SHR脱毛が痛みが
少ない理由

SHR脱毛は従来の方法と異なり、
バルジ領域へのダメージで脱毛します。

一般的な脱毛が痛い理由は?

かつてはニードル脱毛と呼ばれる痛み強い方法だった

脱毛が激しい痛みを伴うと言われていた時代は、ニードル脱毛と呼ばれる方法で脱毛を行なっていたため、とても強い痛みがありました。ニードル脱毛というのは、今では考えられないですが電気針を毛穴に刺して行なっていたため「脱毛=痛い」という風に定着してしまいました。


輪ゴムで弾かれた程度の痛みの光脱毛へ

現在主流になっているのは、輪ゴムで弾かれた程度の痛さと言われている光脱毛です。光脱毛というのは、黒い部分に反応する光を照射し毛根にダメージを与える方法によって行う脱毛です。毛根はメラニンを含んでいるため黒いですよね。そこにダメージを与えるので、毛根が弱って1~2週間で毛が抜けるようになるのです。 光脱毛は痛みのためなかなか続けて通えず、結局脱毛しきれずに解約するケースも珍しくありません。あるひとは、輪ゴムで弾かれた程度といいますが、またあるひとは耐えられないくらい痛いという人もいます。

痛みが強い理由

従来の脱毛はなぜ痛いの?

脱毛で特に痛いと言われているは、Vライン、Iライン、Oライン、ワキ、足首や指などの部位。これらの部位は、輪ゴムで弾かれたときの痛みをよりも若干痛みは増します。

毛が太く・濃い箇所は痛みが強い

まず大きな原因として挙げられるのが、毛の太さや濃さです。Vライン・Iライン、Oライン、ワキ、眉間などの部位は、毛の色がほかの部位より濃く、さらに他の部位より毛の1本1本が太いという特徴があります。 光脱毛は黒いものに反応し、ダメージを与える脱毛方法のため、毛が太く濃い箇所は痛みも大きくなるのです。また上記以外の部位でも、他の人よりも毛が太い部位や毛の色が濃い部分は痛みが強くなります。

肌が色素沈着した箇所も痛みが強い

VIOやワキなどの部位はカミソリなどで自己処理を重ねてしまいがちです。このような自己処理を重ねることで、カミソリが皮膚にダメージを与え色素が沈着していくため、自己処理した部位の肌そのものが黒ずんでいくことがあります。

光脱毛は、毛根だけではなく、色素沈着した黒ずんだ肌にもダメージを与える脱毛方法なので、色素沈着した肌にもダメージを与えてしまいます。光脱毛を行なっているサロンすべてに言えることですが、日焼けした肌には施術すら出来ないのです。

骨に近い部位も痛みが強い

最後に、ヒザ下や、指などの部位も痛みを感じやすいと言われています。なぜかというと皮膚が薄く骨に近いためです。VIO、ワキ、眉間などの特定の部位や、色素沈着した肌などより、痛みのレベルでいうと少ないと言われていますが、骨に響くような痛みがあるようです。

SHR脱毛はなぜ痛くない?

STLASSH(ストラッシュ)の採用しているSHR脱毛は、痛くなく、温かみを感じる程度です。SHR脱毛は最新設備が必要になるため、導入できているサロンが少なく、現在は皆様が知っている光脱毛よりも知名度の点では劣るかもしれません。ただSHR脱毛はその安全性の高さや痛みの少なさから、今後主流になると言われている脱毛方法です。


毛根へのダメージではなくバルジ領域へのダメージで脱毛する

従来の光脱毛は、毛根へダメージを与える脱毛方法ですが、SHR脱毛は、バルジ領域と呼ばれる部分にダメージを与える脱毛方法です。バルジ領域とは、最近になって分かった毛包のなかにある、発毛の司令塔です。この司令塔にダメージを与えることで、毛が抜け落ちるようになるのです。バルジ領域は2000年ごろに発見された新しい概念のため、新しい脱毛方法と呼ばれているのです。


SHR脱毛は色素には反応しない

従来の光脱毛は、毛根をはじめとした黒い色素に反応するため、毛の太さや濃さによって痛みが強くなります。特にVIOやワキなど、一般的な脱毛部位こそ、痛みが強く、自己処理が原因で黒ずんだ肌や、日焼けした肌にもダメージを与えてしまいます。

