全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

知っておきたい脱毛時の肌トラブル!脱毛後の注意事情やケア方法

手と足の指の毛に悩む20代女性


ムダ毛の処理は時間もかかりますし、なかなか綺麗に処理するのは難しいものです。そのため、ツルツルの肌を手に入れたくて脱毛を検討している人も多いでしょう。しかし、脱毛は少なからず肌や毛穴へのダメージを与えるものなので、肌トラブルが起こる可能性もあるのです。この記事では、把握しておきたい脱毛による肌トラブルや注意事項などについて解説していきます。

目次
脱毛前の注意事項
脱毛によって起こる肌トラブル
脱毛後の注意事項
肌トラブル発生時の対処方法
脱毛後のケアについて

脱毛前の注意事項

脱毛前には守ってほしい注意事項がいくつかあります。これらを守らなければ、肌トラブルが起こる可能性が高くなってしまうのです。まずは、日焼けに気をつけましょう。一般的に光脱毛やレーザー脱毛は、黒色のメラニン色素に反応して照射をします。そのため、日焼けによって肌が黒くなっていると痛みを感じたり乾燥による肌トラブルが起こったりするのです。脱毛前の入浴にも注意が必要になります。基本的には、脱毛前の入浴はNGです。入浴によって肌が乾燥する、体温が上昇して赤みや痒みなどのトラブルが起こりやすくなります。飲酒も同様に、体温が上昇して血行も良くなるため、肌トラブルを引き起こす可能性があるのでやめましょう。

予防接種にも注意が必要です。予防接種後は体が弱った状態になるため、体調不良や肌の赤み、痒みを引きおこしやすくなります。最低でも1週間、長ければ2週間程度空けたほうがいいでしょう。

脱毛によって起こる肌トラブル

脱毛によって起こる肌トラブルはさまざまなものがあります。まずは、「硬毛化・増毛化」です。硬毛化は脱毛によってムダ毛が濃く硬くなることいい、増毛化は脱毛によってムダ毛が逆に増えてしまうことをいいます。これらの症状の原因は明確にはなっていませんが、レーザーなどの熱が毛根に十分に与えられず、中途半端に細胞が刺激されることで毛が硬くなったり増えたりするのが有力だといわれています。

2つ目は、打ち漏れです。打ち漏れとは、光やレーザーを照射しきれず、一部分だけ脱毛できないことをいいます。凸凹が多いVIOなどのデリケートゾーン、凹凸のある鎖骨や足首、ヒザの皿などでは打ち漏れが起こりやすくなっているようです。凹凸などがある部位は、どうしても毛穴と照射による光が垂直にならないので、注意深く照射しなければいけません。

やけども起こる可能性のあるトラブルです。光脱毛・レーザー脱毛どちらのケースでも照射によって熱を与えるという脱毛方法です。そのため、やけどをしやすい体質の人や過度な日焼けをしている人などは、やけどをしやすくなります。脱毛によるやけどは、毛穴などに徐々に赤みが出るため気付きにくいのも特徴です。

毛嚢炎も起こりやすいトラブルでしょう。毛嚢炎は、毛根を包んでいる毛包が炎症を起こすといったものです。中心部が膿を持ち、赤みがでてしまいます。中には軽い痛みを感じるケースもあります。軽度なら、清潔にして保湿をしておけば数日程度で治りますが、中程度や重度の場合には脱毛クリニックやサロンに相談したほうがいいでしょう。

施術直後に赤みが出る場合もあります。脱毛のレーザーや光は高温なので、脱毛後は毛穴が軽度のやけどを負った状態になっています。そのため、施術直後には赤みや痒みが出てしまう人も多いのです。一般的には、毛が濃い部位、脇や足、顔やVIOゾーンで起こりやすいといわれています。

多毛化もまれにみられる症状でしょう。多毛化は、脱毛前よりもムダ毛が増えてしまう、または増えたように感じてしまう症状です。産毛などが光による刺激を受けたことによって濃くなり、目立つために多くなったと感じる人もいるようです。

最後は色素沈着です。色素沈着は、脱毛後に適切なケアをしない場合に起こりやすくなります。脱毛後は軽度のやけど状態になっていますが、放置しておくと細胞を守るためにメラニン色素を作り出し、色素沈着が起こってしまうのです。

脱毛後の注意事項

脱毛後の注意事項として挙げられるのはまず、しっかりと肌を冷やすことでしょう。肌をクールダウンさせることで、肌トラブルが発生する可能性を低くすることができます。また、施術当日には入浴、飲酒、スポーツ、サウナなどは避けましょう。体温が高くなると、赤みや痒みなどが起こりやすくなります。施術後はシャワーのみに留めて、安静に過ごしましょう。日焼けをしないようにするのも重要です。脱毛後の肌は敏感で、わずかな紫外線でも日焼けしやすくなります。しっかりと日焼け止めを塗って対策しましょう。

肌トラブル発生時の対処方法

肌トラブルが発生した場合には、速やかに脱毛クリニックやサロンに連絡を入れるといいでしょう。早めに対処することで、症状を改善することができます。軽度の赤みや痒み、毛嚢炎の場合には、肌を清潔に保ち保湿をして様子を見ましょう。一般的には、2~3日程度で治まります。治らない場合には、施術を受けた脱毛クリニックなどに連絡してください。

脱毛後のケアについて

脱毛後にしっかりとケアをすることで、肌トラブルの発生を防ぐことができます。脱毛後の肌はダメージを受け水分量が減っています。乾燥していると毛穴に菌が入り込みやすくなるので、保湿には気を使いましょう。

ページTOPへ