光脱毛の効果って?仕組みやメリット・デメリット、レーザー脱毛との違いを徹底解説

Pocket

サロンの光脱毛に興味はあっても、なかなか最初の一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。その理由としては、光脱毛の効果や特徴など知らないことへの不安や、クリニックで行われるレーザー脱毛との違いについての疑問などが挙げられます。

この記事では、光脱毛でムダ毛を処理する仕組みやメリット・デメリットを解説していきます。さらに、レーザー脱毛との違いはもちろん、サロン選びのポイントとなる光脱毛の方式ごとの特徴もあわせて紹介します。

1.光脱毛とは発毛組織にダメージを与え減毛を目指すもの

光脱毛は、メラニン色素に反応する特殊な光を肌に当てることで、発生した熱が発毛組織にダメージを与え、ムダ毛が生えるのを抑える仕組みです。

人の体に生える毛には毛周期があり、肌表面に表れているのは全体の20~30%に過ぎないといわれます。光脱毛は目に見えるムダ毛の黒色に反応するため、毛周期でもっとも毛が伸びる「成長期」に合わせて照射するのが一般的です。

レーザー脱毛に比べると熱が弱く、肌への影響は穏やかだとされています。一方で、半永久的な脱毛が可能なレーザー脱毛に対し、光脱毛は一時的な減毛が目的となります。

ただし、レーザー脱毛であっても毛が再生することはあるため、完全な永久脱毛法とされるのは、針を通して電流や高周波で毛根一つひとつを破壊するニードル脱毛だけです。

2.光脱毛のメリット

成長期のムダ毛に光を当てることで減毛効果を得られる光脱毛ですが、光脱毛にはムダ毛を処理する以外にも「料金が抑えられる」「痛みを感じにくい」といったメリットがあり、脱毛が初めての方でも挑戦しやすいのが嬉しいポイント。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

2-1.光脱毛は料金が抑えられる

光脱毛は、通いやすい料金設定のサロンが多いです。

例えば、全身脱毛の場合で比較してみると、光脱毛は平均10~20万円ですが、レーザー脱毛は20~30万円ほどかかることがほとんど。

とはいえ、いきなり10万円を支払うのはハードルが高いと感じる方もいるでしょう。しかし、最近は多くのサロンで月額制が採用されていて、月々数千円程度の支払いで気軽に全身脱毛ができるようになっています。

実際、ストラッシュでは月額4,400円(税込)で全身脱毛に挑戦できます。1回で全身の1/4の施術が可能な月額制プランは、よくある全身脱毛プランの分割払いではなく、あくまでも月額料金。脱毛の効果に満足した時点でいつでも解約できるのが嬉しいところです。

月額制プランの他にも、通常よりお安く設定されたパックプランや、脱毛したくなったタイミングで利用する方を対象とした都度払いと、幅広い支払い方法に対応しています。

2-2.光脱毛は痛みを感じにくい

光脱毛は照射のパワーがそれほど強くないため、レーザー脱毛に比べると痛みを感じにくい脱毛法だとされています。よく例えられるのが、「輪ゴムで弾かれた程度の痛み」という表現です。

ただし、痛みの感じ方は人それぞれ。光脱毛は黒い色に反応するので、太い毛や濃い毛の多い部分などは痛みが強くなりやすい傾向にあります。脱毛する部位やムダ毛の状態によっては、痛みを理由に通えなくなる可能性はゼロではありません。

痛みに不安を感じる方にぜひおすすめしたいのが、ストラッシュの採用するSHR脱毛。メラニン色素に反応しないという特徴があるので、従来の脱毛方法とは痛みの性質が異なります。

