、効果を実感するのは難しいと言えるでしょう。完全に無毛な状態になるまでには個人差はあるものの、15回程度施術を行う必要がある場合もございます。

よくある質問

どれくらい回数重ねたらなくなりますか?
すぐにキレイなVラインを手に入れたいですが、この部位の毛は太く量も多いため、1度だけの施術ではなかなか効果を時間することができません。STLASSHで行う「SHR手法」では、効果を実感するまでに少なくとも2~3回程度の施術が必要になります。完了までには個人差があり、数回で完了した方もいれば、15回程度施術を行う方もいらっしゃいます。Vラインの処理が終われば、あとはもうムダ毛を気にすることなく、かわいい水着や大胆な下着を楽しめるので、それまで根気よく通われることをお勧めします。
自己処理はどうすればよいでしょうか?
施術当日の3日前までに、シェーバーでの自己処理をお願い致します。ムダ毛を短くカットしてからシェーバーで処理するととてもやりやすくなります。Vラインはとても敏感な部位ですので、毛抜き、ブラジリアンワックス、除毛剤での自己処理は、お肌へ負担がかかってしまうためお控えください。施術後のお肌はストレスを感じて荒れやすくなっているので乾燥してしまわないようにしっかりと保湿をすること、お手洗いの後に強くこすって傷付けないように注意することが大切です。
どんな形にするのがいいですか?
人それぞれ好みにもよりますが、STLASSHのお客様には、全部なくす方と、多少残す方が半分半分になります。また、残す方の中では、一番自然に見える逆三角形が多いですが、中にはハート形など様々なデザインにされる方もいらっしゃいます。ご希望がある場合や、形をどうするか悩んだ場合には、お気軽にご相談くださいませ。また、毛量や毛の太さが気になる方は初めの数回はすべて照射する方も多くいらっしゃいます。

お客様の声

お客様の声アイコン
お客様の声01

小さめのセクシーなビキニが着たくて、でもデリケートゾーン全部なくしてしまうのは抵抗がありVラインだけに挑戦しました。ツルツルですごくキレイになったので、いつでもビキニが着れます♪年齢的に若い子のビキニ姿を見て少し自信を失うこともあったのですが、またツルツル肌で自信を取り戻しました!

お客様の声アイコン
お客様の声02

女子校なので、ガールズトークでデリケートゾーンの話すことが多く、可愛い子はみんな脱毛していたので慌てて自分も通うことにしました。最初はブラジリアンワックスに通っていたのですが耐え難い痛みと、全然なくならないのでストラッシュに乗り換えました。痛みもなく、温かい程度ですぐ終わるのでもっとはやくから行けばよかったと後悔しています。6回終わって自己処理が大分楽になりました♪

お客様の声アイコン
お客様の声03

彼氏とのデート前や、水着を着る前とかは自己処理に必死でした。前日の夜自己処理しても、次の日チクチクと生えてきてしまい、非常に困っていましたが、今では水着になっても1日何の心配もなく過ごすことが出来て非常に楽になりました!初めはデリケートゾーンの脱毛自体に抵抗がありましたが、今では友人にも勧めています。

ストラッシュのスタッフより

スタッフイメージ

おすすめポイント

STLASSHスタッフ

脱毛をされてない方の多くは自己処理をされているのですが、カミソリなどはケガや色素沈着などの恐れがあるので、たいへん危険です。水着を着るときや露出の高い下着を着るときなど、ムダ毛がはみ出ないようにするために、サロンでのVライン処理をおすすめします♪

関連コラム記事