脱毛サロンSTLASSHの美ブログ | VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違いとは?メリット・デメリットも紹介

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違いとは?メリット・デメリットも紹介

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違いとは?メリット・デメリットも紹介

若い世代を中心に、デリケートゾーンのお手入れが当たり前になってきている現在。VIO脱毛に加えて、ハイジニーナ脱毛といった名称やコースを目にする機会が増えています。

 

 

「両者は同じもので、サロンによって呼び方が違うだけ」と思われている方もいるかもしれませんが、本来の意味は実際には異なります。

 

 

特にハイジニーナ脱毛という施術にはあまり聞き覚えのない方もいらっしゃるかもしれません。今回の解説をきっかけにVIO脱毛との違いをしっかり理解し、自分に合った施術を見つけましょう。

 

VIO脱毛について

 

VIO脱毛について

 

VIO脱毛はVIOラインの脱毛のことを指します。

 

VIOラインというのは、デリケートゾーンを大きく3つのパーツに分けた際の名称です。

 

脱毛サロンでムダ毛処理をしたい場合、VIOライン全てをお願いする必要はなく、VラインだけやIラインだけ、Oラインだけなど、特に気になる部分を指定したり、

 

3つの中から気になる2つの部分を組み合わせることもできます。各部位ごとに詳しく見ていきましょう。

 

Vライン脱毛

Vラインはビキニラインとも呼ばれます。Vライン脱毛は、アンダーウェアや水着のインナーを履いた際にデリケートゾーンの毛がはみ出してしまわないように処理を施すことです。

 

希望に応じて全て処理することもできますが、一般的にははみ出さない程度まで処理するのが基本です。ビキニやパンティーで隠れる部分はそのまま残すか、短めにカットしたり、量を減らす程度に留めることが多いです。

 

Iライン脱毛

Iラインとは陰部の周りの最もデリケートな部分です。こちらも全て処理することもできますが、多くの場合は邪魔にならない程度や、衛生的に望ましい程度に量を減らす形で処理されるケースが多くなっています。

 

最もデリケートな場所のため、VIO脱毛の中でも特に痛みを感じやすく、注意が必要です。

 

Oライン脱毛

Oラインは肛門周りのことを指し、デリケートゾーンの後ろ側になります。

 

足や腕とは違い、目で確認できず、入り組んでいるため、ご自身ではなかなかケアが難しい部分です。家族などに頼むのも恥ずかしさがあります。そのため脱毛を考えるときは、脱毛サロンでプロのエステティシャンにお任せするのが一番でしょう。

 

また、痔をお持ちの方は、病院などでの治療がしやすいように、Oラインの毛を処理するのが望ましいです。

 

VIO脱毛の特徴ってなに?

VIO脱毛の特長は、デザインや調整ができるという点です。たとえば、Vラインは下着や水着からはみ出ないようにするという目的だけでなく、全体の毛量を減らして、毛量が残っている部分も形を整え、温泉に行ったときなど裸になった際も見た目にスッキリとさせるといったことが可能です。

 

近年は少しずつ発想も変わってきてはいますが、日本の文化や日本人の考え方にあった脱毛方法だといえます。

 

VIO脱毛は、水着からはみ出したり、温泉などで見られたときに恥ずかしいといった悩みを解決することをメインとしたものです。

 

ハイジニーナ脱毛

 

ハイジーナ脱毛について

 

 

ハイジニーナ脱毛は、ヨーロッパなどの女性に多く取り入れられています。

 

VIO脱毛は処理する箇所を指定して、毛の量を調整するのに対し、ハイジニーナ脱毛ではVIOすべての箇所を処理してしまいます。

 

つまり、デリケートゾーンの毛を全て処理して、生まれたての赤ちゃんのような状態に仕上げるのです。

 

日本ではデリケートゾーンの毛はデリケートな部分を守るために必要なものという認識が根強いですが、ヨーロッパではデリケートゾーンの毛があることは、衛生上よくないと考えられています。

 

 

そのためヨーロッパでは、下着や水着からはみ出さないようにするためというよりも、衛生上望ましいという実用的な点からハイジニーナ脱毛が広く行われています。

 

ハイジーナ脱毛の特徴ってなに?

一部しか処理をしないVIO脱毛とは異なり、デリケートゾーンの毛をすっきりと処理するハイジニーナ脱毛は、日本人には受け入れづらいと考えられていました。しかし、日本でも、最近ではデリケートゾーンを守るために毛が必要だという発想は薄れてきています。

 

 

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛のメリット・デメリット

 

双方のメリットやデメリットを簡単にご紹介しておきましょう。

 

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛はご自身の希望する範囲で処理ができます。

水着になる際に恥ずかしさや、毎日下着を履いた際に見えるとみっともないといった悩みを解決したいのであれば、VIOがベストです。

 

VIO脱毛の料金はコチラ

 

VIO脱毛のデメリット

全ての毛を処理するわけではないため、多少は軽減されるものの、個人によっては不快感が残るケースもあります。

 

 

ハイジーナ脱毛のメリット

ハイジニーナ脱毛は全ての毛を処理してしまいます。

そのため、衛生面で有効であり、大量の毛が下着の中で蒸れたり、トイレや生理の際の不快な思いをするというお悩みからは解消されます。

 

ハイジーナ脱毛の料金はこちら

 

ハイジーナ脱毛のデメリット

デメリットとしては慣れるまではなんとなく不安感が残ったり、少し恥ずかしさを感じる方もいらっしゃいます。

まとめ

VIO・ハイジニーナ脱毛をしっかり理解した女性

結論、両者の違いはVIOラインを整えるのか、もしくは全て処理してしまうのかという点です。

 

ハイジニーナという言葉は、「衛生・清潔」を意味する、「hygiene(ハイジー)」という単語からきているものです。下着や水着からはみ出ないようにするといった見映え的な要因はおまけで、ほぼ衛生面のみを考えて広まった施術と言えます。

 

日本国内においては、VIO脱毛とハイジニーナ脱毛は同義として扱われていることが多くあります。上に挙げたように、VIO脱毛で毛を全て処理することも可能ですし、ハイジニーナ脱毛で一部残すことも可能です。

 

日頃のVIOラインの自己処理が面倒だったり、下着から漏れる臭いが気になる、あるいは痒みやかぶれなどを起こしやすいといったデリケートゾーンのお悩みに頭を抱えている方は、一度処理してしまうと煩わしさがなくなり快適に過ごせるようになりますよ

 

VIO脱毛にとどめるか、ハイジニーナ脱毛で一気にすっきりさせるか、脱毛の目的を考えながらご相談ください。

 

VIO・ハイジニーナ脱毛を相談する

 

脱毛サロン「ストラッシュ」では最短6ヶ月での脱毛可能