全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

全身脱毛にかかる平均期間・回数は?

shutterstock_1151642438


毎日ムダ毛を自己処理しているのに、何でまた生えてくるのか、疑問に思いませんか?実は、あなたが自己処理しているムダ毛は、体の中の毛の全体量からすると3分の1程度だといわれています。残りの3分の2は、皮膚の下に埋もれていて、成長するごとに肌の表面に見えてくるのです。

そんな全身のムダ毛を脱毛完了するのに、どれくらいの期間、どれくらいの回数がかかるのでしょうか。個人差がありますが、目安になる期間と回数をお伝えします。

目次全身脱毛にかかる平均期間

なぜそれだけの期間が必要になるのか

毛周期について– 成長期– 退行期– 休止期– 毛の種類について

なるべく早く脱毛を終わらせるポイント– 毛周期や生理の周期に合わせる– 毛周期に関係せず脱毛できる方法を選ぶ– 日焼けやけが、乾燥に気を付ける– 予約の取りやすいサロンを選ぶ

効率よく脱毛するポイント– 逆算する

まとめ

全身脱毛にかかる平均期間

「全身脱毛でツルツルなお肌になるのに、どれくらいかかるの?」って、気になる人は多いですよね。脱毛には個人差があるので、はっきりとこれくらいで脱毛完了とは言えません。その証拠に、全身脱毛のコースでは、回数無制限のプランもあるほどです。それに、脱毛部位の毛周期やサロンの機械の出力数などが関係してくるからです。

でも、目安は知りたいですよね。そこで、脱毛完了までの目安をおしらせします。あくまで目安にはなりますが、一般的に12回〜18回つまり2年から4年ほどあれば、だいたいのムダ毛はなくなり、自己処理も不要になると言われています。脱毛サロンによってはもっと短い期間で脱毛が完了することを謳っているところもありますが、それは最短で効果が出た場合の話になります。もちろん、ストラッシュでは実際に最短で6ヶ月で脱毛完了できますので、しっかりお伝えしていきます。

まずは、どうやって最短で全身脱毛を完了させたら良いのか、脱毛施術の間隔やお肌のお手入れのペースを一緒に考えていきましょう。

なぜそれだけの期間が必要になるのか

毛の成長には毛周期が関係しています。この毛周期に合わせて一般的に脱毛施術の時期を決めていくのですが、毛周期を無視して1週間に一度といったように短いサイクルで通っても、脱毛方法によっては、効果が期待できません。毛周期に合わせて脱毛すると、どうしても時間がかかってしまうのです。また、全身脱毛に時間がかかるのは、脱毛範囲が広いことも理由の1つです。毛の太さや硬さ、濃さなど個人差はありますが、それぞれの部位で毛周期が異なります。部位ごとに毛周期がバラバラのため、効果もバラバラに出てしまいます。そのため、まずは毛周期を知ることからはじめましょう。

毛周期について

「全身脱毛を早く終わらせたい」「効率の良い通い方はないの?」そんな風に思われる人も多いのではないでしょうか。そんな最短で全身脱毛をやりたいと考えているなら、毛周期について、よく知っておく必要があります。なぜなら、全身脱毛は一般的に毛周期のサイクルに合わせて行なっていくからです。

因みに、毛には、成長期、退行期、休止期と3つの時期があり、これを毛周期といいます。この毛周期の長さは体の部位によってそれぞれ異なり、同じ部位の中でも成長期の毛もあれば休止期の毛もあるなど様々です。

1本の毛が生えて抜け落ちるまでの過程を、一緒に詳しく見ていきましょう。

成長期

毛根から栄養を吸収して毛が成長する時期。つまり、毛が生え伸びる時期をさします。脱毛サロンやクリニックでの光脱毛や医療レーザー脱毛は、一般的にこの成長期の毛に対して行われています

