中学生でも脱毛はできる?自宅・エステサロンのメリット・デメリットを解説

Pocket

「中学生でエステサロンでの脱毛や、自宅でのムダ毛処理を考えるのは、早いのかな?」

そんな風に悩んでいる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

中学生は体が大人へと大きく変化する時期であり、これまでに比べると体毛も濃く太くなってきます。そして体だけでなく心も大きく変化する時期であるため、中学生は体の変化に不安やコンプレックスを感じやすいものです。

もちろん毛が生えるのは当たり前ですが、ムダ毛をコンプレックスに感じてしまい深く悩んでいるのなら、解決策の1つとして脱毛を検討してみてもよいかもしれません。

ここでは中学生におすすめのムダ毛処理方法や、脱毛方法を紹介します。ムダ毛に悩んでいる中学生の方や、お子さんをお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

1.ムダ毛の処理はいつから始めるもの?

近年では発育の早い方も多く、小学生の内からムダ毛が濃くなる方もいます。なかには周りと自分を比較して、不安やコンプレックスを持つ方もいるかもしれません。もちろん、

体育の授業や修学旅行のお風呂など、友達に肌を見せる場面で「変に思われたらどうしよう」「毛深いって笑われないかな」などの心配から学校生活を楽しみきれない…。

そんなことがないためにも、ムダ毛が気になり始めたら、中学生でも関係なくムダ毛処理をはじめてOKです。

ただし知識がないままでムダ毛処理をすると、肌が黒ずんでしまう「色素沈着(しきそちんちゃく)」や、毛が肌に埋まってしまう「埋没毛(まいぼつもう)」など、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ここからはそうならないために、中学生の内から覚えておいてほしい「ムダ毛処理や脱毛の基礎知識」をわかりやすく解説していきます。

2.中学生が自宅でムダ毛処理する方法

中学生が自宅でムダ毛処理する方法は、主にこちらの5つです。

・電動シェーバー
・ カミソリ
・ 毛抜き
・ 除毛クリーム
・ 家庭用脱毛器

このなかで中学生におすすめなのは、電動シェーバーです。

なぜ電動シェーバーがおすすめなのかを含め、ムダ毛処理方法それぞれのメリット・デメリットをここではチェックしていきましょう。

2-1.電動シェーバー

電動シェーバーは、カミソリを電動型にしたものですが、刃が肌に直接あたりません。そのため肌にやさしく、扱いも簡単なので中学生でもムダ毛処理に使いやすいでしょう。
ただしカミソリと違って深剃りができないため、カミソリよりも毛の伸びが早く感じられるかもしれません。

電動シェーバーは、ドラッグストアで2,000円~3,000円程度で購入できます。カミソリに比べるとお値段は高いですが、くり返し使えるため、長い目で見るとお財布的にもやさしいのはメリットでしょう。

電動シェーバーには、T字型のものとI字型のものがあり、一般的にT字型がボディ用、I字型がフェイス用とされています。しかし基本的には、ボディでもI字型が一本あればOKです。

2-2.カミソリや毛抜き

カミソリは深剃りしやすく、毛抜きは毛根から毛を抜くことができるため、ムダ毛処理後の肌はきれいに見えやすいでしょう。

しかし毛を取り除く際に、どうしてもお肌の角質を傷つけてしまい、色素沈着や埋没毛を起こしやすいのがデメリット。しっかりとアフターケアを行う必要があります。

2-3.除毛クリーム

除毛クリームは、塗った箇所のムダ毛を溶かして処理するアイテムです。

毛根からムダ毛を処理してくれそうなイメージですが、実際は肌から見えている部分のみを溶かすのにとどまります。

また、なくなる度に購入しなくてはいけないため、意外とお金がかかる点でも中学生にはあまりおすすめできません。

2-4.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、エステサロンやクリニックで使われている脱毛機の出力を弱くし、誰でも扱いやすくしたアイテムです。

本体代やカートリッジ代はかかりますが、自宅で気軽に光脱毛を行えるのは、大きなメリット。
ただし、正しく使用しないと肌トラブルを引き起こす恐れなどあるので、説明書をよく読んだうえで使用しましょう。

