脱毛の種類を徹底解説!自分にあったタイプで効果的にムダ毛をお手入れしよう

Pocket

一言で脱毛といっても、脱毛方法にはクリニックや脱毛サロンで施術してもらうものから自分で行うものまで、さまざまな種類があります。脱毛の効果を実感するためには、脱毛の種類とメリット・デメリットを知って自分にあった方法を選ぶことが大切です。

この記事では、脱毛の基本的な種類やメリット・デメリットを解説したあと、脱毛方法として一般的な光脱毛とレーザー脱毛についてさらに詳しく解説します。どの方法で脱毛すればいいのか悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.脱毛の種類とは?

脱毛の種類には、主に光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛・家庭用脱毛器の4種類があります。それぞれの種類の特徴やメリット・デメリットを解説しますので、ぜひ自分の希望に合う種類を見つけてください。

1-1.料金、痛みが抑えられる光脱毛

光脱毛とは、特殊な光を肌に照射して毛根にダメージを与え、少しずつ毛量を減らす脱毛方法です。この方法は脱毛サロンで採用されていることが多く、脱毛の専門知識を持ったスタッフによって施術が行われます。

光脱毛のメリットは、以下の3つが挙げられます。
・痛みがやや抑えられる
・料金がリーズナブル
・店舗数の多いサロンが多く、通いやすい

一方で、デメリットは以下の2つが挙げられます。
・出力が弱いため、脱毛完了までの期間が長い傾向にある
・医師が常駐していないため、肌トラブルがあったときに迅速な対応が難しい

光脱毛は、脱毛にかかる費用を抑えたい方や、痛みをできるだけ抑えたい方におすすめの脱毛方法といえます。

しかし、光脱毛はムダ毛を減らすことはできても、完全にムダ毛をなくす永久脱毛ができるものではないことに注意しましょう。

1-2.医師が在籍しているクリニックで受けられるレーザー脱毛

レーザー脱毛とは、黒い色素に反応する波長のレーザーを照射して、発毛の原因となる細胞を破壊する脱毛方法です。レーザー脱毛は医療行為にあたるため、医師が常駐しているクリニックで施術が行われます。

レーザー脱毛のメリットは、以下の2つが挙げられます。
・半永久的な脱毛効果が期待できる
・医師が常駐しているため、トラブル発生時に迅速に対応してもらえる

また、デメリットは以下の2つが挙げられます。
・レーザーの出力が強いため、痛みが強い傾向にある
・保険適用外の医療行為のため、1回あたりの料金が高額になりやすい傾向にある

レーザー脱毛は比較的高い効果を感じやすいうえに半永久的な脱毛効果が期待されています。

しかし、痛みを感じやすいことや料金面で注意する必要があります。

1-3.永久脱毛が目指せるニードル脱毛

針脱毛や電気脱毛ともいわれるニードル脱毛は、毛穴に針を刺してから1回あたり十数秒電流を流し、電流の熱によって毛根部を破壊するというもの。

ニードル脱毛は、クリニックや脱毛サロンで施術を受けられ、脱毛サロンの場合は資格を持ったエステティシャンが施術を行います。

ニードル脱毛のメリットは、以下の4つが挙げられます。
・永久脱毛が期待できる
・毛質や肌色にかかわらず施術できる
・目に近い場所も対応できる
・毛周期と関係なく脱毛ができる

一方で、デメリットは以下の4つが挙げられます。
・レーザー脱毛よりもさらに強い痛みがある
・1本ごとに料金が発生するため、高額になりやすい傾向がある
・1本ずつ処理を行なうため、施術に時間がかかる
・医療機関でなければ麻酔の利用はできない

毛穴1つ1つに対して毛根部を破壊するので永久脱毛の効果が期待でき、日焼けした肌やうぶ毛、白髪でも施術ができます。

ただし、毛穴に電流を流すことからレーザー脱毛よりも痛みが強い傾向にあるため、「痛みは我慢できるから永久脱毛を目指したい」という方におすすめです。

1-4.気軽さが魅力の家庭用脱毛器

クリニックや脱毛サロンに行かなくても、自宅で気軽に脱毛できることが魅力の家庭用脱毛器。レーザーやフラッシュによる光を毛のメラニン色素に当て、毛根にダメージを与えて脱毛するタイプの商品が多く販売されています。

家庭用脱毛器のメリットは、以下の3つが挙げられます。
・自分の好きなタイミングで脱毛ができる
・コストが本体代とカートリッジ代のみで抑えられる
・サロンに通う必要がなく、予約の手間がかからない

一方で、デメリットは以下の3つが挙げられます。
・背中などの自分で見にくい部位は脱毛が困難
・万が一のトラブルに対応できない
・自分で続ける根気が必要になる

一見、クリニックや脱毛サロンに行くよりも費用が安く済むと思われがちですが、家庭用脱毛器の取り扱いには注意が必要で、使い方を間違えると思わぬトラブルが発生する可能性があります。

2.光脱毛とレーザー脱毛の違いは?

