産毛は脱毛するメリットがたくさん!効果や部位別に見る回数の目安を紹介

Pocket

顔やうなじ、背中など、さまざまな部位にうぶ毛は生えています。自己処理が面倒になってうぶ毛の脱毛を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、ワキや足などの目立つ部位と比べるとうぶ毛の脱毛が本当に必要なのか疑問に思ってしまい、なかなか実行に移せない方もいるでしょう。

うぶ毛は薄いものの広範囲に生えていることが多いため、どれくらいの時間がかかるのかわかりにくい傾向にあります。

この記事では、うぶ毛の脱毛をしようか迷っている方のために、うぶ毛を脱毛するメリットや必要な回数などを詳しく解説します。

1.産毛を脱毛する5つのメリット

「うぶ毛は目立ちにくいので脱毛は不要」と考える方もいるかもしれませんが、うぶ毛を脱毛サロンなどで脱毛するメリットは大きくわけて5つあります。

①肌のトーンが明るくなる
②化粧ノリが良くなる
③肌の黒ずみが目立ちにくくなる
④自己処理の手間がなくなる
⑤自己処理による肌トラブルを減らせる

これらの5つのメリットについて、詳しくチェックしていきましょう。

1-1. 肌のトーンが明るくなる

うぶ毛は薄い色がついているため、密集して肌を覆っていると肌全体がワントーン下がってくすんで見えることがあります。

うぶ毛を脱毛して毛が少なることで影がなくなるので、肌のトーンが明るくなり、肌全体がきれいに見える効果が期待できます。

1-2.化粧ノリが良くなる

顔全体にうぶ毛があると肌に凹凸がある状態になり、ファンデーションなどが密着しにくく化粧ノリが悪く感じることがあります。脱毛することで肌にぴったりと密着しやすくなり、化粧ノリが良くなるでしょう。

また、うぶ毛は化粧水や乳液が肌に密着するのを妨げることがあるので、うぶ毛をなくすことで、肌の角質層まで化粧水や乳液が浸透しやすくなります。同じ化粧品を使った場合でも、うぶ毛を脱毛したほうがきれいに仕上がります。

1-3.肌の黒ずみが目立ちにくくなる

肌の黒ずみの原因のひとつとして、うぶ毛が皮脂や汚れと絡まって毛穴が詰まってしまうことが挙げられます。

うぶ毛がなくなることで、うぶ毛が原因になっていた毛穴広がりがなくなり、埋もれ毛による汚れや毛穴に詰まった汚れが取れやすくなります。その結果、肌の黒ずみが目立ちにくくなるでしょう。

1-4.自己処理の手間がなくなる

カミソリやシェーバーで顔のうぶ毛などを頻繁に自己処理している方は多いかもしれませんが、うぶ毛を脱毛すれば自己処理の手間がなくなり、お出かけ前の忙しい時間帯のメイク時間に余裕ができます。

また、うなじや背中など、自分で見えにくい範囲はうぶ毛の状態を確認するだけでも大変ですが、脱毛することで自己処理や確認にかける手間もなくすことができます。

1-5.自己処理による肌トラブルを減らせる

カミソリや毛抜きでうぶ毛の自己処理を繰り返していると、カミソリ負けや埋没毛などのトラブルが起こることも。脱毛して自己処理の頻度を減らすことで、このようなトラブルが減らせるようになります。

特に顔などの大切なパーツは、肌トラブルを防ぎたいものです。自己処理による肌トラブルが多い方は、うぶ毛の脱毛をして自己処理の頻度を減らすと良いでしょう。

2.産毛は脱毛してもなくならない?

クリニックや脱毛サロンで使用する機械は、メラニン色素に反応する仕組みの脱毛機が多く採用されています。このため、「色が薄いうぶ毛はあまり効果がない」という噂を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

実際に、脱毛サロンで多く採用されているIPL脱毛はメラニン色素に反応して脱毛するため、メラニン色素が少ないうぶ毛は機械が反応しづらく、脱毛に満足するまで回数がかかる傾向に。

うぶ毛への効果は使用する脱毛機により差がでるので、うぶ毛に効果が期待できる脱毛機を採用している脱毛サロンを選ぶことが重要です。

3.産毛脱毛にはストラッシュのSHR脱毛がおすすめ

ストラッシュのSHR脱毛は、メラニン色素に反応させるのではなく、毛包と発毛の司令塔になる「バルジ領域」にダメージを与える脱毛方式です。毛の色の濃さに関係なく施術ができるため、うぶ毛でも処理ができます。

さらに、SHR脱毛は硬毛化、増毛化のリスクを減らせることも知っておきたいポイント。

硬毛化、増毛化とは、脱毛処理をすることによって逆に毛が硬くなったり増えたりしてしまうことです。うぶ毛は硬毛化、増毛化が発生しやすいといわれており、その原因ははっきりと解明されていませんが、メラニン色素に反応させる際の熱エネルギーが関係しているのではないかと考えられています。

メラニン色素に反応させる脱毛方式の場合、メラニン色素に照射して熱エネルギーを発生させることで発毛細胞を破壊します。ただし、うぶ毛のような薄くて細い毛は熱エネルギーが不足しがちになり、その結果硬毛化、増毛化が発生しやすくなるのです。

硬毛化、増毛化になるリスクは、脱毛サロンやクリニック、家庭用脱毛器など、どのような脱毛方法でもあります。ただし、ストラッシュで採用しているSHR脱毛はメラニン色素に反応させる脱毛方式ではないので、脱毛後に硬毛化、増毛化しにくい傾向にあります。

