全身脱毛サロンのSTLASSH(ストラッシュ)【全国展開中】

脱毛サロンの新常識ストラッシュ
無料カウンセリング予約

全身脱毛を早く・短期間で終えたいなら知っておくべきポイント

shutterstock_153370808


全身脱毛は、脱毛完了までに時間がかかると思っていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。実際、どれくらいの期間で脱毛が完了するのか、なぜ長い時間がかかるのか、どれくらいの回数通えばキレイになるのか、具体的な時間や回数、通う頻度など、短期間で脱毛を考えている場合は気になるところです。そこで、今回、全身脱毛が完了するまでにかかる期間やペース、最短で全身脱毛を終わらせる方法はあるのかなど、早く、短期間で終えたいなら、知っておくべきポイントをご紹介します。

目次全身脱毛に時間がかかってしまう理由 ‐ 脱毛ができない期間がある ‐ 毛周期 ‐ 日焼け ‐ けが、乾燥など ‐ 予約が取れない ‐ 脱毛したい部位が増えてしまう

最短で早く終わらせるためのポイント ‐ 脱毛ができない期間が短い脱毛方法を選ぶ ‐ 毛周期を気にしなくていい ‐ 日焼けしていても脱毛できる ‐ 予約の取りやすいサロンを選ぶ ‐ 部位脱毛ではなく全身脱毛にする

まとめ

全身脱毛に時間がかかってしまう理由

そもそも全身脱毛に時間がかかるのは、脱毛範囲が広いことが理由です。毛の太さや硬さ、濃さなど個人差はありますが、それぞれの部位で毛の成長の早さも異なります。まずは正しい脱毛サイクルを知ることが、最短で全身脱毛を完了するには大切です。

脱毛ができない期間がある

脱毛を最短で終わらせたいなら、毎日脱毛すれば良いのでは?と思うことがあるかもしれません。でも、実は、光脱毛やレーザー脱毛の場合、毛周期を無視した無理な施術は、効果が無いばかりか、肌に負担をかけてしまうことがあります。肌を痛めてしまうことで、施術を受けられない期間が発生し、余計に時間がかかり、脱毛サロンやクリニックに通う回数が増えてしまうことにもなります。そのため、脱毛を完了させたり、お肌のお手入れが楽な量までムダ毛を減らすには、毛周期に合わせて脱毛をしていくのが安全です。そこでまずは、ムダ毛が生えてくる仕組み、毛周期から説明していきます。

毛周期

毛には、成長期、退行期、休止期と3つの時期があり、これを毛周期といいます。この毛周期の長さは体の部位によってそれぞれ異なり、同じ部位の中でも成長期の毛もあれば休止期の毛もあるなど様々です

それでは、毛周期を詳しく見ていきましょう。

【成長期】毛根から栄養を吸収して毛が成長する時期。
【退行期】毛の成長が終わり、伸びきった時期。
【休止期】毛が抜けた時期。

毛が毛根から栄養を吸収して新しく生まれ、伸びていく期間が「成長期」です。毛は皮膚の下で育って、一定の長さまで皮膚から出て伸びていきます。この成長期の後は「退行期」と呼ばれ、毛の成長が止まって抜け落ちるまでの期間を指します。そして、最後の「休止期」とは、毛が勝手に抜け落ちて、成長期に入るまでの期間になります。

ちなみに、ムダ毛を自己処理する時の毛は、「成長期後期」と「退行期」の毛の2種類があります。この肌の表面に出ている毛の割合は、体の部位ごとで異なります。例えば、ワキ毛であれば、成長期の長さは3~5ヶ月、退行期・休止期の長さも3~5ヶ月で、表面に出ている毛の割合は30%くらいだと言われています。これが、足や腕であれば、成長期の長さは4~5ヶ月、退行期・休止期の長さも4~5ヶ月で、表面に出ている毛の割合は20%くらい。VIOであれば、成長期の長さは1~2年、退行期・休止期の長さは1~1年半で、表面に出ている毛の割合は30%くらいです。つまり、皮膚の表面に出てきていない70%くらいの毛は、皮膚の下で育っている最中ということになります。ですから、ムダ毛をせっかく処理しても次の日にはまた生えてきてしまうのです。

ムダ毛を永久に生えないようにするために、最短で脱毛したくて、たとえば毛周期を無視して頻繁にクリニックや脱毛サロンに通ったり、毎日自己処理したり、家庭用脱毛器を毎日使ったとしても、実は脱毛効果は上がらず、逆に肌への負担ばかりが増えてしまいます。脱毛方法によって、脱毛するのをあける期間は様々ですが、一般的な他のサロンでしたらだいたい1ヶ月半〜3ヶ月に1回のペースで脱毛することをオススメしています。もちろん、個人差がありますから、毛周期に合わせた予定は脱毛サロンやクリニックのスタッフと相談しながら予定を立ててください。

