脱毛サロンSTLASSHの美ブログ | フラッシュ脱毛とは?メリットと他の脱毛方法との違いを解説

フラッシュ脱毛とは?メリットと他の脱毛方法との違いを解説

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e8%84%b1%e6%af%9b

日々のムダ毛の自己処理は、多くの女性にとって悩みのタネです。カミソリやシェーバーを使用して行う自己処理は、肌に大きな負担を与えて、しかも手間がかかります。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛を受ければ、肌的にも精神的にも少ないストレスでムダ毛を処理することができます。

脱毛サロンに通ってみたいけれど、脱毛についてよく知らないのでためらっているという人もいるでしょう。
最近、さまざまな脱毛サロンやエステサロンで提供されているフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛やニードル脱毛といった従来の脱毛方法に新たに加わった脱毛方法として注目を浴びています。

フラッシュ脱毛とは、要するにどのような脱毛方法なのか、従来の脱毛方法との違いはあるのか、という疑問への回答も含めて、フラッシュ脱毛の基礎知識とメリットについてご紹介していきます。

 

フラッシュ脱毛とは?

フラッシュ脱毛とは、カメラのフラッシュに似た明るい光を毛の根元部分に照射して、毛の成長を抑制する脱毛方法です。

フラッシュ脱毛の光は毛根周辺のメラニン色素に吸収され、高熱で毛根を炭化させます。

毛根には毛が成長するための栄養を供給する毛乳頭という組織があり、この毛乳頭が機能している限り、毛は成長と再生を繰り返します。フラッシュ脱毛の光が毛乳頭に熱ダメージを与えて凝固させることで、その働きを停止させるのです。

毛乳頭の発毛システムが停止された毛は、身体の新陳代謝により施術から数週間の間に自然に毛穴から抜け落ちます。
脱毛サロンによっては、フラッシュ脱毛を「IPL脱毛」、「SSC脱毛」など異なる名前で提供している場合があります。

基本的にはどれも光を照射して毛乳頭にダメージを与えるフラッシュ脱毛です。

主な違いは使用している脱毛機器と抑毛ジェルにあります。

IPLとはIntensive Pulse Lightの略で、エステサロンでシミやそばかすの治療にも使われているキノセンランプを使用した脱毛機です。

このIntensive Pulse Lightは、照射することで肌に沈着したメラニン色素を取り除き、脱毛だけでなく美白や美肌効果も期待できるといわれています。

一方SSCとはSmooth Skin Controlの略で、クリプトンライトという比較的肌にやさしい光の脱毛機によるフラッシュ脱毛です。

光で毛乳頭にダメージを与えるのはIPL脱毛と共通していますが、抑毛成分が含まれたジェルを併用するのがSSC脱毛の大きな特徴です。SSC脱毛では、まず毛の成長を抑制するジェルを脱毛箇所に塗布し、その上からクリプトンライトを照射します。

光とジェルの相乗効果により、細かい産毛にも抑毛効果が期待できるのです。脱毛サロンではこれらのフラッシュ脱毛技術を用いて、ムダ毛の脱毛処理を行います。

毛周期とフラッシュ脱毛の関係性

フラッシュ脱毛では、一度で全ての毛を脱毛することはできないため、何度も繰り返し行っていく必要があります。

その理由は、人間の身体の毛が持つ毛周期と呼ばれる一定のサイクルと関係があります。

毛周期は大きく分けて3つの期間に分けられ、それぞれを「成長期」、「退行期」、「休止期」と呼びます。

成長期は文字通り毛が成長し皮膚から顔を出している期間、退行期は毛が抜ける期間、休止期は毛が生えてこない期間です。

フラッシュ脱毛の光を照射して効果が出やすいのは、このうち成長期にある毛のみといわれています。

フラッシュ脱毛の光は、メラニン色素である毛の濃い黒色に反応して照射されます。

成長期にある毛は濃い黒色をしているため、光の熱が毛根にまで届きやすいのですが、メラニン色素の薄い休止期や退行期の毛には光が反応しにくいのです。

頭髪以外の身体の毛のうち、成長期にある毛は全体の2割程度だといわれています。

したがって、1回のフラッシュ脱毛では全ての毛の根元にまで光を当てることができず、脱毛しきれなかった毛が成長期を迎えるまで待つ必要があります。
そのため、脱毛サロンのフラッシュ脱毛プランが、少なくとも10回以上の脱毛回数を含むのです。