ここまで4種類の脱毛方法について解説しましたが、脱毛方法として一般的なのは光脱毛とレーザー脱毛です。

この2種類がどのように違うのか、脱毛効果・回数・痛みの感じ方・料金の4つのポイントで比較しますので、自分にはどちらの方法があっているのかチェックしてください。

2-1.脱毛効果

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、使用する機械です。

クリニックで適切な施術を受けた場合は、半永久的に毛が生えてこない状態を目指せます。

一方、光脱毛は穏やかな出力で施術するため、効果自体も穏やかになる傾向があります。光脱毛とレーザー脱毛を脱毛効果だけで比較した場合、出力の強いレーザー脱毛の方が高い脱毛効果が期待できるといえるでしょう。

2-2.回数

レーザー脱毛は効果を実感しやすいため、効果に満足できるまでの回数は光脱毛よりも少ない傾向にあります。

光脱毛は穏やかな出力で少しずつ反応していくため、効果を実感するまで回数をある程度重ねる必要があります。

2-3.痛みの感じ方

毛の濃さや部位によって痛みの感じ方には個人差がありますが、出力が強いレーザー脱毛の方が痛みが強いといわれています。クリニックでは麻酔を利用できますが、追加料金となるのが一般的です。

光脱毛は照射したときに一瞬熱さを感じたり、部位によっては痛みを感じたりすることもありますが、レーザーと比べると、痛みは少ない傾向にあります。

ただし痛みの感じ方には個人差があるので、不安な場合はカウンセリングで相談しましょう。

2-4.料金

1回あたりの料金で考えると、一般的にレーザー脱毛よりも光脱毛の方が通いやすい料金設定にしてあることが多く、脱毛サロンではお得なプランやキャンペーン、通い放題のプランなどが実施されていることもあります。

レーザー脱毛は強い脱毛効果が期待できる分、料金が高額になることも。また、クリニックによっては初診料・再診料・薬代・麻酔代などの追加料金がかかることがあります。

しかし、サロンの場合でも肌トラブルの対処には別途料金が必要になることがあるので、その点も知っておきましょう。

3.光脱毛は大きく分けて3種類!それぞれの特徴

ここまで光脱毛とレーザー脱毛の違いを比較しましたが、次は光脱毛について詳しく解説します。

光脱毛にはIPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛の3種類があり、同じ光脱毛といっても特徴が大きく異なるので、自分に合った方法を見つけましょう。

3-1.IPL脱毛

IPL脱毛とは、メラニン色素に反応する特殊な光を照射して、毛根にダメージを与えて脱毛する方法のことで、多くの脱毛サロンで採用されている方法です。ただし、メラニンを多く含んでいる日焼け肌やホクロは、ヤケドの恐れがあるため照射できません。

ワキやVIOといった部位に生えている濃くて太い毛には反応しやすいのですが、うぶ毛のような細い毛には反応しにくい傾向にあります。また、光脱毛の中では痛みを感じやすいといわれています。

3-2.SSC脱毛

SSC脱毛は、制毛成分がある専用のジェルを肌に塗り、その上から光を当てるとジェルと光の相乗効果で脱毛する方法です。毛根に直接ダメージを与える方式ではないので、IPL脱毛よりも痛みが抑えられるでしょう。

毛周期に関係なく通えるというメリットはありますが、効果を実感するまでに時間がかかりやすく、何回も施術に通う必要があります。

3-3.SHR脱毛

SHR脱毛は、特殊な光を照射し、バルジ領域と呼ばれる発毛の司令塔にダメージを与えて脱毛する方法です。毛周期に関係なく脱毛でき、人によっては最短6ヶ月で満足できる仕上がりになる方も。

IPL脱毛やSSC脱毛よりも低い温度で施術が行えるため、肌へのダメージや痛みを抑えられます。

また、メラニン色素に反応する方式ではないのでうぶ毛のような薄い毛にも効果が期待でき、日焼け肌やホクロにも照射ができます。

4.レーザー脱毛の種類と特徴

ここまでで光脱毛の種類を解説しましたが、次はレーザー脱毛について見ていきましょう。

レーザー脱毛には主にアレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザーの3種類があり、それぞれ得意分野が大きく異なります。

4-1.アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、メラニン色素に反応して毛根を破壊するレーザーです。レーザーの熱による痛みはありますが、冷却装置が搭載されている脱毛機を使用した場合は痛みを抑えることができます。

黒い色に反応しやすいため、特にワキやVIOの濃くて太い毛に効果を発揮します。また、肌に熱を与えることによって肌のコラーゲン生成を促進し、美肌効果も期待されています。

4-2.ダイオードレーザー

ダイオードレーザーには、熱破壊式と蓄熱式の2種類があります。

熱破壊式は照射面積が広いため、一度に広範囲の処理ができるというメリットがありますが、メラニン色素に反応して脱毛を行なうことから日焼けした肌には照射できません。

また、蓄熱式はバルジ領域をターゲットにするので低温で施術でき、メラニン色素に反応するタイプではないため、日焼けした肌やうぶ毛にも脱毛が可能です。

4-3.ヤグレーザー

ヤグレーザーは波長が長いので皮膚の奥まで届きやすく、根が太い毛にも効果があるといわれています。

メラニン色素に反応しにくいため、もともと色黒な方や色素沈着による黒ずみがある部位にも照射でき、VIO脱毛に使われることもあります。

5.数ある脱毛の種類から自分に合った方法を選ぼう!

脱毛の種類をたくさん紹介しましたが、それぞれの特徴やメリット・デメリットが把握できましたか?

人によってはデメリットが大きいものがあるため、満足できる脱毛ができるように脱毛の種類を比較検討してみてください。

自分にはどの方法があっているのか迷ったら、まずはカウンセリングで相談してみるのがおすすめです。効果や料金などを考慮して、無理なく継続できる方法を選びましょう。

光脱毛は、脱毛にかかる費用を抑えたい方や、痛みをできるだけ抑えたい方におすすめの脱毛方法です。

もし光脱毛を検討しているなら、痛みや回数でメリットが多いストラッシュのSHR脱毛を選択肢に入れてみてください。

ストラッシュの脱毛について

プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方 プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方

無料カウンセリング予約

人気記事

関連記事

おすすめ記事ランキング

カテゴリ一覧

ストラッシュの
お得な割引プラン