脱毛は痛い?痛みを感じやすい部位・抑える方法を知って効率よくムダ毛をケアしよう

Pocket

自己処理の負担軽減や、肌への負担を減らすために脱毛に挑戦したいけれど、強い痛みを感じるのではと不安に思う方は少なくありません。
脱毛できれいな肌を目指せるとしても、痛みを我慢するのはストレスになってしまいますよね。そのため、脱毛が本当に痛いのかどうか、事前に知って不安を取り除いておくことをおすすめします。

この記事では、そもそも脱毛は痛いのかどうか、どのような部分の脱毛が痛いのかなどを徹底解説します。痛みの原因についても解説していくので、脱毛による痛みを減らしたい方は必見です。

1.脱毛はやっぱり痛い?

まずは、そもそも脱毛は本当に痛いのかというところから解説していきます。痛みの感じ方には個人差がありますが、脱毛未経験の場合、脱毛=痛いというイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?

電気針を毛穴に刺して脱毛施術をするニードル脱毛が主流だった時代に比べて、現代の脱毛の痛みは軽減されてきています。そのため、昔脱毛を受けて痛かったと記憶している方が、現代の脱毛を受けてみると思ったより痛みが少なくて驚いたというケースがあります。

ただ、技術の進歩で痛みが軽減されてきているとはいえ、脱毛する部位によっては痛みを感じやすいことも。続いて、脱毛で痛みを感じやすい部位を詳しくみていきましょう。

2.脱毛で痛いと感じやすい部位

脱毛の痛みは「輪ゴムで弾かれた時の痛み」と表現されることがありますが、脱毛で痛みを感じるかどうかは部位によっても異なります。一般的な脱毛方法では基本的にメラニン色素に反応するので、メラニン色素が強い部位は痛みを感じやすい傾向にあります。

どういった部位だとメラニン色素が強く、痛みを感じやすいのでしょうか?続いて、一般的に痛みを感じやすいとされている部位を解説していきます。

2-1.毛が太く密着しているVIO

デリケートな箇所であるVIOは、毛が太いうえに毛量が多いため痛みを感じやすい部位です。特にVラインとIラインは皮膚が薄いので、他の部位よりも痛みを強く感じやすいでしょう。

VIOの自己処理を繰り返し行っている方の場合、強く色素沈着をしているケースがあります。一般的な光脱毛では色素沈着をしている部分にもダメージが出るので、VIOは特に痛みを感じやすい部位といえます。

2-2.頻繁な自己処理で色素沈着が起きやすいワキ

ノースリーブの洋服を着た際などに目立ちやすく、脱毛施術を受ける方の多い箇所であるワキは、毛が密集していて非常に濃く、毛も太いため痛みを感じやすくなっています。

さらに、ワキはVIO以上に日頃から自己処理をしている方が多い部位。自己処理による色素沈着に加えて、衣服の擦れや摩擦などで色素沈着しているケースが多いので、痛みを感じる可能性は高いです。

2-3.骨に近く痛みを感じやすい顔

額・鼻下・あご・眉間などは骨に近いため痛みを感じることがあります。加えて、顔は他の箇所と比べてデリケートで肌が薄いので、痛みが出やすい場合もあるでしょう。

顔の毛自体は産毛程度に薄いものの、骨に響くような痛みがあることも。色素沈着した肌よりは痛みが少ない傾向にありますが、鼻下や眉間などの毛が濃い方は、さらに痛みを感じる可能性が高くなります。

3.医療脱毛と脱毛サロンでの施術はどちらも痛い?

続いて脱毛方法による痛みの違いを見ていきましょう。

医療脱毛と脱毛サロンだと、医療脱毛のほうが痛みを感じやすい傾向にあります。一方、脱毛サロンで主に使われる脱毛機は照射パワーが弱く、痛みを抑えることが可能。

脱毛効果が出るのはやや穏やかな場合が多いですが、痛みが苦手な方は脱毛サロンでの施術を検討するのもおすすめです。

「ストラッシュ」が導入しているSHR脱毛は、バルジ領域と呼ばれる部分にダメージを与えるというもの。従来の毛根へダメージを与える光脱毛よりも痛みが少ないため、より痛みを抑えたい方におすすめしたい脱毛方法です。

4.脱毛で痛いと感じる理由は他にもある?