退行期

毛の成長が終わり、伸びきった時期。つまり、毛が生え伸びて、抜け落ちるまでの期間をさします。お肌の表面に見えているムダ毛がこの期間になります。脱毛サロンやクリニックで、脱毛施術をする前に、ムダ毛を自己処理してきてくださいと言われるのは、光脱毛や医療レーザー脱毛での光照射では、この時期の毛に対してあまり効果がないためです

休止期

毛が抜けた時期。つまり、皮膚の表面上には毛が存在しませんが、皮膚の中で次の成長期を待っている状態をさします。毎日毎日、ムダ毛を処理しているのに、すぐ生えてきてしまうのはこの休止期があるからです。自己処理では退行期のムダ毛は処理できますが、お肌の表面に現れてきていない休止期から成長期の毛を脱毛処理することはできません

毛の種類について

実は、毛には大きく分けると2種類に分けられます。そして、その中でもさらに部位によって成長期が異なり、毛の太さや硬さ、濃さで個人差があります。また全身脱毛は、部分脱毛と違って全身を一度に脱毛していくので、部位によっては効果にバラツキが出る場合も多く見られます。まずは、それぞれの部位の成長期と休止期をお伝えします。

・性毛
性毛とは、わき毛や陰毛、男性であれば、あごひげや胸毛、さらにすね毛などが性毛といわれています。特徴として、アポクリン腺があり、毛が太く、生える方向もバラバラで毛包の組織が強いです。毛周期が1〜2年と長く、脱毛期間も長くかかります

ちなみに、脱毛サロンやクリニックによる施術では、太い毛の方が向いています。それは、太い毛は、熱を吸収しやすいからです。直径が太いと、毛の色も黒っぽくなり、光照射を多く吸収することで、根元の細胞に熱が伝わりやすくなります。ですから、うぶ毛のような細い毛と比べると、脱毛効果がより期待できます。

・無性毛
無性毛とは、性毛以外の全ての毛をさします。特徴として、毛が細く、生える方向が一定しています。毛周期が短いので、比較的短期間で脱毛が完了します

無性毛は、毛が細いため、光脱毛やレーザー脱毛を行なう場合、ワキや足、ひざ下に比べると効果が出にくい傾向がありますが、これも脱毛方法によっては、効果を期待できるものもあります。

因みに、毛周期により脱毛効果が高まる「成長期」の期間は、部位により異なるため脱毛する期間が変わってきます。それぞれの脱毛期間を見ていきましょう。
・腕:成長期3〜4ヶ月
:休止期3〜4ヶ月
・ワキ:成長期3〜5ヶ月
:休止期3〜5ヶ月
・ビキニライン:成長期1〜2年
:休止期1〜1年半
・足:成長期4〜5ヶ月
:休止期4〜5ヶ月
こうしてみると、比較的毛周期の短いワキや腕、足は短い期間で脱毛しやすい部位だと言えます。逆に、ビキニラインは比較的毛周期が長いため、脱毛期間も長期間かかりやすい部位と言えるでしょう。

なるべく早く脱毛を終わらせるポイント

部位によって、脱毛期間にばらつきがありますが、それでも、なるべく早く脱毛を終わらせることは可能です。それには、毛周期などの周期に合わせて脱毛施術を効率的に行なっていく必要があります。では、どんなところに気を付けて脱毛を行なっていけば良いのか、そのポイントをお知らせします。

毛周期や生理の周期に合わせる

生理中に脱毛できないというのはよく聞きますよね。女性とは切っても切れない関係にあるのが生理です。ただでさえ、お腹が痛くなったりと憂鬱なのに、脱毛サロンやクリニックを予約している日に限って、生理になっちゃうって案外よくある話です。

でも、なんで生理中は脱毛できないのでしょうか?

