全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

忙しくても全身脱毛したい!施術にかかる時間はどれくらい?

21_21_1_48802297


仕事や勉強、家事・育児などで毎日忙しくても、ムダ毛に悩んでいるなら全身脱毛したいと思っている人は多いはずです。ただ、どのくらい施術に時間がかかるのかわからなければ、なかなか実際に脱毛を始めることができないかもしれません。そこで、この記事では全身脱毛の施術にかかる時間について紹介しますので、全身脱毛に踏み切るための判断材料にしてみてはいかがでしょうか。

目次
1.全身脱毛にかかる時間の目安
1-1.全身脱毛にかかる時間の平均
1-2.部位別に脱毛にかかる時間を紹介
2.全身脱毛にかかる時間に差がある理由
3.STLASSHなら短時間で施術可能!

1.全身脱毛にかかる時間の目安

最初の段落では、全身脱毛にかかる平均時間とともに、部位別にどれくらい時間がかかるのか、その目安について詳しく紹介します。

1-1.全身脱毛にかかる時間の平均

サロンで全身脱毛をする場合、かかる時間は2~2時間半が平均とされています。サロンによって施術のコースの流れなどが異なり、1日で全身すべてを施術することもあれば、2~4日かけて全身を施術する場合もあります。ただ、一度に2時間や2時間半の施術をすることは負担も大きく、一般的に1日ですべてを施術してくれるところは少ないです。また、全身脱毛といっても、施術に含まれる部位によって多少所要時間は異なってきます。

1-2.部位別に脱毛にかかる時間を紹介

脱毛する部位別の時間としては、脇ならば約5~10分、顔は約10~15分で終了します。また、VIOはそれぞれ範囲としては狭い場所ですが、デリケートな部位でもあり、かかる時間は約20~40分です。腕や脚の場合は範囲も広くなるため、両腕で約1時間、脚ならば約30分~1時間はかかると考えておいたほうがいいでしょう。サロンで全身脱毛を行う際、上半身と下半身などで日をわけて施術することも多く、それぞれ1~1時間半ほどかかります。ただし、どの部位を組み合わせて脱毛を行うかによってかかる時間に違いがでてくるため、1度でどれだけ施術をしてくれるのかを把握してコースを選ぶことが大切です。

2.全身脱毛にかかる時間に差がある理由

全身脱毛を行っているサロンは多くありますが、どのサロンもすべて同じ部位に対応しているとは限りません。全身脱毛の対象としている部位や部位数がそれぞれの店によって異なります。もちろん、部位数が多ければそれだけ時間がかかりやすいです。また、採用している脱毛機器の種類によっても、施術時間に差が出てきます。なかでも、1度に広い範囲を施術するのとは違い、ワンショットずつコツコツと照射していくタイプの脱毛機器ならば、広い範囲の脱毛をしようとするとかなり時間がかかるのは避けられません。

ほかにも、医療機関で行われるレーザー脱毛の場合は痛みが強いこともあります。あまりに痛みが強くて我慢ができないときは、麻酔をしてもらうことができるものの、その分の時間も余分にかかってしまうことになるでしょう。また、肌への負担を軽減するために、施術時に冷却ジェルを塗布することもあります。その場合は、実際に脱毛する時間に加えて、ジェルの塗布と拭き取りの時間もかかることになるのです。

3.STLASSHなら短時間で施術可能!

脱毛サロンのSTLASSHでは全身脱毛は61カ所が対象になっています。脇やひざ上・ひざ下、ひじ上・ひじ下など、夏服を着れば普通に露出する部位に加えて、背中やお腹、胸なども対象です。ほかにも、顔やVIOなどデリケートな部位や手足の指や甲、ヒップなども脱毛することができます。

STLASSHで採用されているのは、「Super」と毛を意味する「Hair」、除去できるという意味の「Removable」の頭文字を取ったSHR脱毛という方法です。従来から一般的だったクリニックでのレーザー脱毛やサロンの光脱毛では、メラニン色素の黒い色に反応するレーザーや光を毛根細胞に照射することで効果を得ていました。しかし、SHR脱毛は少し違います。毛包内には発毛の司令塔となるバルジ領域という場所があり、そこにダメージを与えて毛が生えてこないようにしようという方法です。STLASSHで施術されている最新のSHR脱毛では、短時間連続して光を照射し、バルジ領域にダメージを与えます。10秒間で同時に約1000本のムダ毛を処理できるくらいスピードは圧倒的です。そのため、口コミによると全身で約1時間という短時間での施術が可能になっています。

よく脱毛サロンで行われている光脱毛ではパチンと輪ゴムをはじくような痛みがあるといわれていますが、SHR脱毛では肌に温かみを感じる程度で痛みを感じにくいというのも特徴のひとつです。また、SHR脱毛の連続照射は低温で行われるため、施術後に肌荒れしたり、毛嚢炎になったりするのも防げます。さらに、黒い色に反応するレーザー脱毛や光脱毛とは違い、SHR脱毛は毛包そのものにアプローチする方法です。そのため、レーザー脱毛や光脱毛では日焼けをしていると施術が受けられませんでしたが、SHR脱毛なら施術ができます。また、そもそも照射する対象が毛ではく毛包なので、毛周期に関係なく施術を受けることができ、最短6ヶ月で脱毛が完了するのです。

ページTOPへ