それとは別に、お肌のコンディションを整えておかないと、実は脱毛を行なえなくなってしまうこともあります。

日焼け

お肌の水分量が、実は脱毛施術の効果を左右するといわれています。特に日焼けをしている肌は、肌に炎症がある状態です。日焼けによるダメージを受けていたり、日焼けにより肌が黒くなってしまっていると、脱毛効果は現れにくく、脱毛施術を断られることがあります。一般的な他のサロンの全身脱毛の場合、1回の施術が数ヶ月に1回ということもあり、1回キャンセルしてしまうと、かなり長い期間、脱毛施術を受けられないことになってしまいます。また、1回の施術で脱毛できる範囲はサロンやクリニックごとに異なります。できるだけ回数を減らさないように、日焼けは避けるようにしましょう。

けが、乾燥など

日焼けだけでなく、ケガや肌が乾燥している場合、脱毛施術を受けられないことがあります。それは、肌のバリア機能が低下していることが理由です。乾燥やけがで敏感になった肌に光照射すると痛みを感じやすくなります。また、照射によって肌の中で炎症を起こすため、より乾燥が進んでしまったり、けがの治りが遅くなってしまうことがあります。そのため、他の脱毛サロンの場合、けがや皮膚の乾燥が強い場合は、脱毛することができません。他の脱毛サロンではNGになってしまうケースが多いです。医療クリニックであれば、脱毛してくれることもありますが、自己責任で行なうことになり、リスクがともないます。お肌の乾燥やけがは、日頃からお肌の保湿につとめておくと避けられますから、お風呂上がりなどは特に気をつけてお手入れをしておきましょう。

予約が取れない

一般的に脱毛サロンの主流は光脱毛です。光脱毛は医療レーザーに比べて照射温度が約70℃程度と低く効果が弱いため、毛周期に合わせて1~3ヶ月ごとに定期的に通い続けることが大切です。そこで大切になるのが、予約が取りやすいサロンやクリニックです。スタッフが次の予約時期を指定してくれる脱毛サロンやクリニックであれば、それに合わせて次回の予約を取ることをオススメします。もし特に指定されないのであれば、3ヶ月以内に1回の目安で予約を取るようにしましょう。

ここで注意しておきたいのが、安い料金のサロンで契約することが必ずしもベストではないということです。料金が安いからという理由で契約してしまうと、毛周期に合わせた脱毛ができない場合があります。全身脱毛の場合は、脱毛効果があまり得られないと通う回数が増えて、高額になってしまいます。それが全身脱毛を途中で諦める原因にもなってしまいます。ですから、契約前に3ヶ月に1回程度の予約を確実に取れる脱毛サロンやクリニックなのか聞いておきましょう。またキャンセルした場合の次の予約の取りやすさも合わせて確認しておくと良いでしょう。

脱毛したい部位が増えてしまう

全身ツルツルの美肌を目指す全身脱毛であれば、問題ありませんが、部分脱毛をする場合、脱毛したい部位が増えてしまって、結局、満足がいく脱毛効果を得られるまでに長期間かかってしまうことがあります。全身脱毛であれば、気になる箇所がたくさんある場合、全身のムダ毛をまとめてお手入れできるメリットがあります。またさらに、全身の脱毛を一度にスタートできるので、時間的なムダもなく、最短で脱毛することができます。

もちろん、全身脱毛は早く脱毛を完了させるために効果的な選択かもしれませんが、費用の面でいきなり全身脱毛は・・・という場合もあると思います。そんな時はスタッフの方に全身脱毛と自分が望む範囲の部分脱毛を行なった場合で、費用と期間の比較を出してもらってはいかがでしょうか。どちらがお得なのかが分かれば、あなたにぴったりのプランで脱毛ができます。

最短で早く終わらせるためのポイント

脱毛期間を短くしたい場合、毛周期に関係なく脱毛できる方法を選択するというのも1つの手です。従来の光脱毛、医療レーザー脱毛は毛周期に合わせる必要があるため、どうしても長期間脱毛が完了するまでにかかってしまいます。でも、毛周期を無視して脱毛施術ができれば、最短6ヶ月でツルスベ美肌を手に入れることが可能です。その方法とポイントをお伝えします。

脱毛ができない期間が短い脱毛方法を選ぶ

SHR脱毛なら、2週間〜1ヶ月のペースでお手入れができて、完了まで早くて6ヶ月といわれています。従来の光脱毛や医療レーザー脱毛が、2~3ヶ月のペースで通わなければいけないのに対し、その半分以下の頻度で通えて、さらに効果も期待できるのは嬉しいですよね。しかも、1回の照射時間も60分と、光脱毛やレーザー脱毛が3~4時間かかるところの3分の1以下の時間で済むので、仕事帰りに脱毛サロンにちょっと寄って帰ったりできるなど、あなたのライフスタイルに合わせて通えてオススメです。