それは、生理中の肌トラブルとして、こんな理由があるからです。

1:吹き出物やニキビができやすい
2:肌が乾燥しやすくなる
3:肌に赤みやかゆみが出やすい

このように肌が荒れやすいのが原因です。肌が荒れやすくダメージを受けやすい条件が揃っているところに、光脱毛やレーザー脱毛による強い刺激を与えた場合、肌には大きな負担を与えることになります。酷ければ、「炎症」「湿疹」「色素沈着」を起こす危険もあります。

また、生理中にデリケートゾーンの脱毛ができない大きな理由の1つに経血による感染症を防ぐためというのがあります。デリケートゾーンを含むVIOの脱毛の場合、脱毛施術をしている間に、スタッフの手や施術の機械、さらには施術台などに血液が付着してしまって、そこから他の人に感染してしまう危険があるからです。肌が敏感になっている上に、そもそも皮膚が薄い場所なので、痛みが出やすいことも理由です。

ホルモンバランスが不安定で、毛周期が乱れやすい生理中は脱毛施術を避けるようにしましょう。肌トラブルだけでなく、脱毛効果も感じにくいという話もよく聞きます。1回の施術をムダにしないためにも、肌コンディションが良い状態で脱毛施術を受けるのがおすすめです。

毛周期に関係せず脱毛できる方法を選ぶ

今は、毛周期に関係なく脱毛できる方法があります。一般的なレーザー脱毛や光脱毛は、黒いメラニン色素に反応させて脱毛をするため、毛の成長期のときにしか脱毛をすることが出来ません。そのため、毛周期の「成長期」に合わせて脱毛をする必要があります。

一方、SHR脱毛なら、毛包を刺激する脱毛方法なので、毛周期に関係なく、成長期、退行期、休止期の全ての期間に脱毛ができます。そのため、短期間に脱毛を完了させることが可能です。つまり、脱毛の効果の実感と早さを求めるならSHR脱毛がベストな選択かもしれません。

日焼けやけが、乾燥に気を付ける

お肌の水分量が、実は脱毛施術の効果を左右するといわれています。特に日焼けをしている肌は、肌に炎症がある状態です。日焼けによるダメージを受けていたり、日焼けにより肌が黒くなってしまっていると、脱毛効果は現れにくく、脱毛施術を断られることがあります。

全身脱毛の場合、1回の施術が数ヶ月に1回ということもあり、1回キャンセルしてしまうと、かなり長い期間、脱毛施術を受けられいことになってしまいます。また、1回の施術で脱毛できる範囲はサロンやクリニックごとに異なります。できるだけ回数を減らさないように、日焼けは避けるようにしましょう。

また、日焼けだけでなく、ケガや肌が乾燥している場合も、脱毛施術を受けられないことがあります。それは、肌のバリア機能が低下していることが理由です。乾燥やけがで敏感になった肌に光照射すると痛みを感じやすくなります。また、照射によって肌の中で炎症を起こすため、より乾燥が進んでしまい、けがの治りが遅くなってしまうことがあります。そのため、けがや皮膚の乾燥が強い場合は、脱毛を避けましょう。特にエステを行なうサロンでは施術がNGになってしまうケースが多いです。医療クリニックであれば、脱毛してくれることもありますが、自己責任で行なうことになり、リスクがともないます。お肌の乾燥やけがは、日頃からお肌の保湿につとめておくと避けられますから、お風呂上がりなどは特に気をつけてお手入れをしておきましょう。

ただ、日焼けしていても、脱毛できる方法があります。それが先ほども紹介したSHR脱毛です。SHR脱毛の場合、毛包や発毛の司令塔「バジル領域」にダメージを与えて、発毛の命令を出にくくすることで、毛が生えてこないようにすることができます。つまり、SHR脱毛なら、メラニン色素にダメージを与えず、バルジ領域にダメージを与えるため、日焼け肌でも全く問題がないのです。日焼けしていても脱毛できるため、夏の海に出かけられないという楽しみを我慢しなければいけないというストレスもありません。

