全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

気になる肌トラブル!毛嚢炎ってなに?症状や原因、ケア方法

190903_01


全身のムダ毛が気になってしまい、脱毛を考えている人も多いでしょう。脱毛をすることで、ムダ毛の処理が軽くなる、人前で肌を出しやすくなるなど、メリットは多くあります。しかし、脱毛でトラブルが起こってしまう場合もあります。脱毛時のトラブルとしてよく聞くのが、毛嚢炎です。毛嚢炎とはどのような症状が出るのでしょうか。毛嚢炎について詳しく見ていきましょう。

目次
毛嚢炎の症状
毛嚢炎の発生する原因
毛嚢炎の発生しやすい部位
毛嚢炎のケア方法とストラッシュの対応

毛嚢炎の症状

毛嚢炎とは、毛穴に炎症が起こることをいいます。毛嚢とは毛穴の奥にある毛根を包んでいる部分を指し、一般的には毛包とも呼ばれています。この部分が炎症を起こして、毛穴が赤く腫れるといった症状が出てしまうのです。赤みを帯びて中央部分に膿を持ったふくらみが出るのが特徴でしょう。この際に、軽い痛みを感じる場合もあります。1個だけ毛嚢炎ができるケースもあれば、複数個まとまって発生するケースもあり、人によって症状の程度は違います。ニキビと似たような症状のため、区別がつかないケースも多いでしょう。

毛嚢炎の発生する原因

毛嚢炎が発生する原因として考えられるのが、「毛の処理」でしょう。人間の肌には常在菌がたくさんいて、常に活動をしています。通常は、肌のバリア機能によって菌が毛穴に入り込まないようになっています。しかし、毛の処理をすることによって肌がダメージを受けてしまうのです。肌ダメージによってバリア機能が弱くなり、菌が毛穴に入り込みやすい状態になって、毛嚢炎を引きおこしてしまいます。カミソリなどでの除毛、毛抜きなどで毛を抜く行為だけでなく、サロンなどでの脱毛も原因だといわれています。脱毛は毛根にダメージを与えて毛が生えてこないようにする施術ですから、どうしても毛包や肌にダメージが残ってしまうのです。そのため、毛嚢炎のリスクを避けることは難しくなっています。

また、毛の処理だけでなく「乾燥」によっても毛嚢炎が引き起こされます。肌が乾燥することで、バリア機能が弱まりますから、菌が入りやすい状況を作り出してしまうのです。免疫力の低下も原因になりますので、注意しましょう。紫外線やストレスによって肌の免疫力が下がってしまうことも多いので、対策を取っておくと安心です。

毛嚢炎の発生しやすい部位

毛嚢炎は、毛穴がある部位ならどこにでも発生するものです。しかし、擦れやすい部位や皮脂が出やすい部位では、毛嚢炎が発生しやすいといわれています。擦れやすい部位としてはワキや太もも、お尻、首の後ろなどが挙げられるでしょう。顔面や胸元、ワキは皮脂が出やすい部位となっています。このような部位は、とくに毛嚢炎発生のリスクがあるので気をつけることが求められます。

毛嚢炎のケア方法とストラッシュの対応

毛嚢炎が発生してしまった場合には、しっかりとケアをしましょう。毛嚢炎は比較的治りやすいので、きちんとケアをすれば問題ありません。脱毛によって毛嚢炎が発生した場合には、よく冷やすことを意識しましょう。痛みや痒みなどがない軽度の毛嚢炎の場合には、特別な処置をしなくても自然に治っていくものです。肌を冷やして毛穴を引き締めることや、肌を清潔に保って乾燥しないように保湿をしっかりとおこなうことで、軽度の毛嚢炎なら2~3日程度で症状が治まります。5日程度過ぎても症状が治まらない場合には、脱毛サロンやクリニックに相談してみるといいでしょう。

ストラッシュでは、毛包にまで届く光を低温で連続照射するため、肌へのダメージが従来の脱毛よりも少なくなっています。そのため、毛嚢炎になるリスクを下げることができるのです。しかし、絶対に肌トラブルが起こらないわけではありません。もし、毛嚢炎などのトラブルが起こったら、ストラッシュの店舗に電話する、メールをするなどして相談しましょう。ストラッシュには、提携している医療機関があるので、トラブルが起こっても適切に対処してもらうことができます。

ページTOPへ