全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛にはどれくらいの期間が必要?時間がかかる理由や注意点を解説

3_3_1_54524478


お肌がツルスベになる脱毛をしたいが、どれぐらいの期間がかかるのかわからないと思っている人も多いでしょう。脱毛にどの程度の時間が必要なのかがわかれば、脱毛の決断もしやすくなります。脱毛にかかる期間は、毛の成長のタイミングによって変わってきます。そこで、脱毛にかかる期間がどの程度必要なのかについて解説します。

目次
1.脱毛にかかる期間の目安
2.なぜ脱毛は時間がかかるの?
3.脱毛の期間についての注意点
3-1.期間を空け過ぎないようにする
3-2.脱毛できる条件を押さえておく
期間を考慮して計画的に脱毛しよう

1.脱毛にかかる期間の目安

脱毛にかかる期間の目安をあらかじめ知っておくと、最終的に終了する時間がわかり安心して脱毛に取り組めます。脱毛にかかる期間は、部位や毛質によっても異なるため、決められた期間というものはありません。しかし、目安はあります。サロンで脱毛の施術を受ける場合は、2年半程度が目安です。ただし、サロンによって脱毛にかかる期間は異なってきます。また、クリニックなどの医療機関で行う医療脱毛であれば1年半程度が目安となるでしょう。サロンの場合と同様に、どのクリニックで医療脱毛を行うのかによって必要な期間は変化します。いずれにしても年単位での期間が必要になることを認識しておきましょう。

さらに、脱毛サロンなどに通うタイミングや回数などによっても脱毛にかかる期間は変わってきます。通う頻度が少なくなればなるほど脱毛が完了するまでに長期間を要することになるでしょう。脱毛方法によって必要となる回数も変わります。そのため、回数も脱毛期間を左右する要素です。完了までに何回通う必要があるのか、どの程度の頻度で通えるのかなどを想定できれば、脱毛を完了するまでの期間をある程度把握できるようになります。

2.なぜ脱毛は時間がかかるの?

脱毛を終えるまでには少なくとも1年以上の期間を要することになるのが一般的です。ある程度長期にわたって脱毛しなければならない理由は、毛周期にあります。毛周期とは、毛の成長サイクルのことです。毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」の3つのステージがあります。脱毛は、この3つのステージを考慮して適切に行う必要があることがポイントです。

脱毛の効果を得るためには、毛周期の「成長期」にあたる時期に施術を行わなければいけません。そのほかの「退行期」や「休止期」に施術を行っても効果はほとんど得られないのです。毛周期は部位ごとに異なります。そのため、すべての毛に対する脱毛効果を得るためには、毛周期のサイクルを待たなければいけないことになるのです。また、毛周期の長さは部位によっても異なるため、その点も考慮する必要があります。たとえば、腕なら3~5ヶ月、ワキであれば3~5ヶ月、VIOであれば1~2年が毛周期です。

3.脱毛の期間についての注意点

脱毛の期間を理解するためには、いくつかの注意点を知っておくことも大切です。ここでは、脱毛期間を左右することになる注意点について説明します。

3-1.期間を空け過ぎないようにする

注意点の1つ目は、脱毛のインターバルを空けすぎないようにすることです。脱毛を完了させるためには、何度もサロンやクリニックに通う必要があります。脱毛は、お肌へのダメージを考慮して、数週間程度間を空けて施術を繰り返していくのが一般的です。一定の期間を空けることによって、さまざまな部位の毛周期の成長期に合わせて施術を行うことができ、効果を実感できるようになるでしょう。

サロンやクリニックによっては、予約がなかなかとれないところもあります。また、自分のスケジュールが合わなければ期間が空きすぎてしまう可能性も否定できません。期間が空きすぎると、毛周期の成長期に合わせた施術ができず効率的に脱毛を進めることができなくなってしまいます。その結果、脱毛完了まで長い期間がかかってしまうことがあるため注意が必要です。できるだけ短期間で脱毛を完了させるためにも、しっかりスケジュールを確保して確実に予約を入れていくことがポイントだといえます。

3-2.脱毛できる条件を押さえておく

2つ目の注意点は、脱毛できる条件が何かを事前に確認して把握しておくことです。まず、自己処理に関する条件があります。脱毛を自分で行っている場合、処理に失敗してお肌を傷つけてしまうと、サロンやクリニックでの施術が難しくなる可能性が高いです。お肌のダメージが回復してからでないと施術によって炎症が起こるなどのリスクがあるため、施術を受けられないこともあります。

また、サロンなどによっては日焼けをしていると脱毛の施術ができないと断られることもあります。日焼けは、お肌が炎症を起こしている状態です。自己処理の失敗のケースと同様、お肌のダメージが回復するまで脱毛の施術ができなくなるため注意が必要になります。サロンやクリニックに行くにあたっては、施術を受けられる条件をしっかり整えたうえで通うようにしましょう。施術を受けるつもりでサロンなどに行ったにもかかわらず施術してもらえないと、毛周期のタイミングを逃してしまい、結果的に脱毛完了までの期間が延びてしまいます。

期間を考慮して計画的に脱毛しよう

脱毛を完了させるまでには、ある程度長い期間が必要になります。効率的に脱毛したいのであれば、毛周期など毛が成長する仕組みも理解しておいたほうがよいでしょう。ストラッシュは予約が取りやすく、日焼けしている状態のお肌でも脱毛でき、スムーズに脱毛を進められる条件を整えやすいです。脱毛を行う場合は、期間を考慮して計画的に進めるようにしましょう。

ページTOPへ