ここまで脱毛で特に痛みを感じやすい部位や、脱毛方法による痛みの違いを見てきましたが、脱毛で痛みを感じるのはそれ以外にも要因があります。自分で防げる原因もあるので、事前に知っておくべきポイントといえるでしょう。

続いて、脱毛時に痛みが出やすくなる肌や身体の状態について解説していきます。これらの原因を防いで、脱毛時の痛みを最小限に留めましょう。

4-1.肌が日焼けしていると痛みを感じやすい

光脱毛では熱の刺激が加わるため、日焼けをして肌が乾燥していると、熱さや痛みをより強く感じやすくなります。そのため、日焼けをしている方の場合は施術自体を断っているサロンも多くあります。

また、紫外線を浴びた肌はバリア機能が落ちているので、施術後の肌トラブルが起きやすくなる可能性も。日焼けしている時は、なるべく施術を避けるか、ストラッシュのように日焼けをしていてもダメージを最小限に施術を受けられるサロンを選びましょう。

4-2.肌が色素沈着を起こしていると痛いと感じやすい

メラニン色素に反応する脱毛方法では、色素沈着を起こしている肌ほど機械がそれに反応して痛みを感じやすくなります。そのため、カミソリなどによる自己処理で肌が色素沈着していると、より痛みを感じる場合があります。

なかでも自己処理をする方が多いワキやVIOは色素沈着が起きやすく、長年自己処理を繰り返している方ほど、痛みを感じる可能性が高くなります。

4-3.脱毛時に生理前や生理中だと痛いと感じやすい

生理前や生理中はホルモンバランスの乱れにより肌が敏感になりやすい時期。この期間は普段肌トラブルが起こらない方でも、少しの刺激で肌に赤みが出たり、荒れてしまったりすることがあります。

生理中でもVIO以外は基本的に施術が可能ですが、肌トラブルを抑えるためにも控えることが推奨されています。照射レベルを下げれば痛みを抑えることも可能ですが、同時に脱毛効果も下げてしまう点を押さえておきましょう。

4-4.が乾燥していると痛いと感じやすい

肌が乾燥しているとバリア機能の低下により敏感になるため、痛みを感じやすくなります。乾燥している肌は少しの刺激でも敏感に感じ取ってしまって、普段は痛みを感じない方でも痛みが増してしまう場合があるので、乾燥はできる限り避けましょう。

また、乾燥している肌は肌トラブルを起こしやすく、施術後の炎症にも繋がってしまうので、日頃からしっかりと肌の保湿を行うことが大切です。

5.脱毛時の痛みを抑えるためには?

ここまでで紹介した通り、脱毛時の痛みを軽減させるためには、肌が痛みを感じやすい状態にしないようにすることが大切です。

しかし、それでもまだ痛みが心配という方もいらっしゃるかもしれません。続いてはそんな方に試していただきたい方法を解説していきます。

5-1.医療脱毛なら麻酔を使用する手もある

医療脱毛であれば、笑気ガスという鼻から吸うタイプの麻酔や、部分的に痛みを抑えられる麻酔クリームなどの麻酔を利用して施術をしてもらうという方法もあります。

麻酔によって痛みを減らし、リラックスして施術を受けられるのがメリットですが、追加料金がかかる場合もあるので、コストを抑えたい方は注意が必要です。

また、医師に相談したうえで麻酔を使用するようにしましょう。

5-2.脱毛サロンなら使用する脱毛機にも注目しよう

脱毛サロン同士を比べてみると、使用する脱毛機によっても痛みの違いがあります。「ストラッシュ」が導入しているSHR脱毛は、毛根をはじめとした黒い色素ではなく、バルジ領域をターゲットにするので痛みを感じにくいのが特徴的です。

痛みを抑えながらも脱毛効果を期待することが可能なので、痛みの少ない脱毛サロンをお探しなら、要チェックです。

6.脱毛の痛みは軽減する工夫もできる

今回は脱毛の痛みについて、どのような部分の脱毛が痛いのか、その原因や解決方法などを解説してきました。

脱毛の痛みには個人差がありますが、VIOやワキといった毛の太い部位は比較的痛みを感じやすい部位として挙げられます。しかし、ほとんどのクリニックやサロンで痛みを抑える工夫がされています。

どうしても痛みが心配な場合は、肌の状態に注意したり、生理期間中の照射を避けたりといった工夫をしてみるのがおすすめ。さらにSHR脱毛なら光脱毛のなかでも痛みが少ないので、痛みを極力押さえたい方はぜひ検討してみてくださいね。

ストラッシュの脱毛について

プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方 プロが教える!失敗しない!脱毛サロンの選び方

無料カウンセリング予約

人気記事

関連記事

おすすめ記事ランキング

カテゴリ一覧

ストラッシュの
お得な割引プラン