全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

脱毛のメリットとデメリット 自己処理との違いを知って自分に合った脱毛を

190814_%e5%be%b3%e5%9d%82%e6%a5%8a%e6%9e%9d


 

脱毛する際に、サロンで脱毛する人と「脱毛サロンはお金がかかる」「自宅でも時間がかからず処理できる」という理由から自己処理を続けている人もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな脱毛サロンと自己処理での脱毛の違いは気になるところです。一体どんな違いがあるのでしょうか。脱毛のメリットとデメリットだけでなく、全身脱毛と部分脱毛のメリットとデメリットも踏まえながら、あなたにぴったりの脱毛方法をご紹介します。

目次サロンでの脱毛と自己処理のメリット・デメリット‐ 脱毛のメリット‐ 脱毛のデメリット‐ 自己処理のメリット‐ 自己処理のデメリット

全身脱毛と部分脱毛のメリットとデメリット‐ 全身脱毛のメリット‐ 全身脱毛のデメリット‐ 部分脱毛のメリット‐ 部分脱毛のデメリット

あなたにぴったりの脱毛方法とは?

まとめ

サロンでの脱毛と自己処理のメリット・デメリット

経験豊富なスタッフによる、肌ケアを含めた脱毛サロンでの脱毛と、シェーバーなどを使って行なう自己処理では様々な違いがあります。もちろん、メリットとデメリットがありますから、あなたに合った脱毛方法はどちらかを確認してみてください。

サロン脱毛のメリット

今では脱毛は一般的になっているため、その種類や特徴も様々です。昔から取り入れられているブラリジアンワックス、最新の医療レーザー脱毛、光脱毛、最新のSHR脱毛などがありますが、脱毛サロンでのお手入れは、自己処理よりも肌のダメージが少なく、安全に脱毛を行なうことができるというメリットがあります。

しかも、サロン脱毛なら、肌のトーンを明るく見せるにはどうしたら良いか、肌を傷つけない脱毛方法など、肌に余計な負担がかからないため、健康でキレイな肌を保つことができます。SHR脱毛の場合、産毛の脱毛も可能です。日本人は、産毛がほんのり黒いので、脱毛しないと肌がくすんで見えるのですが、肌のダメージを最小限に抑えて脱毛することで、肌がパッと明るく見えるようになります。スベスベでキレイな肌を手に入れられるのがサロンでの脱毛の最大のメリットです。

また、低価格ではじめられて、職場や自宅に近くて通いやすい脱毛サロンを見つけられれば、手間と肌へのリスクを考えると、サロン脱毛はコストパフォーマンスの面でも優れていると言えるでしょう。

サロン脱毛のデメリット

健康でキレイな肌を手に入れられるサロン脱毛ですが、デメリットもあります。医療レーザー脱毛1回での施術での効果は高いですが、その分、自己処理や他の方式の脱毛サロンと比べるとコストがかかります。

また、光脱毛(IPL脱毛、プラズマ脱毛など)は、医療レーザーに比べると、安く施術でき、施術できるサロンも多いため、通いやすい場所を見つけられるのが魅力ですが、期間がかかるのがデメリットです。通常は、施術してから1〜2週間くらい経ってから光を当てた部分の毛が抜けおちます。徐々に毛を弱らせて減らしていくため、毛周期に則って行わなければならず、1ヶ月半から2ヶ月ほどしてまた施術を受ける必要があります。

これに対し、SHR脱毛(Super(「スーパー」) Hair(「毛」) Removable(「除去できる」)の頭文字をとり、SHR脱毛といいます。)の場合、マシン自体が高額のため、まだまだ導入しているサロンが少なく、限られたサロンでしか施術を受けられないことがデメリットになります。

このようにサロン脱毛では、金額の面とサロンに通うという時間的なデメリットがあります。

自己処理のメリット

脱毛が一般的になってきたことで、様々な脱毛グッズが販売されており、自己処理を続けている人も多くいらっしゃいます。方法も、手軽な毛抜きやカミソリを使っての処理から、脱毛剤やワックス脱毛、家庭用脱毛器まで本当に様々です。サロン脱毛と比べて、自宅で行なえるため通う手間もなければ、高額な費用が発生することもありません。中には家庭用脱毛器のように決して安価ではないものもありますが、サロンで脱毛するために通う費用と比べたら、それほど高額になることはありません。

自己処理のデメリット

時間とお金がかからない脱毛の自己処理ですが、カミソリや毛抜きなどは、長年つづけることで肌への負担が大きいというデメリットがあります。カミソリ負けや色素沈着、乾燥、埋もれ毛など、肌荒れの原因をつくります。

自分の目に見える範囲の脇や手足、お腹周りのムダ毛くらいであれば比較的簡単に自己処理ができますが、鏡を使わないと見えない背中やうなじ、さらには、もともと肌が弱いデリケートゾーンなど、自分では脱毛が難しい範囲の処理となると、しばしば肌トラブルを起こしてお肌を痛める原因になります。ひどければ、雑菌が入って化膿したり、やけどをしてしまう、などのトラブルが生じることもあります。また、剃り残しが発生しやすいのもデメリットです。