それに対して、SHR脱毛がダメージを与えるのは黒い色素ではなく、バルジ領域だけ。そのため、毛の太さ・濃さに関係しないのはもちろん、黒ずんだ肌や、日焼けした肌にダメージを与えることのない脱毛方法になります。ほかの脱毛サロンで日焼け肌ということで断られてしまった方や、肌が黒ずんでしまった方にとてもおすすめできる脱毛方法です。

このように、光脱毛と比べてSHR脱毛が痛くないのは、バルジ領域に対してダメージを与えて脱毛させる方法だから、弱いエネルギーでも十分な効果が出るためです。また部位や太さ、肌の色にも関係しないので、光脱毛と比べてSHR脱毛の痛みは大幅に軽減されます。


痛くないのにちゃんと効果はある?

SHR脱毛は、光脱毛と比べて、照射するエネルギーの量が少ないのが特徴です。弱いエネルギーで照射するというと、脱毛効果が良くないのではないかと思われがちですが、これには理由があります。

バルジ領域というのは、毛包と呼ばれる部分にあり、毛根と表皮の中間に分布しています。従来の光脱毛では、奥深くにある毛根までダメージを与えるため強いエネルギーを必要としていました。そのため、輪ゴムで弾かれたような痛みを伴っていましたが、SHR脱毛では、毛根と表皮の中間にあるバルジ領域にダメージを与えればいいので、毛根までエネルギーを届かせる必要がなくなり、エネルギーを弱くしてもしっかり脱毛効果は実感していただけるのです。

SHR脱毛を体験された方の口コミ

R.Sさん(21歳)

ストラッシュさんの脱毛は全然痛くないです♪ほかの脱毛サロンに通ってる友だちは、脇脱毛が痛いって言っていたり、別の子はVIOと足が痛いって言っていたりしますが、ストラッシュさんの脱毛は脇もVIOも痛くなくて、じんわり温かい感じなので、とてもおすすめです!ストラッシュさんに申し込むまでは、自分で処理するのもカミソリでヒリヒリしたり、ブラジリアンワックスで除毛するのも試しましたがかなり痛くて大変でした。脱毛サロンについて調べてたら、ストラッシュさんの口コミがあって痛くないって書いてあったので、カウンセリングにいったのですが、大正解でした!!

Y.Hさん(27歳)

私は有名なクリニックの医療脱毛に通っていたのですが、痛すぎて2回で行くのをやめてしまいました。痛くない脱毛ってないのかなとネットで探していたら、いろいろな口コミから医療脱毛より光脱毛のほうが痛くなくて、さらにSHR脱毛は痛くないと書いてある口コミを見て、さっそくSHR脱毛で有名なSTLASSHさんにカウンセリングをしに行きました。痛さが原因で医療脱毛を解約したので、カウンセラーの方ともじっくり話して、どういう理由で痛くないのか、しっかり説明してもらって安心して契約できました。契約して初めての施術の時、まずその痛さの違いに驚きました!今までの医療脱毛は何だったんだろうというくらい、全然痛くなかったです。医療脱毛のときはVIOが特に痛かったのですが、SHR脱毛だと本当に痛くなくてちょっと温かいなーくらいの感覚でできるので、本当におすすめします♪

A.Iさん(25歳)

色々有名な脱毛サロンにカウンセリングに行ったのですが、最終的にストラッシュさんにしてよかったなと思います。周りに脱毛サロンに通っている知り合いがあまり居なかったので、iPhoneで調べた何店舗かに行って話を聞いたのですが、どの店舗でも少し痛いというのは共通していました。ただ、少しでも痛いのが嫌だったので、脱毛についての口コミみたいなのを見ていたら、SHR脱毛という方法が痛くないという口コミが多くて、ストラッシュさんに行きました。カウンセラーの方もとても親切に聞いてくださって、親身になってもらったのと、何より痛くないと言ってくれたのはストラッシュさんだけだったので、すぐに契約させてもらいました。今は月額制に通っていますが、ワキもVIOも本当に痛くなくて、もう少しでツルツルになるので、毎回ストラッシュさんに通うのが楽しみになってます♪

無料カウンセリング予約

ストラッシュの
お得な割引プラン