3.光脱毛のデメリット

リーズナブルで痛みも少ない光脱毛ですが、人によってはデメリットと感じられるポイントもあります。

光脱毛のデメリットも確認しておきましょう。

3-1.光脱毛は回数を重ねる必要がある

はじめにお伝えしましたが、光脱毛は毛周期のなかでも「成長期」のムダ毛に作用する脱毛法です。そのため、施術は成長期に合わせて行います。

個人差や部位による違いはありますが、成長期はおおむね3~5ヶ月ごとに訪れます。つまり、1年間で施術できる回数はさほど多くないのです。

さらに、脱毛箇所や体質、ムダ毛の状態によって異なるものの、照射のパワーが弱い光脱毛では、満足できるほどの脱毛効果を得るまでに2~3年かかることもあります。

3-2.光脱毛はサロンによってトラブル対応に差が出ることがある

レーザー脱毛とは違い、光脱毛は医療行為には当たりません。そのため、肌トラブルが起こってしまった場合でも、適切に対応できないケースもあるようです。

照射のパワーが弱い光脱毛とはいえ、肌トラブルと無縁というわけではありません。

そのためサロンを選ぶときには、万が一のときにはドクターのサポートがあるといった、フォロー体制を整えているサロンを選ぶことが大切です。

4.光脱毛とレーザー脱毛の違いは?

目的は同じ脱毛であっても、光脱毛とレーザー脱毛にはさまざまな違いがあります。それぞれの違いを知ったうえで、どちらが自分に向いているか判断するのがおすすめです。

光脱毛とレーザー脱毛の違いについて少し触れてきましたが、ここからはさらに詳しく解説します。

4-1.レーザー脱毛は医療機関のみで行われる

レーザー脱毛は医療行為にあたるため、許可を受けた医師のみが施術できる脱毛法です。そのため、美容外科や皮膚科、形成外科などの病院やクリニックで行われています。

主なレーザー脱毛器には、「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」、「YAG(ヤグ)レーザー」などがあり、いずれもメラニン色素に反応する強力なレーザーを使用するため、ダメージを受けた毛は半永久的に再生されないといわれます。

4-2.レーザーによる熱で毛母細胞を破壊する仕組みが異なる

レーザー脱毛は、毛母細胞もしくは毛根の上にある毛包幹細胞を直接破壊する仕組みです。毛母細胞や毛包幹細胞は毛の成長や発毛を促す役割を果たしているため、一度破壊されれば発毛に必要な栄養を受け取れなくなり、毛が再生することはほぼありません。

ただし、一度に広い範囲を照射できる、特に黒い色への反応が強い(濃い毛や太い毛に強みがある)、うぶ毛にも効果があるなど、レーザーの種類により特徴が少しずつ異なります。

4-3.短期間で脱毛効果を実感できるが痛みを感じやすい

毛周期の「成長期」にあわせて施術する点は、レーザー脱毛も光脱毛と変わりません。

しかし、高出力のレーザーを利用するため、一度の施術でも一定の効果があり、早ければ5回程度、一般的には1年から1年半程度で満足できる結果を得られるとされます。

一方で、レーザー脱毛で避けられないのが痛みです。強力な照射のパワーを受けることになるため、痛みが強くなりやすい傾向にあります。

医師や看護師によるケアはありますが、肌にも負担をかけやすく、施術後もヤケドをしたときのような火照りやヒリヒリ感を感じることもあるようです。

また、レーザーによる熱は非常に強いため、日焼けした肌には施術できないなど、施術には一定の制約があります。

5.光脱毛と呼ばれる3つの方式とそれぞれの特徴

 

光脱毛を試してみようと思った方に、さらに知っておいていただきたいのが、光脱毛の3つの方式です。

レーザー脱毛と同じように、光脱毛も機械によって特徴が少しずつ異なります。機械ごとの違いを理解しておけば、自分にぴったりのサロンを選びやすくなるでしょう。

5-1.太い毛に効果があるIPL

IPLとはインテルス・パルス・ライトと呼ばれる光脱毛で、多くのサロンで採用されています。

肌のメラニン色素にのみ反応する光を照射し、毛母細胞の働きを抑えることができるため、より黒く太い毛ほど有効だとされています。逆に、細く色素の薄いうぶ毛には効果があまりなく、他にも日焼け肌には施術できないといったデメリットがあります。