全身脱毛と部分脱毛のメリットとデメリット

サロン脱毛と自己処理のメリットとデメリットが分かったところで、次に気になるのが、全身脱毛と部分脱毛のそれぞれのメリットとデメリットではないでしょうか。そんな全身脱毛と部分脱毛には一体どんな違いがあるのか、そのメリットとデメリットをお伝えします。

全身脱毛のメリット

まず初めに、全身脱毛とは、「顔を除く全身のムダ毛をお手入れすること」を指します。もっと具体的お伝えすると、両ワキ、両腕、両手の甲と指、両足、VIOなどのデリケートゾーン、ヒップ、背中、うなじ、などです。

全身脱毛であれば、気になる箇所がたくさんある場合は、全身のムダ毛をまとめてお手入れできるメリットがあります。全身の脱毛を一度にスタートできるので、時間的なムダもなく、最短で脱毛することができます。

また、背中や襟足、ヒップなど自己処理が難しい場所もキレイに脱毛することができます。特にVIOラインの自己処理は、ケガをするリスクや、お手入れ後に生えてきた毛でチクチクしたり、肌荒れのトラブルを引き起こしたりする可能性がありますが、全身脱毛を行なう脱毛サロンであれば、経験豊かなスタッフがお手入れしてくれることで、肌トラブルを心配することなく、全身スベスベのお肌を期待することができます。

全身脱毛のデメリット

全身つるスベ肌を期待できる分、部分脱毛に比べてコストがかかってしまうことがあります。全身の脱毛を一度にスタートできることで、時間的なムダを省き、最短で脱毛することができるのが全身脱毛のメリットですが、広範囲の脱毛を、時短で行なうには、やはり部分脱毛に比べて高額になりやすくなります。

部分脱毛のメリット

部分脱毛は全身脱毛と比べて、コストをコントロールできることが特徴です。気になる箇所を手軽な価格で脱毛できるので、利用しやすいというメリットがあります。全体的に毛の量が薄い人であれば、自分で必要な箇所だけをカスタマイズして脱毛することができることで、全身脱毛よりコストをグッと抑えることができます。

部分脱毛のデメリット

自分で必要な部分だけをカスタマイズできる部分脱毛ですが、脱毛をすすめていくうちに、最初は気にしていなかった部分まで気になり、ワキや足だけでは物足りず、徐々に腕や背中、VIO、ヒップなど次々にやりたくなってしまうケースがあります。脱毛の範囲が広がってしまう場合は、最初から全身脱毛にした方が、結局は費用だけでなく、脱毛にかかる期間も少なく済ませられたのに…ということにもなりかねません。

あなたにぴったりの脱毛方法とは?

merit_demerit_500x333
人によって脱毛箇所やかけられる費用が異なるため、どの脱毛方法がぴったりなのかは異なります。それぞれ、コストと時間の面から考えてみましょう。

◾︎自己処理がぴったりタイプ

もしあなたが、コストはかけたくないけど、時間をかけても良いという場合は、自己処理がオススメです。肌トラブルを起こしやすいというリスクはありますが、毛抜きやカミソリ、脱毛剤やワックスであれば、比較的安価に手に入れることができます。

◾︎部分脱毛がぴったりタイプ

もしあなたが、コストはかけたくないけど、脱毛に時間もかけたくないという場合は、部分脱毛がオススメです。コストをコントロールすることができ、気になる箇所を手軽な価格で脱毛することが可能です。自己処理する場合よりも、手間暇をかけることなく脱毛することができます。

◾︎家庭用脱毛器がぴったりタイプ

もしあなたが、コストはかけられるけど、脱毛サロンに通う時間はかけられない場合は、家庭用脱毛器がオススメです。自宅で、好きな時に脱毛することができるのが特徴です。最近では様々な種類の家庭用脱毛器が販売されていることで、脱毛できる部位も増えています。ただし、決して安い買い物ではないので、よく調べてから購入されることをお勧めします。

◾︎全身脱毛がぴったりタイプ

もしあなたが、コストはかかっても、時短で脱毛したいという場合は、全身脱毛がオススメです。全身の脱毛を一度にスタートできるので、時間的なムダもなく、最短で脱毛することができます。また、背中や襟足、ヒップなど自己処理が難しい場所もキレイに脱毛することができ、肌トラブルを心配することなく、全身スベスベのお肌を期待することができます。

まとめ

脱毛が一般的になってきたことで、脱毛サロンの費用も下がり、手間暇や肌トラブルに対するコスパの面から、自己処理からサロンで脱毛することが主流となっています。つるすべ肌を期待できる上に、肌トラブルを少なくすることができるので、今まで自己処理しかして来なかった場合は、ぜひ、脱毛サロンで脱毛してみることをオススメします。また、気になる脱毛箇所が多く、時短を重視する場合は、全身脱毛が向いているのではないでしょうか。もちろん、コストをかけたくない、でも、気になる箇所はキッチリ脱毛したいなら、部分脱毛がオススメです。生活スタイルから、コストと時間のバランスで考えてみてはいかがでしょうか。

ページTOPへ