全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛とほくろの関係は?ほくろの対処法特集

datumoufthg8098_tp_v


脱毛をするときにほくろがあるとできないと聞いたことはありませんか。もしこれが本当ならば、ほくろがたくさんある人は脱毛ができないということになります。脱毛を検討している人の中には、本当かどうか気になる人も多いはずです。この記事ではほくろが多い人に向けて、脱毛とほくろの関係や、ほくろがあるときの対処法について紹介します。

目次
ほくろって何?
脱毛はほくろがあるとできない!?
日焼け後の肌、シミやタトゥーにも脱毛できる
産毛にも効果がある!?
SHR脱毛は肌に優しい
SHR脱毛なら早く終わらせられる?
脱毛の禁止事項は?
不安が残るなら「ストラッシュ」での脱毛のほうが安心

ほくろって何?

そもそもほくろとは何でしょうか?皮膚細胞には、紫外線に反応して黒くなる色素「メラニン色素」が含まれています。ほくろは、このメラニン色素とメラニンを生み出すメラノサイト(色素細胞)が一部分だけ集中的に増殖したものをいいます。

メラノサイトは、紫外線を浴びると働きます。紫外線という肌への刺激により、メラノサイトが活発に働き、皮膚の細胞の遺伝子を守るためにメラニン色素が作られます。外部の刺激から肌を守るために必要なものではありますが、出来過ぎるとほくろとして残ってしまうのです。ほくろの場合は皮膚の深いところに作られますので、消えることはあまりありません。ほくろの中には、年を重ねるほどに大きくなったり、盛り上がってイボのようになったりするものもあります。悪性化するものもあるので、注意が必要です。

脱毛はほくろがあるとできない!?

脱毛したい箇所にほくろがあると脱毛できないのではないかと不安になる人も多いでしょう。結論から言うと、ほくろがあっても脱毛をすることは可能です。

脱毛をクリニックやサロンで行うときはレーザー脱毛や光脱毛というのは、黒いメラニン色素に反応する光を照射し、毛根にアプローチする方法です。照射される光はメラニン色素に反応すると熱を帯びるので、メラニンの集合であるほくろに光が当たってしまうと、火傷など肌トラブルを引き起こすリスクがあります。そのため、ほくろへの直接光を照射することは禁止されています。しかし、保護シールを張ることでそれ以外の部分に照射することは可能です。

一方、ストラッシュで採用されている「SHR脱毛」は、毛包という部分全体を刺激して、そこから蓄熱させて毛を生えないようにさせます。メラニン色素に反応させて脱毛するわけではありません。そのため、突起していない黒いほくろであれば、保護シールを使用せず、しっかり照射することが可能です。

日焼け後の肌、シミやタトゥーにも脱毛できる

SHR脱毛以外の脱毛方法では、日焼けを控えるようにしなければなりませんでした。メラニンに反応させる脱毛方式のため、肌トラブルを招く恐れがあったからです。また、同じ理由でシミ、タトゥーにも照射ができず、断られてしまった経験がある人も少なくないのではないでしょうか。一方、「SHR脱毛」は毛が生える指令を出す「毛包」にダメージを与えて脱毛する方法です。メラニン色素に反応させ脱毛を行うわけではありません。そのため、日焼け後の肌やシミ、タトゥーの上にも施術できます。

産毛にも効果がある!?

メラニン色素に反応させて脱毛を行う「レーザー脱毛」や「光脱毛」では、産毛に効果が出にくいと言われていました。産毛は色が薄くて細い、つまりメラニン色素が少ないからです。しかし、「SHR脱毛」の場合、メラニン色素は関係ありません。産毛にも効果があり、処理することが可能です。顔の産毛処理を行えば、化粧ノリがよくなるでしょう。

SHR脱毛は肌に優しい

「レーザー脱毛」や「光脱毛」では、毛穴の奥深くにある毛根組織に刺激を与える必要があります。そのためには強いパワーが必要で、肌への負担が大きく、痛みもあるものでした。
しかし、「SHR脱毛」が刺激を与える「毛包」は、毛根より上層部にあります。そのため、使用するパワーは弱いもので十分で、肌への負担も痛みも軽減されます。

SHR脱毛なら早く終わらせられる?

「レーザー脱毛」や「光脱毛」といった従来の方法では、毛根が休眠している間は待たなければならず、施術を受けられるペースは2カ月~3カ月です。そのため、人によっては脱毛が完了するまでに1年半から2年ほどかかることもありました。一方、SHR脱毛は毛周期に関係なく施術ができます。毛包への施術は最短で2週間、早い人は6ヶ月で脱毛が完了するでしょう。夏の海水浴や結婚式など、脱毛を終わらせたいスケジュールが決まっている人には、特にうれしいポイントです。

脱毛の禁止事項は?

ほくろの施術が可能で、肌に優しいSHR脱毛ですが、注意点があります。ニキビや傷などが施術範囲にあると脱毛ができない可能性があります。肌トラブルを避けるためにも、一定の間隔をあけて処置をすることも必要です。また、肌が乾燥していたり薬を服用していたりすると、施術を断られるケースがあります。さらに、施術の前後は運動や入浴、飲酒は避けるように言われます。運動などによって体温が上昇すると、体内に熱が閉じ込められやすくなり施術箇所に赤みやかゆみが発生する可能性があるからです。したがって、施術当日は発汗するほどの激しい運動や飲酒を避け、入浴ではなくシャワーを利用しましょう。クリニックやサロンによっては禁止事項に差があるので、施術前の説明はしっかり聞いておく必要があります。

不安が残るなら「ストラッシュ」での脱毛のほうが安心

ほくろがあっても脱毛を受けることは可能です。しかし、脱毛方法や施術サロン、クリニックによってはほくろに保護シールを張ったり、お肌やほくろ自体の状態によっては施術が難しかったりする可能性もあります。ほくろが多かったり大きかったりして心配のある人は、施術前のカウンセリングでよく相談するようにしましょう。もし、ほくろ部分の施術に不安を感じるようなら「ストラッシュ」での脱毛をお勧めいたします。メラニン色素ではなく毛包にアプローチする脱毛方法ため、ほくろや日焼けした肌でも安全に脱毛することができます。肌への負担を最小限に抑える施術ですので、安心して脱毛することができます。まずはぜひご相談ください。

ページTOPへ