3.キレイな肌を手に入れたいなら脱毛サロンもおすすめ

ここまでは、自宅で簡単にできるムダ毛処理の方法を紹介してきました。

自宅でのムダ毛処理は、基本的に安く済むのが大きなメリットです。しかし自己処理では、どうしても肌にダメージを与えてしまいます。

ムダ毛処理をはじめたばかりの肌であれば、肌のダメージが目に見えることはまずありません。

そのため、「今のキレイな肌を保ちたい」「肌に自信を持てる自分になりたい」と思っているのなら、中学生でも脱毛サロン検討してみてもよいかもしれません。

4.ストラッシュなら中学生でも光脱毛をはじめられる!

ここまで「ムダ毛が気になり始めたら、中学生でも脱毛を始めてよい」と話してきましたが、実は中学生の脱毛を受け付けていないエステサロンやクリニックも多いのが現実。

なぜなら中学生は大人よりも皮フが薄く、ヤケドや肌トラブルのリスクが高いためです。

しかし脱毛サロン「ストラッシュ」では、数ある脱毛方式のなかでも肌への負担に配慮した「SHR脱毛方式」を採用しているため、10歳から脱毛が可能。中学生でも光脱毛を始められます。

ただし、だからといってすぐに飛びつくのはNGです。中学生からの脱毛には、中学生ならではのメリットだけでなく、注意点もあります。

まずはメリットと注意点を確認して、それでも脱毛をしたいという気持ちが強いようであれば、ぜひストラッシュまでお越しください。

4-1.中学生が脱毛サロンに通う3つのメリット

中学生が脱毛サロンに通うメリットは、こちらの3つです。

1 コンプレックスを解消できる
2 自己処理による肌へのダメージや手間をグッと減らせる
3 大人になってからもキッズ料金で通える

気になるメリットはあったでしょうか。それぞれ詳しく見ていきましょう。

4-1.コンプレックスを解消できる

思春期に起こる体の変化のなかでも、体毛の変化はコンプレックスになりがちです。

「友達と比べて毛が濃いのかも…」と悩んだり、授業や学校行事で着替え、裸になることに不安を抱えたり…。

もちろん毛が生えるのは当たり前ですが、深く悩んでしまっているのなら、脱毛はコンプレックスを解消する1つの手段になるかもしれません。

4-2.自己処理による肌へのダメージや手間をグッと減らせる

どれほど気を付けていても、やはりムダ毛の自己処理は肌にダメージを与えるもの。特に中学生の弱い肌には負担が大きく、色素沈着や埋没毛といった肌トラブルも引き起こしやすいでしょう。

また、自己処理は定期的に行わなくてはいけません。自己処理を何度もくり返していると、「トータルでどのくらいの時間を使っているのだろう…」と、思わず考えてしまう方も多いかもしれません。

早めに脱毛サロンを利用すれば、その分だけ今後、自己処理にかかる時間を減らせます。「自己処理が面倒くさい!」という方はもちろん、勉強に部活にと、忙しく過ごしている中学生の方にもおすすめです。

4-3.大人になってからもキッズ料金で通える

ストラッシュでは、「キッズ脱毛プラン」を用意。こちらのプランを使うと、脱毛料金が最大30%オフになります。

しかも、はじめて契約するときにキッズ脱毛プランが適用された場合には、その後もずっとキッズ割のお値段でストラッシュに通い続けることが可能。いくつになっても通常料金よりもお得に脱毛ができます。

回数パックごとに、キッズ脱毛プランでどれだけ割引になるかを表にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

パック・プラン名

通常価格(税込) キッズ脱毛プラン価格(税込)
6回パック 105,336円 94,802円

(10%オフ/10,534円引き)

10回パック 169,950円 152,955円

(10%オフ/16,995円引き)

12回パック 199,980円 179,982円

(10%オフ/19,998円引き)

18回パック 288,684円 259,816円

(10%オフ/28,868円引き)

無制限プラン 406,780円 284,746円
(30%オフ/122,034円引き)