休止期の毛が次に成長期を迎えるまでの期間は、個人差や部位により差はありますが平均が2カ月程度だといわれています。

2カ月ごとに入れ替わる毛周期に合わせて、成長期にある毛に光を照射していくことで、少しずつ毛の量や濃さを減らして行くのが脱毛サロンの提供するプランです。

繰り返しフラッシュ脱毛を受けることによって、個人差はありますが、日頃のムダ毛処理がかなり楽になります。

また、脱毛回数を重ねていくと効果のあった毛は抜け落ちていき、少しずつ毛の成長サイクル自体が長くなることがあります。

始めは2カ月に一度は脱毛をしないと無駄毛が気になっていたけれど、気づけば3カ月に一度の脱毛でも気にならない程度の生え方になっていたということもあるのです。

夏の水着の時期や結婚式など、この時までに綺麗に脱毛したいという目標がある人は、期間に余裕を持って始めると良いでしょう。

フラッシュ脱毛の効力とメリット

フラッシュ脱毛の持つ効力とメリットは、具体的にどんなものがあるのかについてご紹介していきます。

脱毛の方法はいくつかありますが、その中でもフラッシュ脱毛が優れている点についてまとめてみました。

ニードル脱毛やレーザー脱毛など他の脱毛方法の違いについてもご紹介します。

フラッシュ脱毛は痛みが少ない

脱毛というと、少なからず痛みを伴うイメージがつきまといます。

しかし現在、日本で受けることが出来る脱毛技術の中でも、フラッシュ脱毛は特に痛みが少ない脱毛として知られています。

脱毛サロンによりフラッシュ脱毛が広く行われるようになるまでは、医療機関によるニードルやレーザーによる脱毛が主流でした。

ニードル脱毛はごく細い針を毛穴に刺して1本1本処理するという方法で、針によるチクッとした鋭い痛みを伴う施術になります。

レーザー脱毛は強いレーザーを瞬間的に毛根に照射して焼き切るという方法で、一箇所に集中的に熱が加わるため火傷のような痛みがあるのです。

高い出力でレーザーを照射することで、高い脱毛効果が期待できるレーザー脱毛ですが、肌へのダメージが大きいことや鋭い痛みが懸念されることは大きなデメリットといえます。

一方でフラッシュ脱毛は、もともとはフォトフェイシャルという、毛穴を引き締め、肌色を明るくするための施術で用いられていた技術です。

フォトフェイシャル施術後に毛が薄くなったという報告があり、専門の医師による効果の検証が行われました。

その結果、一定の脱毛効果が確認され、フラッシュ脱毛という新しい脱毛方法が確立されたのです。

フォトフェイシャルでは顔に直接照射していた光だけあって、フラッシュ脱毛は従来の脱毛方法に比べるとかなり痛みの少ない脱毛方法です。
フラッシュ脱毛の痛みが少ないもうひとつの理由として、一度に広範囲に照射するということが挙げられます。

従来のニードル脱毛やレーザー脱毛は、一箇所の狭い範囲に熱や痛みが集中するため、それだけ鋭い痛みが感じられやすくなります。

フラッシュ脱毛はカメラのフラッシュのように、広い範囲に向けて一度に照射します。

そのため全体としての痛みはかなり弱くなり、ほとんど気にならない程度の熱しか感じられなくなるのです。

レーザー脱毛では稀に一箇所に熱が集中しすぎてしまい、火傷や肌の炎症を引き起こす可能性がありますが、フラッシュ脱毛なら、その心配はほとんどないといっていいでしょう。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりも出力の弱い光を照射して脱毛するので、肌へのダメージはわずかで済みます。

肌が敏感な方にはもちろん、VIOラインなどの痛みに敏感な箇所の脱毛にお勧めです。

また、レーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも、肌トラブルを防ぐためには施術後の保湿が非常に重要です。

多くの脱毛サロンでは光照射後のアフターケアもプランに含まれていて、脱毛箇所に保湿のクリームやジェルをしっかりと塗布してくれます。

フラッシュ脱毛は、万全のケアのもと少ない肌へのダメージで安全に脱毛をすることができる脱毛方法といえるのです。
また、広範囲の毛を一気に処理できるフラッシュ脱毛は、痛みが少ないだけでなく、効率良く脱毛を進めることができるというメリットもあります。

