全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

全身脱毛にかかる期間はどれくらい?1年以上かかるって本当?

23_23_1_47347159


全身脱毛には、一定の時間がかかります。全身を対象として脱毛を行っていくため、1回ですべてを終えるのではなく複数回に分けて脱毛するのが基本です。そのため、どうしても完了までにある程度の期間がかかってしまいます。ここでは、全身脱毛を完了させるまでに必要となる期間やできるだけ脱毛期間を短くするコツなどについて解説します。

目次
1.早く全身脱毛を終わらせたい!すぐにツルスベにはできないの?
2.全身脱毛に必要な期間は脱毛方法によっても変わる?
2-1.IPL脱毛
2-2.SSC脱毛
2-3.SHR脱毛
3.全身脱毛の期間を短縮するには?効率よく脱毛を進めるコツ

1.早く全身脱毛を終わらせたい!すぐにツルスベにはできないの?

全身脱毛を行うことによって、全身の肌をツルスベにすることができます。しかし、完了までにある程度の時間がかかってしまうことは認識しておきましょう。エステ脱毛を行う場合、時間をかけて徐々に毛根や毛包を弱らせることでムダ毛を薄くする方法がとられます。この方法によって全身脱毛を進めていくと、効果は少しずつしか現れません。施術後すぐにツルスベの肌になるわけではないのです。脱毛に必要な期間は脱毛の部位によって異なります。目安としては、半年~1年以上かかるとみておいたほうがよいでしょう。また、部位ごとに脱毛していくと結果的に全体の脱毛期間が長くなってしまうことが問題です。複数の部位が気になっている場合は、最初から全身脱毛を選択することをおすすめします。

2.全身脱毛に必要な期間は脱毛方法によっても変わる?

全身脱毛に必要な脱毛期間を事前に把握しておくと安心です。必要となる脱毛期間は、もともとの毛量や毛質によって変わってきます。また、施術方法によっても標準的にかかる時間は違います。そこで、施術方法ごとに必要となる全身脱毛期間について解説します。

2-1.IPL脱毛

IPL脱毛による全身脱毛は、脱毛したい部位に対してメラニン色素に反応する特殊な光を照射することで行う脱毛方法です。IPLにはメラニン色素に反応すると発熱する性質があり、その熱によって毛根を弱らせて減毛をしていきます。IPL脱毛は成長期にある一部の毛にしか効果がないことが弱点です。ムダ毛が成長期に入る時期はまちまちであるため、何度も施術しないと脱毛できません。肌にかかる負担も大きく、短期間に集中して脱毛することも難しいです。脱毛が完了するまでにかかる施術回数の目安は12~24回程度とされています。2~3ヶ月に1度のペースでサロンに通うと、完了までに最低でも2~3年はかかると覚悟しておく必要があるでしょう。また、メラニン色素の含有量が少ない産毛などには効果が出にくい、日焼けした肌への施術はできないといった点も認識しておく必要があります。

2-2.SSC脱毛

SSC脱毛とは、肌に塗布したジェルに対して上からライトを照射し、ジェルとライトの相乗効果によって制毛を行う方法です。脱毛完了に必要となる施術回数は、18~24回程度が目安になります。IPL脱毛による方法と同じく、毛の成長期に合わせて施術を行うことが必要です。バラバラの成長期の毛全体の施術を行うためには、施術の間隔を一定期間以上空けざるをえません。そのため、全身脱毛完了までには時間がかかります。最短でも1年、通常であれば2~3年程度はかかると認識しておきましょう。また、IPLと同様にメラニン色素に反応する光を使用するため、日焼けした肌への施術はできません。

2-3.SHR脱毛

SHR脱毛とは、発毛をコントロールしているバルジ領域と呼ばれる部分にアプローチして減毛する方法です。この方法には、肌にかかる負担が少なくて済むという特徴があります。また、毛の成長期かどうかに影響なく施術ができることもメリットです。施術と施術の間隔を長期間とる必要がなく、2週間~1ヶ月に1回のペースで脱毛を進めていけます。短期間に集中して必要な回数の施術を受ければ、最短半年程度で全身脱毛のすべてのプロセスを終わらせることも可能です。また、日焼けした肌でも施術できる、IPLなどでは効果が出にくい産毛にも効果が出やすいといった特徴もあり、脱毛期間短縮に一役買ってくれるでしょう。

3.全身脱毛の期間を短縮するには?効率よく脱毛を進めるコツ

全身脱毛を終えるためには、一定の時間が必要です。しかし、効率よく終わらせるポイントを知っておくことで、期間を短縮できる可能性があります。効率よく脱毛を進める主なコツは3つあります。1つ目は、生理中の施術を避けることです。生理中はヒップやVIOの施術ができません。そのため、別の施術機会にその部位の脱毛を行うことになり、結果として期間が長くなってしまいます。2つ目は、自己処理をしっかりしておくことです。自己処理がきちんと行われていればその分施術時間は短くて済みます。自己処理をしておかないと施術を断られる可能性があるため注意が必要です。3つ目は、体調管理です。体調不良のときは施術を断られる可能性があり、全体の期間が延びてしまいます。体調を良好に保つことが脱毛期間の短縮につながることを認識して日々過ごしていくことが大切です。

ページTOPへ