そして、一般的な光脱毛と同じように、毛周期に合わせて施術しなければなりません。

5-2.肌へのダメージを抑えるSSC

SSCはスムーススキンコントロールメソッドの略で、IPLに次いでサロンでよく利用されている光脱毛です。

脱毛する部位に制毛成分のある専用ジェルを塗り、光で温めてジェルの成分を浸透させることによって、減毛させる仕組みです。

ジェル成分を浸透させるための照射なので、IPLよりも痛みが少ないとされています。また、食物由来成分のジェルを使うなど、美肌への期待が期待されているのも魅力です。

制毛成分を浸透させるための施術なので、毛周期に関係なく施術を受けられますが、うぶ毛への効果はあまりないというデメリットもあります。

5-3.うぶ毛にも効果があるSHR

SHRはスーパーヘアリムーバルと呼ばれる、蓄熱式による光脱毛です。

毛母細胞のある毛根部分、毛包幹細胞のあるバルジ領域にダメージを与える点が、これまでの脱毛法と大きく異なります。

毛根へダメージを与えることによる脱毛法ではないため、毛周期に関係なくいつでも施術が可能。その結果、最短6ヶ月で脱毛効果に満足することもあります。

さらに、SHR脱毛で照射される光のターゲットはメラニン色素ではないため、うぶ毛にも効果的で、日焼け肌やホクロのある部分でも施術できます。

5-4.ストラッシュなら部位ごとに使いわけも可能

光脱毛の方式によって、それぞれ特徴が違うことを紹介してきました。しかし、体の部位によってムダ毛の質や量は違うため、どの方式がいちばんいいのか、選ぶのが難しいと考える方もいるでしょう。

そんなときには、ストラッシュのように、IPL脱毛とSHR脱毛など複数の方式を採用するサロンを選ぶのがいちばんです。

ストラッシュでは、部位やムダ毛の状態によって、IPL脱毛とSHR脱毛を使いわけています。

例えば、日焼け肌やホクロが気になる方やうぶ毛が多い部位にはSHR脱毛、ワキなど太い毛が多い部位にはIPL脱毛といったように、最適な光脱毛を行います。

さらにストラッシュでは、最新の浸透方法によるジェルを使い、施術後のケアも万全のため、保湿・整肌作用も得られるでしょう。

6.光脱毛で照射可能な部位はサロンによってさまざま

IPL、SSC、SHR、それぞれの違いを理解したうえで、サロンを決めることは大切です。ただし、サロン選びにはさらに大切なことがあります。それは光脱毛で照射可能な部位の確認です。

同じ方式を採用するサロンだったとしても、照射可能な部位が異なることは珍しくありません。例えば「全身」を対象としている場合でも、あるサロンでは顔は別料金、あるサロンではVIOは対象外など、含まれる部位に違いがみられることは多いものです。

ストラッシュでは、顔やVIOはもちろん、他のサロンで含まれないことがあるもみあげやこめかみなど、細かな部位までが「全身脱毛」の対象になっています。

このように、サロンを選ぶときには、方式やアフターケアなどの違いはもちろん、自分が希望する部位までが対象となっているかをきちんと確認しておくと安心です。

7.光脱毛なら肌にやさしくムダ毛を減らせる!

もちろん痛みの感じ方には個人差がありますが、光脱毛は痛みが少ない傾向にあり、肌のキメが整うなど美肌効果も期待される、お財布への負担も軽いなど、メリットが多いといえるでしょう。

しかし、光脱毛の方式は大きく3つあり、それぞれに違いがあります。濃く太い毛に強い、美容効果が期待されている、スピーディでうぶ毛にも効果があるなど、方式ごとの特徴を知って、自分の希望にぴったりのサロンを選ぶことが大切です。

ストラッシュなら、一般的なサロンでは対象外となる細かな部位まで脱毛可能なうえ、IPL脱毛とSHR脱毛を使い分けるので、部位やムダ毛の状態ごとに最適な脱毛法を選択できます。気になる方は、ぜひカウンセリングでご相談ください。

ストラッシュの脱毛について

プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方 プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方

無料カウンセリング予約

人気記事

関連記事

おすすめ記事ランキング

カテゴリ一覧

ストラッシュの
お得な割引プラン