無料カウンセリング予約web予約 お店を探す

ハイジニーナ(VIO)
脱毛のポイント

VIO脱毛の種類ごとのポイントや
注意点についてご紹介します

海外では一般的な脱毛のハイジニーナ(VIO)脱毛。日本でも、脇や腕、足の脱毛と同じくらい一般的となり、ハイジニーナ(VIO)脱毛を考えている方も多いかと思います。

ハイジニーナ(VIO)脱毛は、Vラインにアンダーヘアを残す脱毛ですが、ハイジニーナ(VIO)脱毛は、アンダーヘア全てを処理する脱毛です。デリケートゾーンを清潔に保つほか、下着や水着から毛がはみ出す心配もなく、身だしなみの一部として、興味を持たれている方もいるのではないでしょうか。

しかし、デリケートゾーンのハイジニーナ(VIO)脱毛について、友達同士での話題にするのには少し抵抗がありますよね。ここでは、ハイジニーナ(VIO)脱毛についてご紹介したいと思います。

ハイジニーナ(VIO)脱毛とは?

アンダーヘアは「VIOゾーン」と呼ばれ、3つの部位に分けられます。ハイジニーナ(VIO)脱毛は、VIOゾーンすべてのアンダーヘアを脱毛処理することをいいます。

それぞれのゾーンについて、もう少し詳しく見ていきましょう。


Vライン

三角ゾーンとも呼ばれるVライン。アンダーヘアをすべて脱毛することに抵抗がある場合は、Vラインを残す形がおすすめです。

Vラインは、スクエア、逆三角形、ミニ逆三角形、Iライン、楕円(オーバル)などといったデザインにすることが可能です。一般的には自然な形の逆三角形が人気ですが、脱毛をする前のカウンセリングで相談してみてくださいね。

ポイント

毛の量が多いといった方は、最初の数回をすべて脱毛して、その後はVラインの毛の形を整える脱毛をすることで、Vラインの毛を細くしたり、薄くしたりといった微調整をすることもできます。


Iライン

Iラインは、股関節内側の女性器(陰部)周辺の縦のラインの部分になります。Iラインは、ムレやにおい、かぶれなどが発生したりと、ムダ毛によるトラブルが発生しやすい部分なので、ぜひ脱毛をしておきたい部分になります。Iラインを脱毛することで、ムレやにおい、かぶれといったトラブルが起きにくくなります。

ポイント

Iラインを、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりと自己処理をしている方もいるようですが、Iラインが黒ずんだり、毛穴に雑菌が入って炎症を起こすこともあるので、Iラインの自己処理はおすすめしません。


Oライン

Oラインは、肛門まわりの部分になります。日本の女性はあまりOラインのムダ毛を気にする方は少ないようですが、毛深い方も多い海外では一般的な脱毛の部位になります。

ポイント

肛門まわりは、日々の排泄などと意外と汚れがちな部分になります。Oラインを脱毛することで、衛生面のトラブルが起こる可能性が低くなるので、Oラインの脱毛もおすすめです。

VIO脱毛にかかる時間や痛みは?

ハイジニーナ(VIO)脱毛で、よく言われるのが「とにかく痛い」という痛みに関することです。

どうしてこのように、痛みに関することが多いかというと、VIOラインは皮膚も薄く、粘膜があるデリケートな部分なうえ、アンダーヘアは毛が太くて濃いので、黒いメラニンに反応させて脱毛をする医療レーザーや光脱毛に反応しやすいためです。

それでも、脱毛サロンでの光脱毛はレーザーの照射パワーが小さいので、医療レーザー脱毛よりは痛みは少ないですが、そのかわり脱毛の効果を実感するためには時間がかかるというデメリットがあります。

ハイジニーナ(VIO)脱毛をしたいけど、痛みはなく、脱毛の効果を得たいという方におすすめの脱毛方法がSHR脱毛になります。

医療レーザー脱毛や光脱毛などの従来の脱毛方法は、メラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えるという脱毛方法でしたが、SHR脱毛は、メラニンではなく、毛包や発毛の司令塔の部分のバジル領域にダメージを与える新しい方法の脱毛方法になります。

取扱い店舗が少ないですが、痛くなく、早くハイジニーナ(VIO)脱毛を完了されたい場合は、SHR脱毛がおすすめです。

ハイジニーナ(VIO)脱毛は、デリケートな部分を脱毛するわけですから、脱毛前のカウンセリングでは、不安や悩みなどをカウンセラーの方にしっかりと伝えるようにしてくださいね。

ハイジニーナ(VIO)脱毛の注意点

ハイジニーナ(VIO)脱毛は、デリケートな部分を脱毛します。そのため、いくつかの注意点があります。

1. 生理中の施術はNG

生理の1週間前から終わるまでは、ハイジニーナ(VIO)脱毛を受けることが出来ません。とくにIラインの場合は、生理の血で汚れたり、敏感になっている場合が多いほか、普段よりも痛みを強く感じたり、肌が赤くなってしまう場合があります。

2. どのくらい脱毛するかはしっかりと相談する

ハイジニーナ(VIO)脱毛は、アンダーヘアのすべての毛を脱毛処理します。1度や2度程度では、二度と毛が生えてこなくなるといったことはありませんが、どの程度脱毛するかは、カウンセラーの方としっかりと相談しましょう。

3. レーザー脱毛や光脱毛でハイジニーナ(VIO)脱毛をする場合

IラインやOラインは、粘膜と接近している部分になります。粘膜に近い皮膚の部分はとても薄く、痛みを感じやすいです。痛みが苦手な方は、ほとんど痛みがないSHR脱毛を検討してみてください。

ハイジニーナ(VIO)脱毛の料金

ハイジニーナ(VIO)脱毛は、お得なデリケート回数パックを利用する事をおすすめします。

6回パックが42,980円(税抜)(定価85,960円)、12回パックが77,980円(税抜)(定価155,960円)、無制限パックが110,980円(税抜)(定価221,960円)となっていて、都度通いと比較すると、とてもリーズナブルです。

ハイジニーナ(VIO)脱毛をすれば、面倒な自己処理をすることもなくなります。ただし、かなり痛みを伴う脱毛なので、サロン選びは慎重にしたいところです。痛みがなく、早くハイジニーナ(VIO)脱毛を完了したい場合は、断然SHR脱毛がおすすめです。


ハイジニーナ(VIO)脱毛料金表

  • 6回
    42,980円(税抜)
    定価85,960円
  • 12回
    77.980円(税抜)
    定価155,960円
  • 無制限
    110,980円(税抜)
    定価221,960円

無料カウンセリング予約

ストラッシュの
お得な割引プラン