ハイジニーナ (VIO)脱毛とは

ハイジニーナ (VIO) 脱毛とは、一般的にはVIOラインにある「すべての毛を処理する」ことを指します。無毛の状態になると、それ以降毛が生えてこなくなるので、施術する前によく考えてから行うことをお勧めします。

欧米では完全に無毛の状態にしますが、日本で言うハイジニーナ(VIO)では、完全に無毛状態にしないことも多く、毛量を減らしたり、一部分を少しだけ残したりする場合もあります。

また、ハイジニーナは「ブラジリアンスタイル」と言うこともあります。

VIOイラストイメージ

メリット

デリケートゾーンを清潔に保つことができ、臭いの原因が解消される

ハイジニーナという言葉の由来は「衛生」を意味するhygiene(ハイジーン)から来ています。
その名の通り、この部位のムダ毛を処理することで、デリケートゾーンをいつも清潔に保つことができます。生理中の蒸れや雑菌の繁殖が少なくなり、イヤな臭いの原因が解消されるといったメリットがあります。


水着を着る時にもアンダーヘアが気にならない

また、水着のスキマからアンダーヘアが出てしまうという心配がないので、面積の小さい大胆な水着でも堂々と自信を持って着ることができますよ。いろんな水着を着用できるという、自由を手に入れることができます。

女性水着イメージ

デメリット

デリケートゾーンを見られるのがちょっと恥ずかしい

ハイジニーナ脱毛の一番のハードルは、施術する時に恥ずかしさがあるという点でしょう。デリケートゾーンを見られることは恥ずかしいと感じるかもしれません。ストラッシュでは紙ガウン着用とバスタオルを使用することで、お客様の恥ずかしいという気持ちが少しでも軽くなるよう配慮した施術をさせていただいております。


VIO施術画像

デリケートゾーン施術の際は、図のように施術箇所以外はバスタオルで隠し、施術箇所に合わせて体勢を変えていただき照射をしていきます。

注意点

ハイジニーナの中でも、Iライン・Oラインは、自分では見えにくい箇所ですので、セルフケアではなく必ずサロンで施術をしてもらうようにしましょう。

Iライン、Oラインをカミソリで処理することはとても危険です。非常にデリケートな部分であるため、カミソリで剃った後に雑菌が入ってしまう可能性も高く、炎症を起こしたり化膿してしまったりすることもあります。

また、サロンで施術を行う場合にも、どのような形にしたいのか等をしっかりと相談した上で処理を開始するようにしましょう。全て処理してしまってから「やはり元に戻したい」と思うようなことが無いように、十分に考えてから施術するようにしましょう。

痛みや術後の経過

施術イメージ

ハイジニーナの場合、一般的なサロンやクリニックで行う方法では、他の部分よりも痛みを感じる方が多いようです。耐えられないほどの痛みではありませんし、回数を重ねるごとに痛みはあまり感じなくなるという方が多くいらっしゃいます。

しかしSTLASSHであれば、デリケートな部分であるハイジニーナでも「SHR手法」という最新の方法によって、ほとんど痛みを感じずに施術を行うことができます。術後の入浴の際は、石鹸を使ってゴシゴシ洗うようなことはせず、シャワーで軽く洗い流す程度にするようにしましょう。

効果や必要な施術回数

ハイジニーナの施術回数は、他の部位と比べると、回数が多くなりやすい傾向にあります。 その理由は、他の部位のようなうぶ毛を中心した処理ではなく、濃くて太いアンダーヘアの処理になるためです。効果を実感しはじめるまでには最低で2回程度が必要になり、さらに完了までには10回程度の施術を実施する必要があります。

ハイジニーナに関しても他の部位同様、効果を実感できるようになるまでに個人差がありますので、経過を見ながら施術を行っていくことが大切です。

よくある質問

ハイジニーナ脱毛する人は多いですか?
個人の好みになりますので、様々なケースがあります。すべてなくす方もいますが、Iライン・Oラインのみ全てなくし、Vラインは逆三角形の形に残す方が多い傾向です。欧米ではハイジニーナというと完全に毛が無い状態にしますが、日本で言うハイジニーナ(VIO)は、無毛にしないことも多く、毛量を減らしたり、一部分を少しだけ残したりする場合があります。この部位のムダ毛を処理することで、デリケートゾーンをいつも清潔に保つことができ、生理中の雑菌の繁殖が少なくなり、イヤな臭いの原因を解消することが出来ます。また最近では、出産時や、将来自分が介護される側になった時のことを考え脱毛をする方も増えています。
事前に気を付けた方がいいことはありますか?
完全に処理してしまうと、それ以降は毛が生えてこなくなります。ですから施術する前に、よく考えてから行うことをお勧めします。ご希望の形や毛量に残すことも可能ですので、是非スタッフにご相談くださいませ。また、事前の自己処理では、施術当日の3日前までに、シェーバーでの自己処理をお願い致します。毛抜き、ブラジリアンワックス、除毛剤を使用する自己処理は、お肌へ負担をかけてしまうためお控えください。
自己処理はどのように行えばいいですか?
Oラインの場合は、サロンスタッフがシェービングのお手伝いを致します。Vライン、Iラインについては、施術当日の3日前までにシェーバーでの自己処理をお願い致します。まずムダ毛を短くカットしてから、次にシェーバーで処理すると、とてもやりやすくなります。他の部位同様に、毛抜き・ブラジリアンワックス・除毛剤での自己処理は、お肌へ負担がかかってしまうためお控えください。もし、自己処理の際に、残す毛の形で悩んだ場合は、お気軽にご相談くださいませ。

お客様の声

お客様の声アイコン
お客様の声01

デリケートゾーンの毛が濃く、彼氏とデートの前には処理するのが習慣でした。処理するのも手間ですしムレたりするのも嫌だったので、ちょっと勇気はいりましたが友達の口コミもよかったストラッシュさんでデリケートゾーンの処理に挑戦しました。施術後はムレも気にならなくなり、手間もなくなり、本当にやってよかったと思っています!ありがとうございました☆

お客様の声アイコン
お客様の声02

高校時代の修学旅行で大浴場に行った際に、友達から「アンダーヘアの毛が濃いね」と言われ、それ以来コンプレックスになってしまい、温泉に行く際などは必ずタオルで隠していました。サロンに行こうと決意した時は痛くないかが心配でしたが、全く痛みもありませんでしたし、気になっていた黒ずみも徐々に消えていったので驚きました。私は大体2,3ヶ月めあたりから効果が出始め、12回で満足しました。今ではコンプレックスがなくなり、温泉旅行に行くのも楽しみになりました!

お客様の声アイコン
お客様の声03

娘に勧められて、VIOに通うことにしました。介護が必要になったときに、ハイジニーナの方が良いと聞いたのも決断に至った理由の一つです。最初は少し恥ずかしさもありましたが、施術を重ねるたびにお手入れが楽になっていくので通ってよかったなと思います。生理中のムレもなく、清潔感を保てるのでハイジニーナにしてよかったです。

ストラッシュのスタッフより

スタッフイメージ

おすすめポイント

STLASSHスタッフ

ハイジニーナ(VIO)は、水着を着るときなど、アンダーヘアが気にならなくなるので、マリンスポーツをよくされる方におすすめします。繰り返しになりますが、一度脱毛をしてしまうと二度と生えてこなくなりますから、よく考えてから施術をしましょう。

関連コラム記事