できるだけ硬毛化、増毛化のリスクを避けたい方は、ぜひストラッシュのSHR脱毛を検討してみてください。

4.産毛が多い部位と脱毛回数の目安

ここまででうぶ毛脱毛の特徴がわかったら、実際に施術するならどの部位を何回くらい脱毛すれば脱毛効果に満足できるのか、部位ごとの目安を確認していきましょう。

ただし、うぶ毛の濃さや毛量によって脱毛の回数には個人差があり、解説するのは一般的な目安です。実際に施術する際には脱毛の経過を見ながら、カウンセリングして回数を決めていきます。

4-1.顔

顔脱毛は、肌のトーンが明るくなったり化粧ノリが良くなったりとメリットが多く、人気が高い部位のひとつです。

1〜3回程度の施術で効果を実感できることもあり、さらに5回、6回と回数を重ねていくうちに自己処理の手間が少なくなっていきます。ほとんど自己処理が不要の状態を目指したいなら、10回以上を目安にしましょう。

4-2.うなじ

自分では見えにくいものの、意外と人目につきやすいのがうなじです。暑い季節になると髪をアップにしたり、襟元があいた洋服を着たりする機会が多くなり、うぶ毛が残っていると目立ってしまうことがあります。

個人差がありますが、うなじは薄くて細い毛が多いため、ワキなどの太い毛と比べて脱毛完了までにある程度の回数がかかる傾向にあります。2回程度の施術で毛量の減少を感じ始める方もいますが、脱毛完了の目安は10回~18回程度となっています。

4-3.背中

鏡を使わないと自分で確認しにくい背中のうぶ毛は、背中のあいた服や水着を着るときに目立ちます。普段自分では見えない部位のため、「確認したら意外とうぶ毛がしっかり生えていた」という方もいるかもしれません。

背中の脱毛は2〜3回程度の施術で効果を感じ始める方も。自己処理がほとんど不要なレベルになるためには、12〜18回程度が目安です。

また、背中を脱毛する際には周りの部位との違和感を避けるため、うなじや襟足も一緒に脱毛するのがおすすめです。もし背中だけを脱毛した場合、うぶ毛が残っているうなじや襟足との境目がくっきりとできてしまい、違和感のある仕上がりになることがあります。

4-4.お腹・へそ下

お腹・へそ下はアンダーバストからおへその下の範囲を指し、パートナーの前や温泉などの入浴施設、水着を着たときなど、ふとした拍子に見られてしまいがちな部位です。

個人差がありますが、お腹・へそ下の脱毛は、3回程度の施術でうぶ毛が目立ちにくくなり、ツルツルの状態を目指したい方は5~6回程度が目安です。

お腹周りの皮膚はデリケートなので人によっては脱毛時に痛みが出ることもありますが、ストラッシュではSHR脱毛を採用しているため痛みを抑えた施術が可能です。

5.産毛をセルフ脱毛する場合の注意点

「脱毛サロンはお金がかかるから、セルフ脱毛しようかな」という方は、自己処理する際の注意点を把握しておきましょう。

他の体毛と比べて柔らかいうぶ毛は、毛抜きや除毛クリーム、ワックスなどで毛根から無理に抜いてしまうと、肌への刺激やダメージにつながる可能性も。

剃ってお手入れする場合でも、通常のカミソリを使うと肌に必要な角質も一緒に剃ってしまう可能性があるため、電気シェーバーを使って優しく処理するのがおすすめです。

また、うぶ毛の処理をしたあとは肌がとても敏感になっています。毛穴の開きや乾燥を防ぐために肌を冷却して、化粧水やクリームなどできちんと保湿を行いましょう。

6.産毛の自己処理が大変なら脱毛サロンがおすすめ

うぶ毛の自己処理は手が届きにくかったり、顔などの目立つ部位は頻繁にしなければいけなかったりと面倒だと感じる方も多いでしょう。
うぶ毛の処理が面倒な方には、脱毛サロンでのお手入れがおすすめです。自己処理よりも肌にかかるダメージが少ないうえに隅々まで脱毛のプロに施術を行ってもらえるので、剃り残しで恥ずかしい思いをすることが避けられます。

ただし、脱毛サロンのなかでも機械によってはうぶ毛への効果が薄いものがあるので、サロン選びには注意しましょう。ストラッシュではうぶ毛にも反応するSHR脱毛を使い、うなじや背中、お腹など、細かなパーツ別に脱毛ができるので、うぶ毛が気になる部位だけでも施術が可能です。

7.産毛を処理して明るい肌を目指そう

肌のトーンが明るくなったり化粧ノリが良くなったりと、うぶ毛を処理するメリットはたくさんあります。

自分の目で確認しにくいうなじや背中は剃り残しが発生しやすく、お手入れの際に失敗して肌に傷をつけてしまうことも。肌にダメージを与えることもあるため、肌への負担を考えるなら脱毛サロンでのお手入れがおすすめです。

ストラッシュのSHR脱毛はうぶ毛にも反応するので、うぶ毛を少なくしてツルツル肌を目指したい方は、ぜひ検討してみてください。

ストラッシュの脱毛について

プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方 プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方

無料カウンセリング予約

人気記事

関連記事

おすすめ記事ランキング

カテゴリ一覧

ストラッシュの
お得な割引プラン