気になるムダ毛を1本残らず綺麗に脱毛しようと思うと、どの方法を使ったとしてもある程度の期間は脱毛サロンに通う必要があります。そのため、一度の照射で広範囲の毛を処理できるのはフラッシュ脱毛ならではの大きな利点といえるでしょう。

ワキなどの気になる箇所だけを集中的に脱毛するのも良いですが、フラッシュ脱毛の利点を生かして、背中など広範囲の脱毛を行うことも効率的です。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べて料金が安く済む

フラッシュ脱毛の最大のメリットとしては、脱毛にかかる費用がリーズナブルであることも挙げられます。

美容クリニックで受けるレーザー脱毛は、前述の通り一度に強力なレーザーを照射するため、通う回数は少なく済む分、料金が高額になります。

料金はプランやクリニックによって差がありますが、全身脱毛の施術5回あたりの相場はおおよそ30万円から40万円程度です。

決して安い金額とはいえないでしょう。

一方脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛は、照射の威力はレーザーよりも控えめな分、非常にリーズナブルです。

フラッシュ脱毛の全身脱毛5回の場合、こちらもサロンごとに異なりますが、相場料金は10万円から20万円ほどです。

レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛の方が、お財布にも優しく無理なく通いやすい料金設定だといえます。
さらに脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は、入会時のお得なキャンペーンを上手く利用すれば、より一層安い料金で受けることができます。多くの脱毛サロンが、季節ごとに新規入会者を対象とした割引キャンペーンを行っているのです。

キャンペーンの内容はサロンごとにさまざまですが、例としては「ワキのフラッシュ脱毛を通常価格の半額で受けることができる」「両ワキの脱毛を回数無制限で低価格で受けることができる」などです。

これらの新規入会キャンペーン割引は複数箇所に適用できることも多いので、上手く活用すれば通常よりもさらに安く脱毛を受けることができます。

脱毛サロンがどんな割引キャンペーンを開催しているかは、各サロンのホームページや広告で確認できます。

高額な費用を理由に脱毛サロンに足を踏み入れるのをためらっている人は、まずはお得なキャンペーン情報をチェックしてみると良いでしょう。

フラッシュ脱毛の基本解説とメリットまとめ

フラッシュ脱毛は、毛根に光を照射することで毛乳頭に熱ダメージを与え、毛の成長を抑制する脱毛方法です。

毛根にダメージを与えられた毛は、数週間もすると毛穴からするりと抜け落ちます。

フラッシュ脱毛にはIPL脱毛やSSC脱毛などいくつかの種類があり、どちらも共通して毛根に光を照射する脱毛技術ですが、異なる機器と光を使用します。

フラッシュ脱毛で効率的に脱毛をするには、毛の生える毛周期を正しく理解する必要があります。

フラッシュ脱毛は、成長期を迎えて皮膚の表面に突出している毛の脱毛には効果があります。

しかし、休止期や退行期の毛はメラニン色素が薄いため効果がありません。

全ての毛に脱毛の効果を与えるには、約2カ月かけて毛周期が入れ替わるのを待ってから、繰り返し光を照射する必要があります。フラッシュ脱毛の回数を重ねるごとに少しずつ抑毛効果が現れ、ムダ毛の自己処理の手間が減っていくのです。
レーザー脱毛などの他の脱毛方法と比較して、フラッシュ脱毛のメリットは大きく分けて2つあります。

ひとつは他の脱毛方法よりも格段に脱毛の痛みが少ない点です。

狭い範囲を集中的に脱毛するニードル脱毛やレーザー脱毛は鋭い痛みを伴いますが、フラッシュ脱毛は広い範囲を一度に脱毛するため、脱毛の痛みは少なく済みます。

もうひとつのメリットは、低料金でリーズナブルに脱毛を受けられることです。

1回あたりの施術料金が高額になりがちなレーザー脱毛と比較すると、フラッシュ脱毛は安く受けることができます。

期間限定の割引キャンペーンを上手く活用すれば、さらにお得に脱毛を受けることが可能です。

痛みが少ないという点でもコスト面でも、フラッシュ脱毛は気軽にサロンに通いやすい脱毛方法だと言えるでしょう。