毛周期を気にしなくていい

一般的なレーザー脱毛や光脱毛は、黒いメラニン色素に反応させて脱毛をするため、毛の成長期のときにしか脱毛をすることが出来ません。そのため、毛周期の「成長期」に合わせて脱毛をする必要があります。

一方、SHR脱毛は、毛包を刺激する脱毛方法なので、毛周期に関係なく、成長期、退行期、休止期の全ての期間に脱毛ができます。そのため、短期間に脱毛を完了させることが可能です。つまり、脱毛の効果の実感と早さを求めるならSHR脱毛がベストな選択かもしれません

日焼けしていても脱毛できる

従来の医療レーザー脱毛や光脱毛は、黒いメラニン色素に反応させて毛根にダメージを与える方法ですが、SHR脱毛は、毛包や発毛の司令塔「バジル領域」にダメージを与えて、発毛の命令を出にくくすることで、毛が生えてこないようにする脱毛方法です。つまり、SHR脱毛なら、メラニン色素にダメージを与えず、バルジ領域にダメージを与えるため、日焼け肌でも全く問題がないのです。日焼けしていても脱毛できるため、夏の海に出かけられないという楽しみを我慢しなければいけないというストレスもありません。

予約の取りやすいサロンを選ぶ

せっかく脱毛をはじめても、予約が取りにくく計画通りに脱毛ができないことがあります。それは困りますよね。実際に、「夏までに終わらせたかったのに・・・」や、「予約キャンセルしたら4ヶ月先まで予約が埋まっていて取れない・・・」なんてことも良くあります。

予約の取りやすい脱毛サロンを選ぶのは必須ですが、どこに気を付けたら良いのかは悩むのではないでしょうか。そこで、いくつかポイントをお伝えします。

1回の施術時間が短い
1回の脱毛にかかる施術の時間が短ければ、それだけ回数が多いので予約を取りやすくなります。

店舗数が多い
店舗数が多ければ、通えるお店が増えるので、空いている店舗で脱毛施術を受けられます。また、自分が通いやすい立地に店舗があれば、移動時間を節約することもできます。

ネット予約に対応している
電話だけの予約の場合、スタッフが電話に出れず、せっかく空いていても予約を入れられないことがあります。でも、ネット予約なら空き状況をリアルタイムで確認できるので、予約が取りやすくなります。

営業時間が長い
一般的に、平日の夕方から夜の時間帯は予約が埋まりやすい傾向にあります。ですから、夜遅くまで、もしくは午前中もやっているサロンがあれば、予約が取りやすいのでオススメです。

ちなみに、SHR脱毛の場合、その機械を置いているサロンがまだ少ないので、店舗が少ないことはデメリットですが、ストラッシュでは独自の予約管理システムがあるため、予約がスムーズに取れます

部位脱毛ではなく全身脱毛にする

部位脱毛であれば、気になる箇所を手軽な価格で脱毛できるので、利用しやすいというメリットがあります。でも、脱毛をすすめていくうちに、最初は気にしていなかった部分まで気になり、ワキや足だけでは物足りず、徐々に腕や背中、VIO、ヒップなど次々にやりたくなってしまうケースがあります。脱毛の範囲が広がってしまう場合は、最初から全身脱毛にした方が、結局は費用だけでなく、脱毛にかかる期間も少なく済ませられたのに…ということにもなりかねません。

それに比べて全身脱毛であれば、気になる箇所がたくさんある場合は、全身のムダ毛をまとめてお手入れできます。さらに、全身の脱毛を一度にスタートできるので、時間的なムダもなく、最短で脱毛することができます

また全身脱毛であれば、背中や襟足、ヒップなど自己処理が難しい場所もキレイに脱毛することができます。特にVIOラインは、ケガをするリスクや、お手入れ後に生えてきた毛でチクチクしたり、肌荒れのトラブルを引き起こしたりする可能性がありますが、全身脱毛であれば、経験豊かなスタッフがお手入れしてくれることで、肌トラブルを心配することなく、全身スベスベのお肌を時短で手にすることが可能です。

まとめ

今までは医療レーザー脱毛や光脱毛は、毛周期の成長期に合わせて脱毛をする必要があり、毛周期に合わせて脱毛するため、どうしても全身脱毛が完了するまでには2~3年と長い期間が必要でした。ところが、最新のSHR脱毛であれば、毛周期も日焼けも肌荒れも気にしなくて良いので最短6ヶ月で脱毛の実感を得ることができます。最短で早く全身ツルスベ美肌を手にするために、全身脱毛をお考えの場合は、最新の脱毛技術のSHR脱毛も選択肢にぜひいれてみてください。

ページTOPへ