脱毛は日焼けしているとできないの?日焼けにも対応できるサロンはある?

Pocket

日焼けをしていると脱毛はできない、というイメージがあります。実際、サロンによっては、日焼けをしていると施術をしないルールにしているところも多いのです。そこで、なぜ日焼けすると脱毛できないのか、脱毛後に日焼けをしてはいけないのかなどを解説します。また、日焼け肌への対策、日焼けしていても脱毛できるサロンを紹介します。

1.光脱毛するなら日焼けしないほうがよい理由とは?

一般的な光脱毛では、脱毛前や期間中には日焼けをしないほうがよいとされています。なぜそうなのか、ここでは主な理由を2つ紹介します。

1-1.痛みを感じやすくなる

光脱毛をする場合、日焼けをしないほうがよい理由の1つ目は、脱毛中や脱毛後に痛みを感じやすくなるからです。一般的な光脱毛の痛みについては「輪ゴムを弾いたような痛み」などと表現されますが、日焼けをした状態で施術を受けると、それ以上の痛みを感じることもあり得ます。なぜかというと、日焼けした肌は一般的に乾燥しており、温度が上がりやすい状態になっているからです。光脱毛では熱の刺激が加わるため、乾燥した肌であると、より熱さや痛みを強く感じる人が多いといわれています。

日焼けで肌が乾燥してしまう原因には、紫外線を浴びることで肌のバリア機能が弱くなり、水分を保持しにくくなることが挙げられます。また、暑い季節になると大量の汗をかくことにより、肌を健やかに保つ成分も一緒に排出してしまうことも原因です。特に、日焼けをすると赤くなりやすい人は乾燥を引き起こしやすく、脱毛時に強い痛みを感じることがあるので注意しましょう。

1-2.肌トラブルを起こしやすい

光脱毛をするときに日焼けを避けたほうがよい理由の2つ目は、施術後に肌トラブルを起こしやすいからです。日焼けというのは軽いヤケドと同じ状態といわれており、そのような肌が弱った状態のときに外部から刺激を与えると、肌トラブルの原因になってしまうのです。脱毛である程度の負担が肌にかかってしまうのは仕方がありません。ただ、肌が弱っているときは、なるべく脱毛はしないほうがよいのです。

肌にダメージを与えるのは、光脱毛の施術時に加わる熱です。日焼けをしていると光脱毛で強い痛みを感じることもありますが、このようなときは、実際に肌がダメージを受けている可能性が高いことも知っておきましょう。日焼けした状態での脱毛や脱毛後の日焼けで現れる肌トラブルには、色素沈着やシミなどが挙げられます。特に肌の弱い人は、日焼け対策をいつも以上にしっかりと行いましょう。

2.光脱毛をした後の日焼けには注意しよう!

光脱毛の施術が完了した後でも日焼けは禁物です。光脱毛は熱を加えて施術するため、脱毛後の肌の中には熱がこもっているからです。光脱毛によって血行が促進され、こもった熱が冷めにくくなっている状態で強い日差しを浴びてしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまいやすいので気を付けましょう。

日差しの他にも、肌をよりほてらせてしまうような行動は避けるべきです。たとえば、アルコールの摂取や激しい運動は血行を促進してしまうので、光脱毛後にはできるだけ控えましょう。また、入浴も血行を促進するうえ、直接お湯があたるため肌に熱を与えてしまいます。肌への負担が少ないシャワーのほうが、光脱毛の後に適しています。

3.日焼けしたときの肌ケアは?

日焼けをしてしまったら、ほてりや軽度の炎症を抑えるために、ガーゼやタオルなどを冷やしてあてるのが効果的です。日焼けは軽度のヤケドといわれているので、症状が出ている部分を冷やすのが基本です。ただし、冷却シートや氷袋など、冷たすぎるものを直接肌にあててしまうと、肌へのダメージを悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。

肌への保湿も大切です。乾燥肌は光脱毛で痛みを感じやすい原因にもなりますから、普段よりも多めの化粧品で保湿ケアを心がけることが重要です。ただし、肌への刺激をできるだけ少なくするために、パッティングは控えたほうがよいといえます。

食生活による肌ケアの方法もあります。特に肌へ好影響を与えるといわれているビタミンCを意識的にとるのが効果的です。ビタミンCにはメラニン(肌に黒い色素を発生させる成分)の素になるチロシンを抑制する抗酸化作用があるとされています。一般的な光脱毛は黒い色素に反応して熱を発生させる方式のため、ビタミンCを含むサプリメントや飲物などを積極的に摂取して、肌への負担をなるべく抑えましょう。

4.日焼けしていても脱毛できるサロンを紹介!

日焼けをしていると、サロンから脱毛を断られてしまうこともしばしばです。比較的軽度の日焼けであったりボディメイクの一環として日焼けをしていたりする人は、不便に感じることもあるでしょう。一般的な光脱毛の機器では、肌のダメージに合わせて強弱をコントロールすることが難しいので、ある程度仕方がないのです。

しかし、「ストラッシュ」では、光脱毛ではなく最新の「SHR脱毛」を導入しているので、日焼けをしていても施術を受けることが可能です。一般的な光脱毛の機器が黒い色素に反応する方式であるのに対し、SHR脱毛は毛包に直接作用する方式なので、日焼けしていても施術を受けることができます。

日焼け(黒い色素)によって過剰に強く反応しにくいため、熱さや痛みを強く感じることもありません。さらに、光の強さを4段階に細かくコントロールできるので、部位によって強さを調整するなど、よりダメージの少ない脱毛が可能です。体感的には温かさを感じる程度といわれているので、痛みに不安を感じる人におすすめできます。

日焼けしていても脱毛できるサロンを選ぼう!

日焼けしていると光脱毛をしてもらえないサロンも少なくありません。ストラッシュなら、日焼けしていても脱毛ができ、肌へのダメージも少なく抑えられます。日焼けした肌に向かない機器で無理に脱毛をしてしまえば、痛みを感じるだけでなく、黒ズミやシワとなって、長い間肌の悩みを抱えてしまうことになりかねません。ストラッシュのSHR脱毛で、快適に安心して脱毛をしてはどうでしょうか。

ストラッシュの脱毛について

プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方 プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方

無料カウンセリング予約

人気記事

関連記事

おすすめ記事ランキング

カテゴリ一覧

ストラッシュの
お得な割引プラン