5.中学生が脱毛サロンに通う場合は3つの点に注意

脱毛サロンでの脱毛といえば、大人がするものというイメージがあります。それだけに中学生で通うのは少し不安がある方もいるでしょう。

実際、脱毛サロンに通ううえで中学生は、大人以上に大変なポイントがいくつかあります。

1 脱毛期間中は日焼けNG!部活動によってはなかなか大変…
2 予約は親権者に入れてもらい来店も同伴してもらう必要がある
3 完了までにかかる回数が大人よりも多くなる傾向がある

脱毛サロンに通いたいのなら、これらの注意点についてもしっかりと理解しておきましょう。

5-1.脱毛期間中は日焼けNG!部活動によってはなかなか大変…

脱毛期間中、脱毛部位の日焼けはNGとされています。

なぜなら脱毛のほとんどは、「メラニン色素」と呼ばれる毛の黒さに反応するしくみを利用して行われるためです。そのため脱毛部位に日焼けをしてしまうと、脱毛効果の落ちる可能性がある他、痛みも感じやすくなります。

部活動をはじめ、外に出ることが多い方は、注意が必要です。

日焼け予防の上着を羽織ったり、こまめに日焼け止めを塗ったりしなくてはいけません。活動内容的にそれが可能か、よく考えてみましょう。

なお脱毛する部位以外の日焼けは問題ありませんので、「中学生の内はとりあえず衣服で隠れるワキやVIOのみの脱毛にしておく」といった対処も考えられます。

5-2.予約は親権者に入れてもらい来店も同伴してもらう必要がある

脱毛サロンを契約するときはもちろん、予約もお母さんやお父さんにしてもらう必要があります。また実際に脱毛するときも、毎回、親と一緒でなくてはいけません。

未成年者の契約は法律により制限がかかっているため、親権者の同意がどうしても必要になるのです。

なかには「親に内緒で脱毛したい」という方もいるかもしれませんが、それは残念ながらできませんので、ご注意ください。

5-3.完了までにかかる回数が大人よりも多くなる傾向がある

毛の成長には、ホルモンバランスが大きく関わっていることから、ホルモンバランスは脱毛効果にも影響を与えます。

中学生の内は、ホルモンバランスがまだまだ不安定で、毛根も未発達です。そのため、中学生の内に満足のいくレベルまで脱毛を進めても、その後、新たに毛根が発達し、毛が生える可能があります。

そのため中学生の内に満足のいくレベルまで脱毛を進めても、その後に毛の細胞が育ち、新たに生えてくる可能性があるのです。

結果として、大人の脱毛よりもトータル脱毛回数が増えるかもしれないことは、押さえておきましょう。

6.中学生で脱毛を始めるなら、生理が始まり、安定してからがおすすめ!

先にお話ししたとおり、脱毛効果はホルモンバランスに影響されます。

そのため脱毛を始めるのは、「生理が始まり、生理周期が安定してきた(=ホルモンバランスもある程度、安定してきたと考えられる)」ころがおすすめです。

毎月ほぼ決まった周期で生理がきているのであれば、脱毛をスタートしてよい時期かもしれません。

7.中学生から脱毛を始めれば、プール授業や修学旅行も安心!

中学生は多感な時期であり、人一倍、自分や他人の見た目を気にして、コンプレックスも抱きやすいものです。

体毛の量には個人差がありますし、生えているのが普通。それでも気になりすぎて落ち込んだり、ふさぎ込んでしまっているような場合には、解決策の1つとして脱毛を検討してみても良いでしょう

コンプレックスの要因が体毛であるならば、脱毛することでコンプレックスが解消され、プールの授業や修学旅行など、思いっきり楽しめるようになりますね。

脱毛に興味のある中学生や、お子さんをお持ちの方は、まず一度カウンセリングでプロに相談してみてください。

ストラッシュの脱毛について

プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方 プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方

無料カウンセリング予約

人気記事

関連記事

おすすめ記事ランキング

カテゴリ一覧

ストラッシュの
お得な割引プラン