予約の取りやすいサロンを選ぶ

せっかく脱毛をはじめても、予約が取りにくく計画通りに脱毛ができないことがあります。それは困りますよね。実際に、「夏までに終わらせたかったのに・・・」や、「予約キャンセルしたら4ヶ月先まで予約が埋まっていて取れない・・・」なんてことも良くあります。

予約の取りやすい脱毛サロンを選ぶのは必須ですが、どこに気を付けたら良いのかは悩むのではないでしょうか。そこで、いくつかポイントをお伝えします。

1回の施術時間が短い
1回の脱毛にかかる施術の時間が短ければ、それだけ回数が多いので予約を取りやすくなります。

店舗数が多い
店舗数が多ければ、通えるお店が増えるので、空いている店舗で脱毛施術を受けられます。また、自分が通いやすい立地に店舗があれば、移動時間を節約することもできます。

ネット予約に対応している
電話だけの予約の場合、スタッフが電話に出れず、せっかく空いていても予約を入れられないことがあります。でも、ネット予約なら空き状況をリアルタイムで確認できるので、予約が取りやすくなります。

営業時間が長い
一般的に、平日の夕方から夜の時間帯は予約が埋まりやすい傾向にあります。ですから、夜遅くまで、もしくは午前中もやっているサロンがあれば、予約が取りやすいのでオススメです。

ちなみに、SHR脱毛の場合、その機械を置いているサロンがまだ少ないので、店舗が少ないことはデメリットですが、最新の機械を入れていることもあって、予約管理システムも最新のことが多いです。そのため、予約がスムーズに取れるのが嬉しいところです。

効率よく脱毛するポイント

効率よく、最短で脱毛を完了させようと思ったら、一度に全身の脱毛をスタートさせられる全身脱毛がオススメですが、脱毛方法も一緒に考えたいところです。光脱毛や医療レーザー脱毛で、毛周期や生理周期に合わせて脱毛をすれば、効率よく脱毛することは可能です。でも、時短を求めるのであれば、やはりSHR脱毛がオススメです。

SHR脱毛なら、毛包を刺激する脱毛方法なので、毛周期に関係なく、成長期、退行期、休止期の全ての期間に脱毛ができます。また、SHR脱毛なら、メラニン色素にダメージを与えず、バルジ領域にダメージを与えるため、日焼け肌でも全く問題なく脱毛施術が行なえます。つまり、脱毛の間隔を短くすることができ、予定がたてやすくなります。それに、施術の日にたまたま生理で脱毛が行なえず、長期間かかってしまうということもありません。

逆算する

SHR脱毛なら毛周期に関係なく脱毛施術が行なえるとはいえ、ライフスタイルに合わせて脱毛するために、日程を逆算して決めていくことをおすすめします。「本当は夏までに終わっているはずだったのに・・・」なんてことになるのは嫌ですよね。そうならないためにも、脱毛サロンのスタッフとよく話し合ってスケジュールを決めていきましょう。一般的な目安を教えてもらえると思いますが、あくまで個人差があることも覚えておくと良いと思います。その上で、最短で脱毛完了を目指しますが、完了までに期間が延びることを予想しておいた方が、あとあと困らないのではないでしょうか。スケジュールは余裕を持ったものにしてみてください。

まとめ

今までは、毛周期に合わせた脱毛方法が一般的だったため、どうしても全身脱毛を完了させるまでに2年〜4年くらいかかってしまうことがほとんどでした。そのため、施術をキャンセルしてしまうと、その期間はさらに延びてしまい、自己処理のいらないツルスベ美肌を途中で諦める人が多くいました。ですが、SHR脱毛の技術が出てきたことで、最短6ヶ月で脱毛完了を目指せるようになり、全身脱毛にかかる期間が大幅に減らせるようになりました。もし、全身脱毛をなるべく早く終わらせたいと思っているのでしたら、SHR脱毛を選択肢に入れてみることをオススメします。

ページTOPへ